※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エミネム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(EMINEM から転送)
移動: ナビゲーション, 検索
Eminem(エミネム、本名:マーシャル・ブルース・マザース3世, Marshall Bruce Mathers III, 1972年10月17日 - )は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、プロデューサー、俳優。1990年代最も成功したラッパーと言われている。

自身は「スリム・シェイディ(Slim Shady)」という道化師の別人格が存在するとし、スリムあるいはシェイディという名前が歌詞にも頻繁に登場する。エミネムというステージネームは、本名のイニシャル「M&M」を早口にしたという説や、自分の中に複数の人格があるという「Men In Me」を反対から読んだという説などがあるが、エミネムの別人格であるスリム・シェイディのコンセプトを思いついた1997年以前から自身をエミネムと名乗っており、また初期にM&Mの名で活動していたことから、前者の「M&Mが変化してEminemとなった」とする説が有力である。

来歴
アメリカ合衆国ミズーリ州セントジョゼフ生まれ。幼い頃から極貧の環境に育ち、12歳の時までカンザスシティとデトロイトを母親と共に2、3ヶ月ごとに転々と過ごす。友達もできず、いじめられ、自殺未遂も経験する。悪環境の中、自然とアフリカン・アメリカン層やヒップホップに親しむようになる。14歳ごろから本格的にMCとして活動しはじめ、黒人優位のヒップホップ界において、白人ながらいくつものMCバトル・コンテストに挑戦する。

自主制作テープ「ザ・スリム・シェイディ EP(The Slim Shady EP)」が2万枚の売り上げを記録し、注目されつつあったエミネムは西海岸のヒップホップ・ラジオ・ショー「フライディ・ナイト・フレイヴァス」に出演しフリースタイルMCを披露。このラジオ出演をきっかけに、ヒップホップ界の大物であり名プロデューサーのドクター・ドレーに見いだされ、ドレーのレーベル、アフターマス・エンタテインメント(Aftermath Entertainment)と契約し、「ザ・スリム・シェイディ EP」をベースにメジャー・デビューアルバム「ザ・スリム・シェイディ LP(The Slim Shady LP)」をリリース。いきなり全世界で600万枚を超えるセールスを記録しスターダムにのし上がるが、その人気と共に、彼の過激な歌詞が多くの批判を生む事となる。

続く2枚目のアルバム「ザ・マーシャル・マザーズ LP」では、それをはるかにしのぐ1700万枚以上売り上げ、その世界的な人気を不動のものにする。このアルバムが「グラミー賞最優秀アルバム部門」へノミネートされると、以前からエミネム自身と彼の歌詞を抗議している同性愛者の権利団体GLAADがこれを非難。収録曲「ザ・リアル・スリム・シェイディ(The Real Slim Shady)」では、歌詞にウィル・スミス、ブリトニー・スピアーズの名前が挙がり、訴訟騒ぎにもなる。

3枚目のアルバム「ザ・エミネム・ショウ」の発売と相前後して半自伝的映画「8 Mile」に主演。主題歌「ルーズ・ユアセルフ(Lose Yourself)」で2003年度アカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞。

自身のアルバム制作以外では、地元デトロイトの仲間とともに結成したヒップホップ・ユニット、D12(ディー・トゥエルブ)に参加。「ビッグになったらまた組む」とした盟友との約束を果たしている。D12のデビューアルバム「デビルズ・ナイト(Devil's Night)」は初登場一位を記録した。

尊敬する2パックのドキュメンタリー映画『レザレクション~ヨミガエリ。(Resurrection)』サウンドトラック収録曲「ランニン(Runnin' (Dying To Live))」では、2パックと激しいビーフ(罵倒)を繰り返したノトーリアス・B.I.G.を引き合わせ、東西抗争の犠牲者である天才を競演させた。

2004年、4枚目のアルバム「アンコール」からのシングルカット曲、「ジャスト・ルーズ・イット(Just lose It)」のPVではマイケル・ジャクソンの幼児虐待疑惑や鼻の整形を皮肉った物まねを披露し、マイケルや彼のファンから反感を買うこととなり、このPVの放送を中止する放送局も現れた。また米国大統領選の1週間前、「アンコール」収録曲「モッシュ(Mosh)」のPVをインターネットで公開し、反ブッシュの考えを明らかにした。また、2004年にアップルコンピューターが「ルーズ・ユアセルフ」を無断利用したCMを放映し、訴訟へと発展したが、その後和解。それまでかたくなに曲の提供を断っていたが、2005年10月にiPodのCMでタイアップを正式に行った。

