第10部 ~しんじん と D~



487 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/25 03:40:35 ID:0c5PP/H3
ワー ワー

K「もうええ!! お前 退路 で 壁しとけ!!」

しんじん「え・・・・・・・・」

K「はよ 行け!!」

しんじん「はい!!」 タタタタ

K「あ~」 ごすっ K「めっちゃ」 ばすっ K「うごきや」 ばすっ K「すい」 ぼき

~~~~~~~~~~~~~~~

K「M 終わったぞ 連絡しとけ」

M「了解です」

K「しんじん しばらく そこに おれ」

しんじん「すいません・・・・。」

K「謝るんは 帰ってからにせえ」

しんじん「・・・・・・。」


512 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/26 08:14:05 ID:YHrryW7C
その闘志たるや、ゲレンデが溶けるほど まで読んだ


513 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 06/11/26 08:31:09 ID:nNQsZBTx
 >>512
奇遇だな、某も同じところまで読んだのだが
そちとは初めて会った気がせぬわ

名は、何と申す?


518 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/26 21:04:23 ID:YHrryW7C
 >>513 あ ごめん シカトしちょったw


519 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/26 21:13:53 ID:YHrryW7C
しんじん「あの・・・」

K「・・・・ふぅ~~~。 どした」

しんじん「すいません・・・・。」

K「気にすんな 始めはこんなもんや」

しんじん「すいません・・・・。」

K「あのなあ いつまでも辛気臭い顔すんな 鬱陶しい」

しんじん「あ はい」

K「そうやな しばらく 他の奴と やってみい」

しんじん「え クビ ですか・・・?」

K「ちゃうわw お前も 我 が強いタイプやからな 俺は 単独型 やから 

  教えるのは 向いてないからな。 特に 駆け出しの奴は。」

しんじん「え じゃあ なんで 最初 組んだんですか」

K「まあな ちょっと 買い被ってたん かもな」

しんじん「・・・・・。」

K「悔しいやろ。 ほんなら 見返してみろ」


522 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/26 21:42:44 ID:YHrryW7C
D「オイ」

K「なんじゃい」

D「オマエノトコ ノ ヤツ オレノトコ キタデ」

K「わははw アイツ何しとんねんww」

D「マア ムリ ッテ イッパツデ コトワッタケドナ」

K「そりゃそうやろ」

D「アツクルシイ オトコヤナア」

K「悪い奴では ないわ」

D「ソレハ ワカルケド オマエ アイツ ト F カサネンナヨ」

K「・・・・・。 アホか。 あいつとは だいぶちがうわ。」


523 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/26 21:57:28 ID:YHrryW7C
K「すまんすまん あいつはダメや。 一人でいつも 動いてるから」

しんじん「そうなんですか。」

K「あいつ うちの 誰とも組んだ事 ないねん。 あいつの 下につくのは あきらめい。」

しんじん「Kちゃんも 組んだ事ないんですか?」

K「俺は 一回だけ あったな。 まあ あいつは 別もんやと おもっとったほうが ええわ。」

しんじん「でも Kちゃんと D 以外 考えられないんですけど・・・」

K「(呼び捨てw) んー。 でもなあ 俺もアイツも 教育する タイプではないからなあ」

M「いいじゃないですかー。 3人で やっていけば。」

しんじん「M!(下の名前)」

M 「気持ち悪い!!w」

K「まあ ええか・・・・・。 しゃあないな。 死ぬなよ。」

M「Kちゃん やさしい~」

K「知ってる 知ってる」


525 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/26 22:00:10 ID:YHrryW7C
第10部 ~しんじん と D~  おわり

第11部 ~ワンマンチームの苦悩~ に 続く