宝石乙女まとめwiki 忘れるな
  ドンと下腹部に衝撃が走った。
「パパぁ……パパぁぁ……」
「どうしたんだい? ソーダ? 何かあったのかい?」
  ソーダだ。彼女は泣いていた。
「……んぐっ……あのね……ソーダね、パパのオヨメサンになりたいの」
「うん……それで? 何が悲しいんだい?」
「……アメジストさんがね……それはムリだって……オヨメサンにはなれないって……」
「……」
「……パパ……そんなことないよね? ……パパ?」
  ボクの口から言葉は出ることもなく、手は彼女の頭をなでるだけだった。

「マスター? こんな時間にお出かけですか?」
「あぁ」
「……お気をつけて……」
「黒曜石、ソーダを頼むよ」
  そう言い残して、ボクは家を出た。

  屋敷からしばらく歩いたところにある湖畔。三日月が揺らめく水面のかたわらに、ボクは彼女を見つけた。
「やぁ、奇遇だね。君も夜の散歩かい?」
「アメジスト、なんでソーダにあんなことを言った」
  開口一番にずばりと言った。彼女はひたりとこちら見た。
「事実だからさ」
「なぜ今言う必要がある!!!!」
  言葉が荒れる。こめかみが熱くなる。
「じゃあ、君はいつ言うんだい? 彼女がいつになったら理解できると?」
「っ……そんなこと……あなたの知ったことじゃない」
「確かに知ったことではないね……ただ癪に障ったのさ、いつか結ばれると信じている可哀相な子供心がね……」
「癪に? 障った……だと? ふざけるな!!!!」
「ふざけてはいないさ、大体ふざけているのは君のほうだろう?」
「な……に?」
「私たちがマスターと結ばれることなど絶対ない、それを誤魔化し続けている君のほうがよっぽどふざけているよ……」
「そんなこと……ソーダはまだ子供だ! いつか結ばれると信じていてもいいじゃないか!!」
「……その言葉、黒曜石にかけてごらんよ」
「!!」
『マスター? こんな時間にお出かけですか?』
『……お気をつけて……』
  息が止まる。まぶたの裏に黒曜石の心配そうな顔が浮かんだ。
「……私たちがマスターと結ばれることなど絶対ない」
  アメジストがとつとつと語る。
「“私たち”はいくつもある輝石のほんの一部。この世にはもっとたくさんのアメジストがあるし、それにはそれぞれ……マスターもいるだろう」
  なんの話だ?
「マスターは宝石をキレイだと思うことがあっても、愛することはない。愛でて愛してくれているようでも、現実では妻子があったり、大切な人がいるものさ」
  ? ボクの脳が思考を停止したままのせいか、さっぱり理解できない。
「幾千ものマスターがいても“私たち”は結局孤独なのさ」
「そ……そんなことはない……」
  やっとしぼり出した声は、今にも消えてしまいそうだった。そんなボクをアメジストは寂しそうに見つめる。
「……忘れるな」
「え?」
「“私たち”は紡がれ語られるもの……マスターに忘れられたとき、それが私たちの“死”さ」
「なにを……誰が忘れるか!」
「ふふ……人は忘れる生き物だからね……マスターでなくとも、今の君のように覚えている人間がいるから、私はここにいる」
  本当にさっぱりわからない。何が言いたいんだ、アメジストは。
「忘れるな、ということさ」
  ボクの考えを見抜いたかのように彼女は言う。
「忘れるな。優しければいいというわけじゃない……黒曜石やおチビちゃんを大事に思うなら、絶対に彼女たちを忘れないことだ」
「……」
  もう反論できなかった。ワケが分からないし、大体忘れることなどあるわけがないのに……言い返すことができなかった。

「おかえりなさい」
  部屋に戻ると黒曜石がソーダをあやしていた。黒曜石の腕の中でソーダは静かな寝息をたてている。
「……あ……ぁぁ……ただいま」
「今、眠ったところです……」
  黒曜石は何も聞かない、おそらくボクの表情から大体察しているのだろう。
「それじゃあ、私はソーダちゃんをベットまで連れて行きますので」
  ドアノブに手をかけるところで呼び止めた。
「……ボクは、君たちのことを絶対忘れない」
  黒曜石は一瞬きょとんとしたあと、すぐに微笑んだ。
「ありがとうございます。嬉しいです、マスター。それじゃあ、おやすみなさい」
  パタンとドアが閉まる。黒曜石の温かみも同時に部屋から出て行った気がした。

『……人は忘れる生き物だからね……』
「ボクは!! 忘れるものか!!」
  奥歯を強く食いしばり、そうつぶやいた。

「ずいぶんイジメたもんだね」
  がさりと木の枝が揺れ、そこから見慣れた猫耳が飛び出した。
「いつからそこにいた?」
「最初っから。アメジストのあるところにムーンストーンありよん♪」
「……そうか」
「それにしてもイジメ過ぎじゃない? ボクちゃん涙目だったよ? わけ分かんないようだったし……」
「ただの事実さ。それこそ、いつかは分かることでもないしな」
「ふーん……でもさー、ソーダちゃんはちょっと可哀相じゃない? ホント」
「……子供はキライだからね」
「誰かさんにそっくりだったとか?」
「……」
  ギロリ。
「あー!! ごめんごめん!! 悪かった、私が悪かった!!」
  湖畔に輝く月がゆれる。月と星の煌めく夜空の下、今日も宝石が輝く。