プロデュース業に専念するため、最後になると言われていたヨーロッパツアー直前の2005年8月、突如体調不良から公演をキャンセル。睡眠薬依存症治療のための、入院が原因とされる。

近年はGユニットやオービー・トライス、2パックのプロデュースもこなし、新たな側面も見せている。暴力事件、母親との絶縁状態や裁判、離婚、元妻キンバリー・マザーズ(Kimberly Mathers)への侮辱といったスキャンダラスな人生を送っているが、実の娘ヘイリーには目がない、子煩悩な一面も持ち合わせている。2006年1月14日、復縁が囁かれていた前妻キムと再婚した。Gユニット、オービー・トライスなどが参列する中、ミシガンのメドー・ブルック・ホールにて挙式が行われた。娘のヘイリー、キムの姪、キムの娘(父親はエミネムでなく、養子縁組した)と暮らすが、同年4月には再び離婚。子供の親権争いが予想される。

そしてその後も度重なるように不幸が続く。2006年4月11日未明、地元デトロイトのナイトクラブで彼のユニットD12のメンバーであり彼の親友でもあったMC、プルーフ(Proof/本名Deshaun Hotlon)が、口論の末頭や胸に4発の銃弾を受け死亡する事件が起きた。

彼は後に「Proofが俺をプッシュしてくれたお陰で今の俺がいる。アイツがいなかったら今のマーシャル・マザーズはいないしEMINEMも勿論Slim Shadyも存在しない。(中略)アイツは俺の一番の親友だった…そしてこれからも。」とのコメントを残し、プルーフの葬儀では目を赤らめて泣いていたという。その後、彼は腕にProofの名前をタトゥーとして入れている。

2006年6月、彼は初主演した自伝的映画「8 Mile」以来2作目となる映画に主演すると突如表明。今回、パラマウント映画が制作するこの作品は、米CBSテレビで'57~'63年に放映されていたドラマ・シリーズ(西部劇)『Have Gun - Will Travel(西部のパラディン)』の現代版で、エミネムは主人公のバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)役を演じるとのこと(オリジナル作品ではパラディンという役名)。

[編集]
作品
[編集]
シングル
スタン - Stan (2001年2月21日)
※UKのシンガー、ダイドの「Thank You」を大胆にサンプリングし、狂気に満ちたファンの心情を綴った曲。同曲PVではダイドとの競演も果たし、最も知られた曲といえる。
ウィザウト・ミー - Without Me (2002年5月29日)
ルーズ・ユアセルフ - Lose Yourself (2003年4月23日)
ジャスト・ルーズ・イット - Just Lose It (2004年11月15日)
[編集]
アルバム
インフィナイト Infinite (1995年)
スリム・シェイディ EPSlim Shady EP (1997年)
ザ・スリム・シェイディ LP - The Slim Shady LP (1999年4月21日)
ザ・マーシャル・マザーズ LP - The Marshall Mathers LP (2000年6月16日)
ザ・エミネム・ショウ - The Eminem Show (2002年4月26日)
8マイル - 8 Mile (2002年10月29日)※映画「8マイル」のサウンドトラック
アンコール - Encore (2004年11月15日)
カーテン・コール。〜ザ・ヒッツ - Curtain Call: The Hits (2005年12月2日)
[編集]
DVD
∃ (2001年2月21日)
アップ・イン・スモーク・ツアー (2001年)
ザ・スリム・シェイディ・ショウ - The Slim Shady Show (2002年6月12日)
オール・アクセス・ヨーロッパ - All Access Europe (2002年6月29日)
エミネム DA HIP HOP WITCH (2003年)
アンガー・マネージメント・ツアー - Eminem Presents The Anger Management Tour (2005年6月29日)
[編集]
映画
8 Mile - 8 Mile(2002年)
[編集]
関連作品
D12「Devil's Night」 (2001年)
D12「D12 World」(2004年)
サウンドトラック「レザレクション〜ヨミガエリ。」(2003年)
2パック「ロイヤル・トゥ・ザ・ゲーム」(2005年)
[編集]
関連項目
ヒップホップ
ドクター・ドレー
2パック
50セント
ウィル・スミス
ブリトニー・スピアーズ
[編集]
外部リンク
Eminem(公式日本語)