※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

沖縄集団自決、「軍の関与」認める・教科書検定問題


 沖縄戦の集団自決を巡る高校教科書検定問題で、渡海紀三朗文部科学相は26日、「日本軍の関与によって集団自決に追い込まれた人もいる」などとした教科書会社6社の訂正申請を承認した。「軍による強制」など直接的な表現は避けたが、集団自決の主因は「軍の関与」と認定。検定で削られた記述が復活し、事実上の検定意見の撤回となった。

 仲井真弘多沖縄県知事は同日の記者会見で「百点とはいえないが、まずまずの配慮をしていただいた」と評価。問題は決着する見通しとなった。

 教科書検定調査審議会は「軍に強制された」といった記述に「誤解のおそれがある」とした検定意見は撤回していない。一方で、集団自決に複合的な背景や要因があると指摘。承認された記述には軍が手りゅう弾を配ったことなど軍の指導や住民への教育など背景事情が大幅に書き込まれた。(26日 21:37)