※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不測事態シナリオの素描

at首相官邸3/25 by近藤駿介

去年の3月、
福島第一原発の発災の直後、

総理大臣菅直人さんは、
原子力委員会委員長である東京大学名誉教授・近藤駿介さんに、

最悪に発展していった場合の
事故のシミュレーションを、
説明するように厳命したそうです。

それは、
『最悪のシナリオ』
といわれ、

首相官邸では、
万が一、
そうなることも想定していたようです。

しかし、
政府はこの『最悪のシナリオ』を
ひた隠しにしました。

ようやく昨年の暮れに、
毎日新聞が
『最悪のシナリオ』の存在を報じ、
1月になって、
朝日新聞と東京新聞がその内容の一端を報じました。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2565974/

その『最悪のシナリオ』を、
ある方が情報公開法に従って資料請求をしたところ、
PPTスライド資料を入手したようです。
http://www.asahi-net.or.jp/~pn8r-fjsk/contentFrame.htm

シナリオのURLはこちらです。
パワーポイントのみで、15ページあります。
http://www.asahi-net.or.jp/~pn8r-fjsk/saiakusinario.pdf

開示したのは、千葉県佐倉市議で、オンブズマン活動をされている方です。


これは、
官邸のどっか、
総理大臣執務室で
菅直人総理大臣に個人レクチャーしたことをしめす、
歴史的資料です。

世界に配信しなければなりません。

以下に、スライド15枚をご紹介します。
ソースのPDFから画像が直接コピーできなかったので、
解像度が落ちていることをお許しください。

内容については、
原子炉専門家の後藤政志さんのような方の、
解説が欲しいところです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

































安禅不必須山水では
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2588527/