111 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/10(水) 22:34:55.34 ID:vMwe/gw0
特に何もないので店やってた時の面接のはなし

求人に載せたら思った以上に応募が来ました

21か22くらいの女の子の面接をしました。俺も23、4だったかな

K「こーゆうお店で働いた事はありますか?」

アパ子「いやないですけどまぁ、音楽好きなんでぇ。」 ガムくちゃくちゃ

K「じゃあそういう応募の理由もそういうので。」

アパ子「あ はいぃ。んでぇ。お店何回か行った事あるんだけどね。」 くちゃくちゃ

K「ああ ありがとうございます。」

アパ子「バーカン(バーカウンター)で仕事させてもらえるんですか?」 くちゃくちゃ

K「それはドリンクを作る仕事がやりたいって事ですか?」

アパ子「あ はいぃ。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 数日後

プルルル プルルル

アパ子「はいぃ。」

K「(店)の者です。 先日の面接は(省略)で面接の結果なんですが」

アパ子「はいぃ。」

K「申し訳ありませんが今回は他の方に決まってしまいまして また次回ご

アパ子「えっ!?あたしなんかでいいんですか!?」

K「いや あかんーゆうてるやろ!!ww」

アパ子「えっ!? あ~・・・ダメ。ww あそうww」

K「いくらうちみたいな所でもガム喰いながら面接は駄目でしょおww」

アパ子「きゃはは」  ツー ツー

K「このボケが~・・・・ww」

113 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/10(水) 22:46:58.92 ID:vMwe/gw0
2ヶ月後くらい 店に出勤した時 カウンターにて

アパ子「あー今日いる!!ww おつかれー!ww」

K「あー!! お前よー顔出せるなあ!!」

アパ子友人「えっなに 仲いいの?」

アパ子「前にバイトの面接来たんだけどねー おとされたww」

K「そら落とすやろお前みたいなもん!!ww ちょっとオカラ呼んできて!!」

従業員「えっ はい。」

~~~

オカラ「はい?」 すたすた

K「あの時の募集で採用した子。」

オカラ「??」

アパ子「あ~ww」

K「そりゃこっちとるやろ~。」

アパ子「えー あたしの方が可愛いしww」

K「おい なんかゆうてるでこいつ。」

オカラ「いや えーと・・ww」

K「んで バイトは見つかったんかいな。 今何してんの。」

アパ子「えー今は キャバぁ?ww」

K「まあその方が合ってるわww」

115 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/10(水) 23:04:01.00 ID:vMwe/gw0
もういっちょ 18,9の男 金髪ロン毛

おむすび「DJになりたいんすよ。今ポン太さんに教えてもらってて。」

K「ああポン太君。」

おむすび「・・・・。」 カチカチ

おむすび「あっ はい やっぱ知ってんですかポン太さん!」

K「うん あの子自分でイベントうったりしてるからね。」

おむすび「・・・・。」 カチカチ

K「・・・・ww」

おむすび「あのぉ 俺よく来てるんすよ 覚えてくれてます?」

K「うん 何回か見た顔やなとは思ってたね。」

おむすび「そんで俺店長さん(ぼくのこと)がバーテンやってんの見てすげぇ

      かっこいーなって思ってこういう大人になりてえなって思ってぇ!」

おむすび「・・・・。」 カチカチ

K「あそうww ごめん 携帯は終わった後にいじってもらえる?ww」

おむすび「あ すんません。」

K「まあもう終わりでええんやけどww」

おむすび「あっ終わりすか!? もっと話しましょうよ!!」

K「別に話してもええけど 不採用やで?ww」

おむすび「えっ これ以上話したらすか!?」

K「いや そういう意味じゃなくてやな・・・ww」

116 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/10(水) 23:18:29.78 ID:vMwe/gw0
店買い取って間もない頃 局に復帰する前

従業員全部帰らせて後片付けして店でた時に店の前で
ノッポの土方姿の兄ちゃんが仁王立ち

K「?」

ひじり「お前この店の奴か。」

K「ええ そうですけど。」

ひじり「俺の後輩がこの店で今日知り合った奴にヤられてんだよ。」

K「女の子?」

ひじり「おお。」

K「どんな子よ。」

