※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

F666村 【地上は】墓下エピは6+6+6=18禁の村【白熱】

[16回目/狼希望で狼/旅人 ニコラス/5日目に処刑/敗北]
今回は狼で初の占い師騙り。

初日にいきなり3-2という波乱の展開になり、狼視点では占いに共、霊に狂人がでてることが判明。しかし初回吊りが霊能者になりそうだったので、共有者が騙り解除して結局2-2のスタンダードな展開に。

自分の騙りがいつまで持つかわからない&仲間が共有者にロックオンされていたのもあって、初回に真占襲撃したところ成功。次の日さくっと吊られようと思っていたら、仮決定で仲間が吊り先にorz 本決定に人間吊りになったので赤で喜ぶw
4日目に仮決定自分吊りに安堵したのもつかの間、まとめ役が●潜伏狼▼潜伏狼にしたいと発言。村人の懸命の反対により、自分が吊られて仕事終了~。次の日の霊判定で黒確定になりました(泣)

結局これ以降、襲撃先の練りが甘かったことと、私確定黒の情報が落ちたので暫定白ができてしまったなどの条件もあり、敗北してしまいました。ただ仲間が最後まで諦めないで頑張ってくれたのが嬉しかったな。

C1043村 【村人突然死5人だけど】鬼ヅモ大逆転村【村人完全勝利】

[17回目/霊能者希望で霊能者/農夫 ヤコブ/5日間を生存/勝利]
霊能者経験はありますが、1度も判定を見たことがないので、ローラーまでは生き残れそうなC国で、霊能者希望だしました。

2日目にいきなり突然死3&占い判定がパンダという波乱の幕開け。自分視点での真占いがわかるので積極的にパンダを吊りにいったら、次の日めでたく黒判定がでて、おまけに霊対抗もでました。自分視点では狼陣営3でたなと思っていたら、ラインが繋がったほうの占い師(真)が、占いでまさかの黒判定。3日目にして自分視点で狼陣営が丸見えになりました。

今回、霊対抗が襲撃された人の判定もだしてしまったんですが、あえてそこには触れずに説得だけで真決め打ってもらおうと努力してみました。しかし何せ灰に狼がいないので、狼陣営考察が対抗たたきになるという黒要素になってしまったのは残念。もっとスマートに説得したいものです。結局、村側がそのことに気づいて、そのこともあり真ラインを決め打ってもらい勝利しました。

四国1052村 【F593村】色々あったけどみんなのいえ2!【再戦企画】

[18回目/おまかせで村人/少女 りーざ/5日目に襲撃/勝利]
F543のパメラさん繋がりでゲストで参加しました。
いきなり、初日占い2COから共鳴者のスライドで真占い確定&初日占い先が狼に鬼ヅモという、村側有利な展開になりました。じゃあ、あとは狩人さえ生き残ればいいやと思って、好き勝手に喋ってたら占われ確白になり、狩人の盾となり襲撃されましたー。真占い師確定時は、ただの村人はわざと占われるのもいいかもというのはちょっと思ってたので、結果オーライです。
体調の悪い中、幹事さんは本当にお疲れ様でした。村の雰囲気もよくて楽しかったです。

欧州352村 【カーちゃん】F665再戦村~本能のままに~【やっぱり、もう勘弁......】

[19回目/おまかせで共有者/学士 ノエル/8日間を生存/勝利]
初の妖魔入り体験で、おまかせで入ったらゲストなのに共有者(汗)
潜伏担当なのに、初日で占い希望を5票も集める人気っぷり(汗)CO形態にどうしてもこれじゃなきゃやだ!って強い希望がないのでそこらへんがステルス臭してるんじゃないかと思ったりしました。

2日目の吊り先が狩人COで吊り回避。さらにスライドした吊り先も狩人COで吊り回避というものすごい展開に。
しかも、夜があけたら、犠牲者なしかつ、両占い師からそれぞれパンダ判定がでて(妖魔溶け狙いで交互占いだった)さらに灰からもう1人狩人COがでて、その時点で他の灰が全員白確定になりました。

次の日、吊ったパンダ判定の人が黒確定で真占い確定。真が占った狩人候補が白判定で無残な死体に。これで村視点で詰んだので、後はコミットの連続で終了。
ここまで早い展開なのは初めてだったのでおもしろかったです~。

そういえば、ここ3戦再戦村に入ると必ず、生きたまま真占いが確定しているんだなぁ。

審問1866村 狂気の村

[20回目/狼希望で狼/学生 ラッセル/5日目に処刑/敗北]
1回くらい審問で狼をやってみたいと思い立ち、しかもBBSではできない11人スタート村を選んでみました。

初日、議題で否定COという言葉をちらほら見かける。なんだろう?って思ってたら、霊能者か占い師のどちらかを否定させておくという戦術だったみたい。文化の違いに感心しつつ、無難に否占COしておきました。

作戦がいまいちわからなかったのもあって初日はめちゃめちゃ出遅れて久々に寡黙位置からのスタート。それなのにあまり疑われていなかったので最多弁の灰が気にいらなそうだったのを見て、(多弁で一生懸命狼探ししている>寡黙は悪)って考えはあんまり好きじゃないと思いつつも、当然寡黙ステルスするつもりはまったくないので、普通に喋っていく。しかし村がもともと寡黙傾向なこともあり、発言量が議事録の厚さに比例するタイプなので、いまいち発言量がのびない。

3日目の吊り時に白確定が「委任」という言葉を使ったのもあり、仲間は元々その人を狂人と疑ってたのもあるので、その人が狂人だということに賭けたのはいいけど、本物の狂人を襲撃してしまうという大ミスをしてしまう。
うん、やっぱり真っ先に非能力者COする狂人なんているわけないよね・・・。最初の感覚を大事にするべきだなと改めて思いました。

そして4日目には状況的に占真狼で灰に狼1なのがほぼばれる。最終的にもう1人の灰より「ボロがない」「淡々としてて人間っぽくないいわゆる白狼」という評価で吊られていき、仲間が最後の大暴れに偽COしたため翌日吊られて終了。

3日目の襲撃で真占い師のほうを襲撃してれば、翌日PPにでれたのに失敗したのが痛かったですね。相変わらず襲撃先の練りが甘い・・・。とはいいながら最悪PPの時点まで狼2匹とも生存だったので、そこまでは悪くないかな。

で最終的に否定COのメリットは、しっかり対策とれたことと、それとはあんまり関係ないところで決着がついたのもあって、よくわかりませんでした。