※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

F1036村 【白狼?】占い師も狼もやる気の無かった村【あー、めんどくせー】

[29回目/狩人希望で村人/羊飼い カタリナ/5日間を生き延びた/勝利]


  • 本編(エピも含む)で言い忘れてた、もう一つリーザを疑っていた理由。
初日に指摘したように、ジムゾンもまだ占い未COが4人もいたのにさも2-2になるかのような発言をしていたんだけど(本人がそういうつもりじゃなかったとしても)ニコラスだけを指摘してジムゾンのほうは特に指摘しなかったのが視点の偏りを感じてしまった。

  • 結局最後にレジ吊りに賛成したのは、状況的なものや他の村人たちが白かったからかな。ディタが狼なら仕事終了となる2黒目をだす必要もないし、狂でも狼霊からローラーになる2黒目をださないかなと思ったこと。またパンダ吊りで狂のアルが先に黒をだすのも危険だと思った。そしてなにより、ディタの状況真を説明してくれたトーマス、考えを逐一発言してくれてた村長、考察力も高くぶっちぎりで白かったパメラ。この3人が狼だとは思えなかったのと、仮にこの中に狼がいたとしたら、明日以降どうやって村人を黒く染めていくのかって考えたときにピンとこなかったもので。

レジも白かったし、どれか一つでもかけてたらディタ真よりには向かなかったかもなぁ。