宝石乙女まとめwiki 雲母のそら寝
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少し昔の事になりますが。日本のある森の中にあまり大きくない屋敷がありました。
そこには宝石乙女という乙女たちとマスターと呼ばれている一人の青年が住んでいます。
その中に一人、ふわふわの髪でいつも荒巻を持っている子がいました。
宝石乙女の一人が「さあ、ぼたもちをつくしましょう」と言いました。
ふわふわの髪でいつも荒巻を持っている子はそれを聞くと心待ちにしていました。
ですが、それを悟られるのも格好がわるい、と思って、
ソファーで寝たふりをして、呼びにくるのをまつことにしました。
キッチンからはみんなが楽しそうにしている声がきこえます。
しばらくして一人が起こしにきます。
「起きて、雲母ちゃん」
うれしいとは思いましたが、一度でおきてしまっては待っていたと思われるので
もう一度呼ばれたらおきよう、とおもっていると
「いや、いいよ黒曜石。ねちゃったみたいだし。起こすのもかわいそうだ」
という声がしたのでざんねんだと思っていると、
ぱくぱくとみんなが食べながら雑談している声がしていたので
少しの時間がたったころ
「はい。」
と返事をしたのでみんなの笑いがとまらなかった。



                                 元ネタ『児のそら寝』