宝石乙女まとめwiki マブダチ
  人の価値は、外見などではないのです。

「うわあ、なんだあいつー」
「丸い……」
  街に出かけたときのこと。
  マブダチの真ちゃんこと、真珠と歩いてたら、心ない通行人のささやきが聞こえて、アタシは拳を固めて振り返ろうとした。
「……爆ちゃん、いいのよ」
「でも、真ちゃん! 腹が立つじゃない」
「あたしが丸いのは本当のことだし。気にしてないわよ」
  穏やかに微笑む親友に、アタシは拳を下ろした。
「真ちゃん……」
「マスターも、姉妹みんなも、そして爆ちゃん、アナタもあたしを認めてくれているわ。これ以上なにを望むっていうのかしら」
  仏さまのような微笑。
  これだから、アタシはこのマブダチにかなわないのだわ。

「アタシはわかってるわよ、真ちゃん! 真ちゃんこそ本物の淑女だわ、真の乙女よ! そんなこともわからないなんて、見る目がない奴らなんだわ」
「そんなに褒められると、いくら本当のことでも照れるじゃない」
「帰ったら新色の口紅試してみましょうね」
「ウフフ、きっと爆ちゃんに似合うわよぉ」

添付ファイル