~~~~

K「ああ あの子らか。ずっとカウンターおったわ。」

ひじり「その時に男に酒飲まされてなんか盛られてたんだよ。」

K「ほんでグデングデンになってヤリ捨てされて自分とこに泣きついてきたとww」

ひじり「・・・そーっす。」

K「面倒見ええなあww」

ひじり「いや・・・ww」

K「んでどうしたいん。その男の顔は覚えてるで。」

ひじり「なんか知ってる事あったらって思って・・。」

K「ちょっと待ってね。」 でんわ

ひじり「あっ はい すんません。」

117 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/10(水) 23:32:20.96 ID:vMwe/gw0
K「分かったわ。××っていう飲み屋の奴らしいで。名前はシャケ麻呂やて。

   もう一人おったけどそいつは分からんぽいし俺も見た事無いわ。」

ひじり「あー ありがとうございます。」

K「んでどうすんの 明日店にでも殴りこむん?ww」

ひじり「いやそんな事はしないすけど 会って話して・・。」

K「なんかおもろそうやから明日一緒に店いけへん?」

ひじり「えっ いいんすか?」

K「うん 明日日曜やし俺抜けても大丈夫やろ。」

ひじり「え んで会って何話すんすか スジ通すんすか。」

K「そんなヤクザみたいな事言われても分からんよwwというか酒になんか盛られたー

   ゆうてんのもその子らがゆうてるだけでホンマか分からんのやろ?」

ひじり「あぁまあ・・・いやでも酒はかなり強い奴らなんすよ。」

K「んーでもテキーラいきまくってたし あの子ら18とかそこらやろ?」

ひじり「あ ショットいきまくってたんすか?」

K「うん 男が勝手に注文してー みたいな感じやけど」

ひじり「あーじゃあそれかも・・・。」

K「なんやそれww んで明日行くの行けへんの?」

ひじり「あ いや ありがとうございます。自分で何とかしてみます。」

K「というか自分もどうもせえへんでええんちゃうの。」


118 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/10(水) 23:45:29.63 ID:vMwe/gw0
ひじり「いやまあ・・。」

