※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


沖縄戦と民衆(目次)


沖縄戦と民衆
林 博史 (著)



内容は公開していません。


はじめに
   いまあらためて沖縄戦をとりあげる意味

I 沖縄戦への道

1 第三二軍の編成と飛行場建設
     軍隊の配備されていなかった沖縄
     戦時体制下の沖縄
     沖縄にやってきた日本軍――第三二軍の創設
     第三二軍創設までの飛行場建設
     本格的な飛行場建設の開始
     戦闘部隊の沖縄配備と住民との関係

2 戦争準備下の日本軍
     第三二軍の陣容
     徴用と供出
     日本軍の慰安所と将校用愛人
     日本軍将兵の横暴

3 緊迫化する軍民関係
     十・十空襲とその影響
     県政と軍との矛盾
     住民の軍事動員
     住民のスパイ視
     現地召集の初年兵の脱走
     県外疎開

4 根こそぎの戦場動員
     第九師団の抽出と増援の取り消し
     根こそぎ動員(未作成)
     日本軍将兵の言動(未作成)
     県政の戦時体制(未作成)
     学徒隊の動員(未作成)
     戦場における県と警察(未作成)
     県庁の南部への撤退
     戦場における住民動員
     ハンセン病患者の強制収容


II 戦場のなかの民衆

5 「集団自決」の構造
     強要された住民の「集団自決」
     「集団自決」がおきた地域
      (1)読谷チビチリガマ (2)慶良間諸島 (3)伊江島
      (4)沖縄本島
     太平洋諸島での「集団自決」
      (1)サイパン (2)テニアン・ロタ・ポナペなど
      (3)パナイパナイ島(フィリピン) (4)旧「満州」
     沖縄本島周辺の離島における住民の行動
      (1)阿嘉島 (3)前島 (3)屋嘉比島 (4)久米島
      (5)伊計島・宮城島・平安座島・浜比嘉島 (6)粟国島
      (7)伊平屋島・伊是名島
     「集団自決」の構造

6 生き残ろうとする人々
     沖縄本島中部の住民たち
      (1)北谷村(現北谷町 (2)読谷山村(現読谷村)
      (3)中城村(現在、北中城村と中城村) 
      (4)宜野湾村(現宜野湾市) (5)浦添村(現浦添市)
      (6)西原村(現西原町)
     投降を促した人々
     助かった人々

7 「玉砕」を拒否した防衛隊
     防街召集の実施
     沖縄戦直前の根こそぎ防衛召集
     戦閾下の防衛隊
     主力温存のための捨て石部隊
     防衛隊員の意識と行動
     「玉砕」を拒否した理由

8 学徒と教師たち
     女子学徒隊
     教師や軍人たち
     鉄血勤皇隊
     中学・実業学校の学徒隊
     教師たちについて


III 沖縄戦のなかの日本軍

9 軍紀の崩壊と日本軍の構造変化
     日本軍による残虐行為への住民の加担
     住民を保護した日本兵
     日本軍の構造変化
     軍紀の崩壊が意味するもの

10 米軍から見た日本軍と住民
     沖縄戦以前の日本兵捕虜
     沖縄戦における捕虜
     米軍の心理作戦
     米軍の住民評価
     米軍の犯罪
     米軍の性暴力


さいごに
     ――沖縄戦の体験と戦後









.