PHANTOM(仮) ~エキビションマッチ~




627 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 19:55:41.90 ID:mZWgJH20
金曜日 

K「「おひさしぶりです。」」

王将「「慣れてないんだろう。 英語でいい。」」

K「「ありがとう。 いつからこっちに来てたんだ?」」

王将「「11日からだな。 5人で来ている。手配しておいてくれ。」」

K「「仕事は終わったのか?」」

王将「「ああ、 明日には日本を離れる。」」

K「「分かった。 迎えを送る際にまた連絡する。」」

王将「「ああ。」」

628 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 20:03:00.47 ID:mZWgJH20
訓練所 

がやがや

拳「Kさん。」

K「おつかれー。 体ぴんぴんか。」

拳「あぁ。 うぉっ ホントだ 全員ドイツ人?」

K「そーそー。 お前も教えてもらえ 俺なんかよりずっとうまいぞ。」

拳「軍人さん?」

K「一人は元軍人やな。 ほれあの偉そうな奴。」

拳「へ~。」

K「よっしゃ行ってこい。」

拳「俺英語とかドイツ語?話せねーよww」

K「まざりゃええだけや。 てゆうか日本語も多少通じるわい。」

拳「へー。」

630 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 20:16:50.66 ID:mZWgJH20
K「「さすがは体術のプロフェッショナルだな。」」

飛車「「お前はやらないのか?」」

K「「見ている必要があるんでな。」」

飛車「「熱心だな。」」

K「「それにわざわざ来て貰って自信を失って欲しくない。」」

飛車「「なるほどなww あいかわらず大した自信だww」」

K「「どう思う?」」

飛車「「この連中か? まあこの国の仕事なら多少は大丈夫なんじゃないか。

     詳しくは知らないから安易に言えたもんじゃないが。」」

K「「そうか。」」

飛車「「だがお前と同じ仕事をさせられるかというと命がいくつあってもたらんな。」」

K「「させる気もないがな。 次はこっちで頼む。」」 すっ

飛車「「了解。 受けた恩は返さないとな。 いってくる。」」

634 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 20:42:36.28 ID:mZWgJH20
王将「「あの男はまだ10代か?」」

K「「よく分かったな。 まだ17だ。」」

王将「「17・・・。 いいのか?」」

K「「あいつは特例だよ。 いろいろと面倒だったがな。」」

王将「「そうか。 君のお墨付きか?」」

K「「そういう訳じゃないが なかなか面白い奴だよ。」」

王将「「まあそうだな。 鍛えがいはありそうだ。」」

K「「いつかお前たちとの絡みもあるかもしれんぞ。」」

王将「「それは楽しみだが・・・ 君ほどの見込みがある様には思えんな。」」

K「「まだここに来て半年も経ってないからな。 まだ分からん。」」

636 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 20:53:45.10 ID:mZWgJH20
K「大丈夫かーww」

ときめき「っ・・・・ふぅ・・・・は・・・・ うぃす・・。」

K「なめられてるぞww」

ときめき「うぃす・・・・。」

K「wwwwww」

王将「「K。 ちょっと来てくれ。」」

K「んー。」 てててて

王将「「試合でもやってみないか?」」

K「「試合。」」

王将「「こちらの4人とそっちから4人選出してもらいたい。」」

K「「どうしたんだ?ww」」

王将「「いいじゃないかww 〆は必要だろう?」」

K「「ルールは?」」

王将「「そうだな。 カラテのルールでいこう。クリーンヒットすれば一本。

     技ありなら2つで終わり。 顔面への殴打はなしだ。投げも認めよう。」」

K「「面白そうじゃないか。 俺も出ていいのか?」」

銀「「冗談じゃない。 お前の相手はゴメンだww」」

王将「「だそうだ。」」

K「「うちの連中は皆そう思うんじゃないか?ww」」

王将「「今日は俺達が仕事のストレスを晴らす日なんでなww」」

K「「分かったよ。 じゃあ4人だな。 もう決めた。 今決めた。」」

王将「「早いなww」」

639 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 21:01:33.57 ID:mZWgJH20
K「試合すっぞ!!wwww」