K「そんなもん盛られてたかどうかはしらんけどどっちにしろあの子らの自己責任やん。

   結局ヤリ捨てされてムカついたから自分に仕返し頼もうと思っただけやろ。」

ひじり「そう言われれば・・。」

K「上手い事使われてんねん。ほっといたらええんちゃうかな。」

ひじり「そーすね・・ww」

K「なにどっちかの子の事好きだったりすんの?ww」

ひじり「いや・・wwどっちも可愛い後輩すよww」

K「んじゃええやん。」

ひじり「まあそっすね。」

K「じゃあ自分も仕事帰り?今から仕事行くんかな?俺はもう帰るで。」

ひじり「あっ ありがとうございました お疲れっす。」

~~~~~~~~~次の日 店営業中

H「なんか外で店長呼んでこいって・・。」

K「誰が?」

H「ヤクザっぽいですけど 大丈夫ですか?」

K「なんやろ 行ってくるわ。」

外へ

ひでぶ「おうお前かこの店のぉは。」

K「わはは!!ww ファイナルファイトで頭から突っ込んでくる奴や!!ww」

ひでぶ「あぁなんだコラァ!?」

122 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 00:00:03.46 ID:v6NXe720
ひでぶ「××会のひでぶってもんだけどよぉ。」

K「酒飲みすぎでしょwwベロベロやないですかww」

ひでぶ「あぁ~~~!?」

K「んでなんですの。」

ひでぶ「お前関西のもんか。××組知ってっか?」

K「いやそんなんええから!ww なんの用ですか?」

ひでぶ「お前ムカつくなぁおい・・。」

K「お前おるしなんとなく想像つくわ。」 後ろの奴 昨日女の子に飲ませてたヤリ捨てBOY

BOY「・・・・。」

ひでぶ「さっき店に因縁つけに来たやつがいてよ?そいつが昨日なぁ?

     あの~・・お前がうちの下のもんが女レイプしたとか吹いてたっつってんだよぉ。」

K「ありゃ 結局店いったんや。」

ひでぶ「あ~やっぱ言ったんだなぁぁ・・。こりゃ大ごとだぞオイ。」

K(BOYに)「多分その店にいった奴がうち来て自分の事聞いてきたからな。」

BOY「おお。」

ひでぶ「俺と喋ってんだろぉおい。」 ぐい

K「ええねんww」 ぱっ

ひでぶ「お前何だぁ!? どこのもんだよ!?」

K「いや分かるやろここの店員やがな。」

ひでぶ「ここの店どこが世話してんだよ。」

K「どこの世話にもなってないよ~ めんどくさい。 んでなー。聞いてるか?」

BOY「おお。」

ひでぶ「だぁかぁらぁ 俺と(ry

カオス

123 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 00:16:19.34 ID:v6NXe720
K「分かった~?」

ひでぶ「おぉ。 でもなんでお前がそういう事おしえんだよ?

     お前らは酒出すのが仕事だろーが。客のプライベート(プライバシー?)

     教えていいのかぁ?」

K「おお まともな事言うやんか。」

ひでぶ「なんだテメェこら・・。」 ふらふら

K「なんで酒の力がないと女口説けへんよーなダサい奴かばわなあかんのよ。

   そりゃ教えるやろ。」

BOY「ああ?」

K「しかもやった後そこらに捨てたらしいやん。人の店の客に好き勝手やってくれるなあ。」

BOY「だからそんなもん関係ねぇだろって。」

ひでぶ「おめぇ黙ってろよ!!」

BOY「すんません・・・。」

ひでぶ「なぁその話もういいよ お前俺に喧嘩売ってんのか?」 ニヤニヤ

K「(きたない顔だなあ)いや売ってないし売る気もないですけど。」

ひでぶ「じゃあそれなりの態度とれよ なあ。」 おでこを指先でグイッとつつく様に押される

K「いてっ。」 ハイキック のびるひでぶ

BOY「あっ・・・!」

K「あっ。 条件反射でww まあええわww」

BOY「・・・・。」

K「んでその因縁つけてきたにいちゃんどこおるん?自分の店?」

BOY「・・・・・。」

K「あっ ごめん キャッシャーの子にちょっと出てくるわーゆうてたって伝えてくれるかな。」

遠巻きに見てた客「あっ うん。」 たたた

124 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 00:32:56.72 ID:v6NXe720
BOYの飲み屋

ちっちゃいホストクラブみたいなパブで
