宝石乙女まとめwiki 試金石と3時のおやつ
「三時過ぎか」
「ちょうど眠くなるころだね」
昼食をとりしばらくゲームしていたらもう三時。
時が過ぎるのは早い。明日からまた学校だと思うと憂鬱だ。
こうなったら開き直って昼寝の一つでもしてしまおうか。
「おやつがほしいな」
「……君は」
少し横になろうとした瞬間に面倒くさい事を言うのだこの人は。
大体おやつだなんてそうそう簡単にでてくるものじゃない。
ここは諦めて一つ昼寝でもしていてもらいたいものだ。
「多分何もないよ」
「いや実はさっき好奇心で買ったものがある」
「……何か嫌な予感がするけど、何」
「辛さ二倍になったハバネロだ。なかなかにうまそうだぞ」
「あー、僕は遠慮しておく」
辛いものはそんなに好きじゃないんだ、僕は。
試金石はそうか、と呟いて袋を開けた。……目が、目が痛い。
たまらず部屋から退散する。軟弱者と後ろから南瓜が飛んできたが無視する。
いや全くなんであんなお菓子買ってくるんだろう……。
間違いなく辛いに違いないのに、なんでまた。
「ぎにゃあああああああああああああああああああああ!」
ほら、あんなんになるぐらい辛いんじゃないか。
……って。今の悲鳴尋常じゃないぞ。
「大丈夫? 試金石」
「うう……目が、目が痛いんだ。粉が、粉が目に!」
「お約束だね」
「う、うるさい。うう……」
涙目どころかマジ泣きだ。いや、まぁ、それぐらい痛いってことなんだろうけど。
にしても面白い顔するよね、試金石。カメラか何かで撮っておきたいぐらい。
「……ところで主人何故携帯電話なんかを私に向ける?」
「ん。写メールでも」
おー、いいアングル。いい表情。モデルになれるよ試金石。
「うんうん。よく撮れてる。手始めに珊瑚ちゃんのマスターにでも送ろうかな」
「何故メルアドを知っている!?」
「え、結構メールする仲だよ?」
「やめろやめてくれ珊瑚が見たらどうするんだ」
アハハ、そんなの知らないや。送信ボタン押しちゃえ。
押すと同時に壊れる携帯。残念、あと一秒遅かったね。
「……ひどい」
「ちょっとした仕返しだよ」