きょうかん「Kちゃんがか?」

K「ちゃうちゃう あそこでへなってるやつらよ。」

きょうかん「あいつらとか?」

K「4対4でなww」

きょうかん「実践訓練ってことか? 相手にならんぞww」

K「ちゃうちゃう。 組み手よ。 一対一で大体フルコン空手のルール。」

きょうかん「それでも相手にならんと思うけどなww」

K「しかも空手っつっても向こうは空手の型ではけぇへんやろしなww」

きょうかん「大丈夫か~?ww」

K「まあええやん。 いい機会やわ。」

641 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 21:08:46.81 ID:mZWgJH20
王将「「K。」」

K「「どうした。」」

王将「「ホールドもありだ。 極まった状態で試合終了にしよう。」」

K「「わかったわかったww」」

ててててててて

K「試合すっぞ!!」

おぉ~~~~!! ざわ ざわ

K「えーとなー。 ときめきとー。」

ときめき「へっ!!? 俺らがやるんすか!?」

K「うん。 あとせせらぎー。」

せせらぎ「えっ!?」

ときめき「いや無理でしょ!? 試合って」

ルール説明する

K「あとすがたー。」

すがた「マジか・・・ww」

K「最後拳。」

拳「はい。」

K「はいってww」

拳「やるよ。」

K「かっこええ~。」

642 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 21:14:55.80 ID:mZWgJH20
K「後の奴はあがってええぞ~」

コロンボ「えっ 見ちゃダメなんですか?」

K「そりゃええよ。」

ざわっ・・・・ ざわっ・・・・・

せせらぎ「辞退とかありですか・・・ww?」

K「え え よ。 じゃありきー。」

りき「えっ。」

K「やりたい?」

せせらぎ「いやっ ちょっと待って下さいよ!ww やっぱやります!!」

K「りきやりたい?」

りき「やりたいです。」

K「じゃありきで。」

せせらぎ「いやKちゃんww」

K「なんやねん いやいややらせてもしゃーないやんけー。」

せせらぎ「やりたいです!!!」

K「よっしゃ!! じゃあ華麗に散って来い!!」

せせらぎ「殴りてぇ~・・・ww」

644 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 21:21:23.87 ID:mZWgJH20
緊急会議

K「ええか。 多分 金 銀 角 飛車 って出てくると思うねん。」

ときめき「いや どれがどれなんですかww」

K「一番でかいのおるやろ。 あいつが飛車。」

ときめき「うわ・・・・ww」

K「いや、 お前があれの相手ね。」

ときめき「マジっすか!!?」

K「だってお前くらいしか勝ち目あんのおらんやんけ。」

ときめき「え~・・・・。」

すがた「ちょっと嬉しそうやんww」

せせらぎ「ていうか正直に言い過ぎでしょ~ww」

すがた「勝ち目あるんを一番強いんに回してええんか?ww」

K「勝ち目あるからこそ確実に負けさすねやないか~。」

すがた「なにをよーんや!!ww わややろ!!ww」

K「お前四国弁出まくりやなww わやってなんじゃいww」

645 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 21:26:41.10 ID:mZWgJH20
K「てゆうかよ~。 向こうはプロ中のプロやで。 勝てる訳ないやろがい。」

ときめき「え~・・・ww」

K「ただ接待しろってわけじゃないからな。 [ピーーー]つもりでいけ。」

せせらぎ「殺されますよww」

K「りき~。」

せせらぎ「ちょっ すいませんって!!ww」

K「そーやなー。 すがた せせらぎ 拳 ときめきで行くか。」

ときめき「(^^;」

K「ええか?」

すがた「俺最初か・・・・ww」

646 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 21:32:18.75 ID:mZWgJH20
K「じゃあ18時になったらやるからな。 拳ちょっと来い。」

拳「はい。」 ててて

K「こっち。」 ててて

拳「・・・・。」 ててて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

K「ええか。 あててダメージがあれば勝ちや。 お前が一番確率が高い。」

拳「さっきときめきさんっつったじゃねーかよ。」

K「実力はあいつが一番やからなそりゃ。」

拳「で?」

K「作戦があるから聞いとけよ。」

拳「・・・・・。ごめんKさん 好きにやらしてもらっていいかな。」

K「なんかあんのか。」

拳「いやなんもねぇけどww」

K「まあええわww んじゃ好きにやれやww」

647 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 21:42:38.76 ID:mZWgJH20
一戦目 せせらぎ 対 角

K「わははww」

ときめき「いきなり間違ってるじゃないですか!!ww」

審判 王将 礼させる

K「礼すんねやww」


開    始!!!