座ったやくざ風のおっさんに土下座みたいな形で顔踏みつけられてるひじり
従業員の男の子が3名 客なし

K「うわ えらい事になってるww」

おっさん「なんだよ。」

K「その子の知り合いなんやけど足どかしてもらえますか。」

おっさん「ああそんじゃお前クラブの兄ちゃんか。」

K「そですよ。」

おっさん「まあこっち座れや。」 向かいの席

K「(あww 今灰皿スッと引き寄せよったww)はい。」 すわり

おっさん「(ひでぶ)は?」

K「あのつるっぱげで豚の人ですか?」

おっさん「wwww そうそうww」

K「すんませんww おでこコツンってやられたから蹴ってもーて・・ww」

おっさん「は?」

K「完全にのびてたからここの店の子がどっか連れて行ってました。」

おっさん「あいつヤクザって知ってた?ww」

K「ええなんか自分でゆうてましたよ んで貴方がこの店の面倒見てる人とかそういうのですか?」

おっさん「ああそうだけど 兄ちゃんすげえな勇気あるなwwヤクザなんか怖くねえだろww」

K「どうかなあ。(きた!ww)」 灰皿持った手掴む

おっさん「っ!!」 ぐっ

後ろの従業員を警戒も 全員遠目に見てるだけ

K「(ありゃ。)」 ぐぐぐ

おっさん「いって 痛い痛い痛い!!」

ぱっ 離す

125 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 00:49:42.21 ID:v6NXe720
おっさん「いってぇ~ww 兄ちゃんホントいい度胸してんなww」 座り直す

K「(まだ余裕あるようにww)ああ すいませんww」 立ったまま

おっさん「店の名前なんだっけ?」

K「(店の名前)です。」

おっさん「ああ じゃあ 今度行くわww」

K「ええけど従業員になんかいらん事したらコロスでww」

おっさん「ああそうww 兄ちゃんの店どこが世話してんの。」

K「やからどこもつけてへんーゆうてんのに。 ただのクラブですよ?つけてるとこもあるけど」

おっさん「そーなんだ。 じゃあうちの若いもん何人か行かせたら兄ちゃん一人で相手すんのかww」

K「別にええけど店に迷惑かけるの勘弁してくれんかなあ。」

おっさん「なんだよそれww もういいよこいつ持って帰って。」

K「大丈夫ー?」

ひじり「はい すんません・・。」

K「そんじゃ失礼しました。」

おっさん「おう。」

店のあるビルの外に出る

K「明日には腫れるでー。 なんで行ったん。」

ひじり「あの後ちょっと後輩と話して・・・。」

K「あほやなあ。 でも俺も言うべきじゃなかったなあ。ごめんね。」

ひじり「いやいいっす。」

126 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 00:57:59.51 ID:v6NXe720
その後一悶着あるかと思ったらなんもなくて半月後くらいにおっさんが店来た

おっさん「おー メニューどれだよ これか。」

K「ありゃ あん時の人や。」

おっさん「おお久し振り。 ウイスキーなにあんだよ。」

K「ウイスキーはー  ジャックのみ。」 す

おっさん「んだよ んじゃロックでいいよ。」

K「どしたんですか いらん事しに来たん?ww 強そうな子連れて。」

強そうな子「・・・。」

おっさん「いやいや。 兄ちゃんここ土曜日借りんのいくらなんだよ。」

K「イベントでもやるんですか?」

おっさん「おう うちの若いのがやると思うからよ。」

K「ヤクザの方には貸されへんなあww」

おっさん「なんでだよ。」

K「従業員怖がるもんww」

ちょっと仲良くなれた その後2回位きてくれたおっさん

ひでぶはキャバ嬢っぽいねーちゃんと腕組んで歩いてんの見かけた

127 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 01:24:31.07 ID:v6NXe720
ちょっとだけ従業員だったワニ子ちゃん

K「ワニ子ちゃんて昼はメイド喫茶の店員さんなん!?」

ワニ子「はいww」

K「マジか こんどメイド服持ってきてよww」

しんたろう(客)「見たい見たいww」

ワニ子「着てくればいいんですか?ww」

K「いや 俺が着る。」

しんたろう「じゃあ俺がそれを殴るわww」

K「マジかあww」

ワニ子「入んないと思いますけど・・・ww」

K「そりゃそうやわなあww」
~~~~~~~~~~~数日後

