宝石乙女まとめwiki 電気石専用電池
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 春の陽気が心地よい今日この頃。
 さわやかな朝の青空の下、電気石は僕の膝で、まるで遊び疲れたかのように横たわっている。
 決して、ついさっきまで遊んでいたわけではない。朝からずっとこんな調子で、動こうとしないのだ。
「電気が切れ掛かってるんですねぇ」
 心配そうな面持ちで、隣で電気石の頭を撫でていた蛋白石が口を開く。
「じゃあ充電しないと。でも……」
 普段なら、充電用の三輪車で電気を補給するけど、今日はそんなことをする元気もないようだ。
「そういえば、今まで完全に電気が切れたことないけど、どうなっちゃうの?」
「私も見たことはないですよ。でも、多分ねじを巻いてあげないと動けなくなっちゃいますね」
 なるほど。初めて電気石を見たときの眠った状態になっちゃうのか。
 でも、電気で動くなら、どうしてねじを巻く必要があるんだろう……。
「ご主人様。お姉さまの充電、手伝ってくれませんか?」
 と、電気石を見つめていた視線が、今度は僕のほうに向けられる。
 お姉さま、とは言うけれど、本当は年下の電気石。
 何が起きるか分からない状況にさせてしまう前に、何とかしたい。そんな、本来の姉としての顔が、
そこにあった。
 これで嫌といえる訳がない。僕は二つ返事で、蛋白石の力になることになったんだ……。

「で、これは……?」
 テーブルに並べられたもの。
 電池、下敷き、オレンジ、携帯電話の充電器。全く共通点が見出せないものが、ずらりと揃っていた。
「お姉さまの好きなものですよ?」
「そ、そうなんだ。でも充電するなら、三輪車を誰かが手で回すなり……」
「感電しますよ?」
 それは危ない……僕は口をつぐんでしまう。
「実は、お姉さまがどういう原理で電気を蓄えるか、知らないんですよ」
「それで、伝記に関係のありそうで、さらに電気石の好きなものを集めてみたと」
 はいと言って、うなずく蛋白石。
 確かに、果物電池だったり静電気だったりはするけれど、ここからどうやって電気石が充電を?
 オレンジは食べさせるのかな。じゃあ電池は……?
 やり方が思い浮かばない三つは保留にし、僕はまず下敷きを手に取る。
 小学校でよくやった、あれをやるために。
「蛋白石、電気石を支えてあげて」
 電気石の体を起こし、蛋白石に抱えてもらう。
 まず電気石のヘッドドレスを外して、代わりに下敷きを頭に。
 そして、電気石の頭を下敷きでこすり続ける。
 よくある静電気を発生させる方法だけれど、果たしてこれが充電になるのだろうか。
「ご主人様ー、何をしてるんですかぁ?」
「え、こうすると静電気が出るって、知らない?」
 知りませんと、首をかしげる蛋白石。おそらく静電気が何かということも分からないのでは。
「つまり、これが電気の食事方法……お姉さまにとって、電気は美味しいものなんですよねぇ。
どんな味がするんだろぉ」
「って、蛋白石よだれたれてるよ」
「へ? あわわ……」
 慌てて口を拭く蛋白石。一体どういう電気を想像したのかはわからないけど。
 そんな会話をしていたところで、電気石の目が、ゆっくりと開かれる。
「……びりびり?」
 小さな声で、そうつぶやく。
 少しはましになったのかな。こするのをやめ、下敷きを頭から離す。
 電気石の髪が、下敷きに釣られて逆立った。
「調子はどう?」
「ん……びりびり、少ない」
 僕の問いかけに、力なく答える電気石。
 まだまだ本調子ではないということか。もっとたくさん電気をあげないと。
 そう思い、テーブルにある残りの品を手に取り、電気石に見せる。
「はい。これで動けるぐらい元気になればいいんだけど……どれがいい?」
 僕の手の中にある三つの品、そして僕の顔を、視線だけで交互に見つめる電気石。
「ん……」
 そして、手が置かれたのは……。

 春の陽気というのは、想像以上に暖かい。
「すりすり」
 そう言って、嬉しそうに僕の背中に体を摺り寄せる電気石。
 先ほどよりも、ずっと元気そうな顔だ。
「好きな人にすりすりしても、電気がいっぱい溜まるんですねー」
「そ、そうなのかな……」
 ただ単に、体全体で静電気を生み出しているだけにも見えるけど。もしくは僕の衣服とかに
溜まってる静電気を吸ってるのか。
「……マスター、いっぱいびりびり」
 電気石の小さな手が、僕の服をしっかりと握り締める。
「びりびりで……どきどき。嬉しい」
 その言葉がどういう意味か、僕には真意を理解することは出来ない。
 ただ、僕の体はいっぱい電気が溜まる構造になっているらしい。つまり電気石の簡易充電器?
「マスター……ぎゅー」
「お姉さま、すりすりしないと電気溜まりませんよ?」