角「・・・・・。」 くっ くっ

せせらぎ「・・・・・・。」 ずり ずり

角「っ!!!!!」 仕掛ける

せせらぎ「っ。」 引く

K「(引くなww)」

角の前蹴り ぽんっ

角「・・・・・。」  ニヤニヤ

ときめき「完全なめられてますね。」

K「気圧されたなあいつww」

650 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 21:52:55.21 ID:mZWgJH20
K「引くなーーーー!!! りきーーー!! りきーーーー!!!」

りき「wwwwwwww」

せせらぎ「・・・・・・。」 距離取ったまま

K「アホーww」

角 くにっ 前に ぐるんっ

後ろ回し 胸に当たる  ドンッ

せせらぎ「・・・・・っ!!」 ずずっ

K「(なーにをボーっとしとんねんwwww 素人かww)」

角 挑発

せせらぎ 突っ込む

角も前に

しばらく打撃戦

角 左にローキック と思ったら 右足を刈り取る下段回し

せせらぎ「っ!!!!」 ずでっ

王将「ワザアリ!!」

K「(^^;」

652 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:03:13.59 ID:mZWgJH20
外野から色々声が飛ぶ

K「お前素人かーーーーーーーーー!!! ちゃんとやらんかいーーー!!!」

せせらぎ「っ・・・・・。」 ずり ずり

ときめき「あれ入っていけないんすよね・・・。」

K「まあ前に立ってみいひんとわからんわなあれは。」

角「」  ぐっっ

せせらぎ「っ!!」 しゅっ

K「(あ。)」

角「っ!!!」  入りこむ

ボディ

王将「イッポン。」

K「ボクシングかいww」 


653 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 投稿日:2008/02/17(日) 22:04:15.57 ID:Hh0wukE0
自分が間違えて読んだくせにまさかのアホ呼ばわりwwwwwwwwwwww

654 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:07:07.81 ID:mZWgJH20
ててててて 

K「だいじょーぶかー。」

せせらぎ「・・・・・っはぁっ・・・・。」

K「うわ~・・・・ww」

角「「骨は折れてない。」」

K「「お気づかい感謝するよww」」 ぐいっ 

K「立てるか?」

せせらぎ「はいっ・・・・・・。」  ぐっ・・・・と

K「ええとこ なしっ。」

せせらぎ「すいません・・・ww」

655 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:08:33.95 ID:mZWgJH20
 >>653 違うww 「りきーー!! こいつじゃあかんー!! お前代われー!!」

    の意味を込めての

656 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:16:37.99 ID:mZWgJH20
第2戦 すがた 対 飛車

K「わははww おとなしく先鋒やっとかんからwwwwww」

ときめき「よかった~~・・・・ww」


開    始   !!!


一分くらいぐだぐだ ぺしぺし

K「すがたはああ見えてテクニックはあるので相手はなかなか踏み込んでこれない

   という状態に陥るのだ!!」

ときめき「(^^;」

K「すがたーーーーーーーー!!!! 殺せーーーーーーーーー!!!!!」

ときめき「なんかアドバイスしてあげてくださいよ!!ww」


すがた すったもんだの末フェイントにひっかかりあっさり投げられる

で 倒れた所に拳ぴっ

王将「イッポン」

K「(^^;」

657 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:20:35.40 ID:mZWgJH20
すがた「ありゃ無理やわww」

K「でも向こうも空手ルールでやりにくそうじゃないか?」

すがた「でも何仕掛けても掴まれるってなるんよww」

K「最後パワー負けしたなww 引っかかったけどあそこは外せん事もなかったぞww」

すがた「気迫がすごいわww あれはいかんてww」

658 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:26:30.91 ID:mZWgJH20
第三戦 拳 対 金

拳 推して参る

K「なんか感じだけはいっちょ前やな。」

ときめき「むかつくくらい男前っすね。」


開  始!!!!