ワニ子「おはようございます。」

K「おぃー。」

ワニ子「あの 今日着てきました・・ww」 上着ちょっとはだける

H「うわ 何それ!ww」
K「ホンマに着てくるかww今日それで仕事する?ww」

ワニ子「いえあの これかなり大きいサイズなんで・・ww オーナーに・・ww」 たしかにぶかぶか

K「え もう一着あんの?」

ワニ子「いえこれですww 脱いでくるんで着ますか?ww」

K「いや ええよぉ!!ww どうせ入れへんし!!ww」
H「いいじゃんKちゃん着なよ!!ww 今日それで仕事しなよ!!ww」

K「アホかww」

そら夫「んじゃちょっと試しに着てみるだけでもいいすからww」

K「なんでやねんww 着る? お前なら入るわ」
てんちょう「嫌ですよww」

ワニ子「だってオーナー着るって  言ったじゃないですか・・。」

K「(なんやこの子ww) んじゃええよ 脱いできてよww」

128 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 01:34:37.51 ID:v6NXe720
上を着る 肩のあたりきつきつ

K「破れるよ!破れるよ!!ww」

ワニ子「破かないでくださいよ!?」

そんでスカートとびよんと伸びるソックス 靴はいつもの

着替えルームから出る

K「よしゃどうやねん!?」 ばっ

H「あはははははは!!!」

PA「きゃははははは!!!wwww」

そら夫「なははははは!!!wwww」

K「ちょっとワニ子ちゃん 前のリボンええ感じにして。」

ワニ子「あ はいww」

K「よしよし。 どうやねんこれ アリやろ?」

ワニ子「可愛いww」

K「5000円くらいなら払うやろ?」

てんちょう「金もらっても嫌ですよww」

H「絶対今日それで仕事してよ!!ww」

K「それはあかんわ 俺のファン減るやんか・・・・。」

H「そんなもんいないから大丈夫だよww」

ワニ子「でも似合ってますよww」 ツン☆

K「H ちょっと俺この子の感じ苦手・・ww」

H「独特だねww」

130 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 01:50:47.67 ID:v6NXe720
店オープン前 DJやらスタッフ入る

ちるちる(ぼくの事をアニキって呼ぶDJ)「アニキどうしたんすか!?ww」

K「アニキじゃないやろ?」

ちるちる「え?」

K「おね おねえ?」

ちるちる「おねーちゃぁん!ww」

K「お姉様やろがい!」

ちるちる「すんませんアニキ付き合い切れねぇすわww」

K「ホラそこパンツ覗かない!!」

オーガナイザー「見ねえよww」

女MC「おつかれさまでーすちょっとKちゃんやめてよーーー!!」

K「なぁああああんでやねんな グッとくるやろ!?」

女MC「あ でもKちゃんやっぱ腹筋割れてんだねww」 つんつん

K「ちょっと丈が足れへんねんスースーすんねへへん。」

オーガナイザー「今日それでカウンター立つの?」

K「うん。 いい?イベントの空気壊せへん?」

オーガナイザー「ははww 客減るわww」

K「ほれやっぱきいひん方がええねん。 着替えてくるわ。」

H「つまんね。」

K「主催者側に迷惑はかけられへんやろ。」

H「つまんねっ!!!」

K「おーおーなんとでもゆえや。」

131 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 01:54:58.05 ID:v6NXe720
店どうなんやろ

みんな楽しくやってんのかな PAとH喧嘩してないかな?

135 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2010/03/11(木) 12:36:52.83 ID:1BHeLgYo
 >>124
結局BOYはどうなったん?

136 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2010/03/11(木) 15:50:55.00 ID:JcOwv.c0
おっさんも場慣れというか場数踏んでそうな・・・ww

灰皿こえーなぁwwwwwwww

137 名前:1 ◆trB/oNqUGM:2010/03/11(木) 17:57:52.67 ID:oprDtzU0
 >>135
飲み屋の場所聞いてのびたひでぶを任したっきり
その後たまに見かけた程度
ひじりきゅんはたまに店きてくれた プレイヤーの子何人かとも友達だったみたいやし
しっかし最低な男と最低な女のしょうもないやり取りに
誰よりも情深き故に天帝ひじりーが巻き込まれてそれに俺が余計なことしてかき回した
という登場人物全員未熟なおはなし

 >>136
あんなとこに出入りしてふんぞり返ってる時点でチンピラやろうけど
ああいう人らは若い子らの前で絶っ対に恥はかきたくないから
焦った時とかの対応は皆似たり寄ったりだけど結構うまい