宝石乙女まとめwiki 重たくない?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねぇ、殺生石。いつも思うんだけど」
 僕の隣でお茶を飲む殺生石。
 視線の先には、毛並みの美しい立派な狐の九尾。
「何でしょう……だんな様?」
「ん、あぁごめん。あのさ、その尻尾って重たくない?」
 その尻尾は、9本とも殺生石の身長と同じぐらいありそうな、
とても大きなものだ。
 ふくらみのほとんどは体毛だとしても、これだけの尻尾を織り成す付け根部分が9本ともなれば、
相当の重さになると思う。
 そんなものを、外すわけにも行かずいつもつけている殺生石。もしかしたら、
相当体に無理がかかっているかもしれない。
「重たい、ですか」
「うん。これだけ大きいとさすがに気になっちゃって。もしかして気に障った?」
「いえ、別に。体重のことではありませんから。それにだんな様になら、
わたくしのことを包み隠さず教えて差し上げますよ……ふふふ」
「そ、それは心の準備が出来てないから、また今度ね」
 その言葉に、残念そうな顔で返事をする殺生石。
「……で、この九尾が重いか、ですか。率直に言えば、かなり重いです」
「やっぱり。いつもそれじゃ疲れるでしょ。どこか凝ったりしてたら僕が……
あ、いやその、下心がとか、そういうのじゃないから」
 自分のセクハラ的発言に気付くがもう遅い。あわてる僕の顔を見て、殺生石は微笑みを返してくる。
「まあ。わたくしならそれぐらい構いませんのに。相変わらず初心なのですね」
「せ、殺生石ぃ」
「ふふ、ごめんなさい。それより、お心遣いはありがたく思いますが、
このことは気にしなくても問題ありませんよ」
 つまり、尻尾が付いてても問題ないということ、かな。
 ずっとこういう姿をしていると、それに適した体になっているって事なのだろうか。
 神通力とか色んな力を持っているけど、実は細い体に似合わず力が強いとか……。
「……そうですね。だんな様はわたくしの良人ですから、どうしているかお教えします」
 と、僕が何も尋ねていないのに、殺生石が立ち上がる。
 そして僕を自分と向かい合わせ、九尾を自在に動かして見せた。
「このように、わたくしの尻尾は自由自在に動きますが……失礼」
 動きを止めた尻尾。その一つの根本に、殺生石が手を伸ばす。
 一体何を……そう思ったとき、手に取った尻尾の長さが、急に変化する。
 伸びた? いや違う。殺生石の手を見ると、なんと体からはずれた尻尾を握り締めていた。
「え……?」
 これは、どういう状況なのか。
 この状況を目の前にして、全く理解が出来なかった。
「実は、こうして外すことが出来るんですよ。この尻尾全て」
「え、えぇっ!? い、いい、痛くないのっ?」
「平気です。外れるように出来ているのですから」
 手に持っていた1本の尻尾を丁寧に床に置くと、更に残った尻尾を外しにかかる。
 2本、3本、4本……9本目の尻尾を外した後には、狐耳を付けただけの豪華な着物を着た女の子が一人。
 床には、まるでほこり取りを思わせるふかふかの毛に覆われた尻尾が……。
「驚きましたか? 疲れたときはこのように尻尾を外すんです」
「そ……そう、なんだ」
 もう、何と言っていいのか分からない。
 あまりにも単純なことなのに、ものすごく複雑なことのように思えてしまって。
「もちろん、これは誰にも秘密で……秘密ついでですから、他にも外れるところを」
 と、今度は両耳を両手で掴み……まさか。
 そう思ったときには、すでに殺生石の耳は頭頂から見事に切り離されていた。
耳がないと、普通の姫カットの女の子だ。
「これ以外にもまだ外れる場所があるんですが、ここから先は召し物を脱がなくては……」
 これ以上、何が外れると言うのか。
 それに対する好奇心もあったが、これ以上はまずいと頭が警笛を鳴らす。
 止めなければ。そう思っているはずなのに、僕の喉は声を出すことが出来ない。
 どうしたんだ、さっきまでは普通に……。
「でも、だんな様ですから……特別に」
 そんな僕を気にする様子もなく、殺生石は自分の着物の裾に手を伸ばし……。
 ああぁぁ、ダメダメダメっ! これ以上はずれたらホラー映画……じゃない! とにかくダメっ!
 必死に顔を手で伏せ、見ないようにする。
 見ちゃダメだ、見ちゃダメだ、見ちゃ……。
「だんな様、お顔を見せてください。だんな様……」

「……だんな様、もう朝です。起きてください」
 ダメだ、この手をどけたら大変なことに。
「もう。そうして顔を隠しても、朝は待ってくれません。さぁ、起きてください」
 顔を覆う僕の手に、殺生石の手が触れる。
 指先の冷たい感触。それで力が抜けた手を、優しく持ち上げる。
 あぁ、結局僕は殺生石に逆らえない……。
「……あれ? 耳、付いてる」
「っ、いきなり何を言っているんですか。これがなければ、だんな様の声を聞くことが出来ないじゃないですか」
 と、不機嫌そうに答える殺生石の姿。
 ややぼやけた視線の先には、いつも通りの着物に、狐の耳と、豪勢な九尾。
 そして、ここが居間ではなく自分の部屋で、僕は布団の中で、パジャマ姿。
「……夢?」
「夢の時間はもう終わりです。さあ、起きてください。遅刻してしまいます」
 殺生石に優しく諭されながら、僕は体を起こす
 次第に鮮明になる視界。朝日の差し込む自室と、どこか呆れた様子の殺生石。
「もう、こんな寝ぼけた顔で。だんな様、早くお顔を洗ってきてください」
「う、うん……あ、殺生石」
 僕が起きたことを確認し、部屋を出ようと立ち上がる殺生石。
「何でしょう?」
 いつも通りの笑顔で、僕の方へ顔を向けてくれる。
 ……でも、すぐにその顔は、再び呆れ調子になってしまう。
「えっと……殺生石の尻尾って、外れるの?」
「……夢でもわたくしの事を想って頂けるのは嬉しいですが、そんな世迷い言があるはずないでしょう」
 ……ですよねぇ。