拳「っ!!!」  ぐるんっ!!

金「!!!!!!」

K「おぉ!!」

動回し回転蹴り

金 不意をつかれながらも反応

拳 とっさにばっと飛び退く

K「(拳 寝技はないぞww)」

K「ええぞ拳!!」

659 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:38:41.90 ID:mZWgJH20
拳「っ・・・!!」 ぐっ しゅっ

金「っ!!!」 がっ しゅっ

K「(ペース掴んでるやないか!!) 拳もっとかき回せーーー!!」

拳「っ・・・!!!!」  だっ

金「!!!」

金 拳が前進中に右上段 ヒットポイントずれて拳左で受け止め突っ込む 金おっとっと

拳「!!!!」 ぐっ

K「(なんでまだ突っ込むねん!!)」

金 体勢後ろのまま拳を左手は背中に 右手は脇下にかける裏投げ(?)

ぐわっ  ばしーん!!!

王将「イッポンッ。」

K「技ありや!!!!」

王将「「おいおい。」」

K「「こりゃ柔道じゃない。 今のでは試合は終わらん。」」

王将「「分かったよww」」   

660 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:43:38.01 ID:mZWgJH20
続行

K「タイムーーーー!!!」  ばっ

王将「(^^;」

K「拳来い!!」

拳「・・・・。」 たったっ

K「ええか。 変則的にいけ。 まともやろうとすんな。」

拳「俺もそのつもりだったけどさ。 うまくいかねぇ。」

K「さすがに息あがってないな。 撃墜されてもええからバンバン飛んでけ。」

拳「無茶苦茶言うなよww」

K「投げようとか考えんなよ。」

拳「わかってるよんなもん。」


664 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 22:59:48.18 ID:mZWgJH20
続行

拳「・・・・・・・。」 ずっ・・

金「・・・・・・・。」 くっ

金仕掛ける 拳 防戦

金「っ!!!」  しゅっ がっ がっ

拳「っ・・・・!!」

K「・・・・・・。」

拳 不意に体勢低くして前に踏み込む

金 投げようとする

拳「っ!!!」 どんっ 押し出す

金「っ・・・!」

拳 横回転から飛ぶ ほぼ零距離

拳 そのまま金の後頭部目掛けてなんかよくわからんがジャンピング後ろ回し

金 目標を失ったのかまともに喰らう

金「っ・・・・!!」 膝つく

K「おっしゃあーーーーーーーー!!! 一本やろ!!!」

王将「「技ありだ。」」

K「ふざけんなーーーーーー!!!」




667 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:05:20.12 ID:mZWgJH20
ときめき「なんすか今の?」

K「んー やから視界から消えようとして前に出て横にまわったんやろ。」

ときめき「あの体勢から?」

K「まーありゃあいつやからできるんやけどな。ねらっとったんやろ。」

ときめき「すげー。」

K「もうあかんな。 奇襲失敗で勝ち目オワタwwww」



拳 1分半くらい粘ってあっさり腕極められて終了

669 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:09:33.69 ID:mZWgJH20
最終戦 ときめき 対 銀


日本最後の希望・ときめき    出 陣!!!






開始10秒で豪快に投げられる  終了

674 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:18:10.89 ID:mZWgJH20
K「「相当不利な条件だったみたいだなww」」

王将「「そうだろ? カラテルールはかなりのハンデだよ。」」

K「「だから投げばかり狙ってたのか。」」

王将「「やりにくい相手だから掴むしかなかったんだろう。」」

K「「まあ実力を思い知っただろう。 いい勉強には・・・なってないかもしれんがww」」

王将「「で どうする?」」

K「「なにがだ?」」

王将「「私とやるか?」」

K「「そう来ると思ってたよww」」

王将「「言っておくが見せ場をやる気はないからな?ww」」

K「「分かってるよ。」」

677 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:23:27.13 ID:mZWgJH20
ててててて

K「ぼけー。 あほー。 なっさけなー。」

せせらぎ「ひでぇ・・・ww」

K「安心しろ仇はとってやるぞっ。」

ときめき「えっ Kちゃんやるんですか?」

K「王将となー。」

すがた「ふざけんな結局俺らKちゃんの引き立て役やんけww」

K「お 前 ら が 情けないからやろーがい!!!」

3人「(^^;」

K「おい しょぼくれてないで見本みせたるからよーみとけよ。」

拳「はい。」

K「(^^;」

678 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:28:51.78 ID:mZWgJH20
王将「「ルール変更だ。 寝技もありにしよう。」」

K「「いや なんでもありでいいぞ。」」

王将「「サミングや金的もかww?」」

K「「もちろん。 できるもんならな。」」

王将「「いいんだな?」」

K「「お前が普段のマーシャルアーツで来なければやる意味はない。」」

王将「「お互い怪我のないようにしたいもんだww」」

K「「そうだな。」」

680 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:40:16.18 ID:mZWgJH20
エキシビジョンマッチ  K 対 王将


開   始  !!


王将「っ!!!」 ぐっ 

K「しょっ!!!」  いきなり右ハイ

王将ガード K構わず捻じ込む

ゴリィ!!!!

王将「っ・・・・・!!!」 

一瞬動きが止まる

K 右足が降りると同時にもう一度右ハイ

王将「っ!!!」 負傷した手でもう一度ガード

K「(にょほっ)」 とみせかけて脇腹へ

ボズゥ!!!

王将 沈む



K「見本になったか?」

すがた「あんなもん真似できるかアホww」 



682 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:51:04.07 ID:mZWgJH20
K「「もう大丈夫か?」」

王将「「ああ・・・・。 冗談じゃないww 私が馬鹿だったww」」

K「「俺はテコンドー並みの連射で渾身の蹴りが出せるからな。」」

王将「「一体どうなってるんだww」」

K「「まあでも一矢報いたな。 心遣い感謝する。」」

王将「「心遣いのつもりはなかったんだが・・・ww」」

K「「腕は大丈夫か?」」

王将「「折れてはいなさそうだ。 ひびくらいは入ったかな・・・ww」」

K「「悪い事をしたな。 できれば軽く投げて終わらせたかったが

    実際向かい合ってみるとそうそう簡単にはいかないと思った。」」

王将「「私が望んだからなww しばらく仕事も落ち着いてるんで大丈夫だ。」」

K「「よし。 じゃあ次は飛車だな。」」

飛車「「俺はゴメンだね。」」

K「(^^;」

684 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:54:55.60 ID:mZWgJH20
あかんwwwwww 

4人のはもっと盛り上がったんだけど文字じゃ伝わらんな



685 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/17(日) 23:55:31.18 ID:mZWgJH20
ちょうど12時だーい

いってきまー

692 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/18(月) 09:47:36.74 ID:hD6xJoQ0
まだ金曜 ときめき等 解散後

K「惜しかったなぁ。」

拳「そーかな。」

K「お前が一番ええ勝負してたやないか。」

拳「あれKさんがやった人が一番すごい人なんだろ?」

K「すごいというか・・ もう40近いからちょっと老いてきてたんちゃうかww」

拳「Kさんだったらさ、他の4人とやっても楽勝なの?」

K「4人いっぺんにかかって来ても勝てるね。」

拳「マジか・・・・・。」

K「ごめん 俺 なんでこんな嘘ついてんやろww」

拳「嘘かよww」

K「王将かてあれ不意付いただけで警戒されてたら苦戦してるで。」

拳「そっか。 でもやべーな 俺あんなのに実戦で勝てる気しねぇ・・・・ww」

K「ありゃ 試合前とはうってかわってカッコ悪いやないかww」

拳「(ーー;」

K「実戦であんな化けモン相手にするような事はまずないと思うぞww しやからええやんww」

拳「よくねぇ。」

K「ええけど お前また無茶な訓練しまくんなよ~?」