上京物語 第3部前編 ~池袋ウエストゲートパーク~


342 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/02(月) 15:48:08.28 ID:/1AdbEQ0
第3部

K「(いきなり服買うとは。 もっとお金置いてきてもよかったかな。)

K「あ。(求人情報誌 買うか。 住宅情報誌もやな。)」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

駅前

K「(お~・・。 やっぱり 時給高いなあ。 こっちは。)」

ぺら ぺら

おじん「ねえ。」

K「?? はい。」

おじん「仕事探してんの?」

K「えーまあ。」

おじん「お姉ちゃんとか好き?」

K「僕長男です。」

おじん「つまんないよww 若い女の子とか好き?」

K「おじさんは?」

おじん「おじさんは好きだよww」

K「気持ち悪w」

おじん「ひどいなww お兄ちゃん いくつ?」

K「15歳です。」

おじん「嘘ついちゃダメだよww」

K「じゃあ18にしとく。」

おじん「なんだそれww」


344 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/02(月) 15:56:04.50 ID:/1AdbEQ0
おじん「女の子に声かける仕事なんだけど やってみない?」

K「声掛ける? それから?」

おじん「こういうお店どうですかって 美容とかフォト撮影とか そういう店なんだけど」

K「怪しいなあww」

おじん「いや あやしくないよ!ww スカウトとかじゃ全然ないからww」

K「スカウト?」

おじん「知らない?」

K「さっぱり。 田舎もんやから。」

おじん「そうなの? 結構おしゃれなのに。」

K「おしゃれなんじゃなくて何着ても似合ってしまうというか」

おじん「自信家だなww」


346 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/02(月) 16:07:45.36 ID:/1AdbEQ0
K「ふんふん。 じゃあ ちょっとどんな風にするか見してください。」

おじん「いいよ~。 とりあえずこれ渡して声かけるの。」

K「へ~。 行ってらっしゃい」



じーーーー・・・・・・・

じーーーーーーーー・・・・・

K「・・・・・・・・わははww」


すたすた おじん「こんな感じ?」

K「全員にシカトされてたやないかww」

おじん「いや お兄ちゃんなら 結構足止めてくれると思うよ。 若いし。」

K「そうなんや。 やらんけど。」

おじん「やんないのかよww 結構儲かるんだけどなあ。」

K「あ そんなことより 東京でチーマーが多いとこってどこなんですかね?」

おじん「チーマーになりたいの?駄目だよ18にもなって。」

K「いやそうじゃなくて 探してるやつがいるんですよ。

おじん「んー 渋谷・・・? いや 池袋かな 今は」

K「ほうほう。 近いですかね。」

おじん「結構近いよ。 そこの駅から・・・」


348 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/02(月) 16:14:29.45 ID:/1AdbEQ0
K「すいません ありがとうございました。 やりたくなったらまた声掛けますんでww」

おじん「はいはい。 気つけなよ。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

K「(ホンマに近い。歩いてきてもよかったな。)」

K「(あ、 パラパラとかいうやつやってる。 恥ずかしくないんかな)」

じーーーーー・・・・・・。

K「(いかんいかん)」 すたすた

K「お。 (ああいうやつらチーマーっぽいな。)」

すたすた


349 名前:以下、名無しにかわりましてパー速トップ絵募集中 投稿日:2007/04/02(月) 16:15:54.47 ID:jBclBYMo
いきなり服買った人は誰かな?

Kだとすると金置いてきても~が変だし
おかーちゃんがいきなり服買うのに使っちゃうとも思えんし
Fにはまだ金置いてくるどころか会ってもないんだよな


350 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/02(月) 16:18:25.74 ID:/1AdbEQ0
 >>349 Kです

いきなり服買うとか贅沢するんならもっと金置いてきて強制節約でもよかったなと

わかりにくくてごめんなさい


時間切れ つづく


355 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/04(水) 00:02:39.26 ID:4b4/5w.0
つづき

すたすた K「あのー」

ミド「?? なに?」

K「今日 ここらへんで 揉め事 あるんですか?」

ファド「あはは なんだこいつww」

ミド「いや しらねーよww」

K「ん そりゃそうか。 ごめん。」

レッシー「なんで?」

K「いや 人探してるんですけど。」

そら夫「・・・・・・・。」

K「(なんやあいつ ごっつ怖い)」

ミド「知り合い が 揉め事に巻き込まれそーとか?」

K「んー というか そいつはチームの頭らしくて」

ファド「なんだそりゃ。 下の名前は?」

K「F(下の名前) だったかな。」

ファド「んーー・・・ 知ってる?」

レッシー「いや」

そら夫「で お前はなんなの」

K「え」

そら夫「どーしてーんだよ」

K「ん そういえば どうしたいんやろ。」

そら夫「なんだこいつ。 関西人か?」

K「はい。」


357 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/04(水) 00:17:36.75 ID:4b4/5w.0
ミド「んーなんか よくわかんねー知り合いだな」

K「こっちで唯一の知り合いやし、 手助けでもできるかなと思って」

ミド「えー ほっとけよ。 首突っ込んでもロクな事なさそーじゃん」

K「暇なんすよー。」

ファド「一人増えたとこであんまかわんねーだろ。 意味ねーて。」

K「というか そいつが池袋かどうかもわからへんねやけどね」

ミド「馬鹿じゃんww 見つかるわけねーよww そいつ携帯もってねーの?」

K「持ってるけど 来るなっつって教えてくれへん」

ミド「じゃあ 行くなよww」

K「んー・・・・。 まあええか・・・。 ありがとうございました。」

そら夫「おい ちょっと。」

K「ん?」

そら夫「話し相手なってやったんだから 小遣いくらいくれよ。」

ミド「おい。 やめろよ。」

K「小遣い?」

ミド「わりーな いや 行っていーよ。」

そら夫「いや 金だせっつーの」

K「・・・なんや東京の人間はみんな金に困ってんのか?ww」

ファド「なにこいつ 余裕じゃんww」

そら夫「おい ちょっとこっち来いよ」

K「ん?」 スタスタ

そら夫「っっ」  しゅっ  蹴る

ばしっ K「あいでっ」

ミド「おいっ やめろ」


359 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/04(水) 00:26:30.44 ID:4b4/5w.0
K「なにすんねんな。 いった・・・。」 すりすり

そら夫「なんでこいつこんな余裕かましてんの。 ムカつくんだけど」

ミド「もー いいだろ。」

ファド「なんかそら夫イライラしすぎてんな最近ww」

K「ん。 イライラしてんのか。 そうか。 じゃあしゃあないな。」

K「!!!!」

レッシー「・・・・!!」 ぶん スカッ

K「(なんでこいつがww)え? え? なに?」

ミド「おい なにしてんだよ やめろって」

レッシー「すげーww 避けたぞこいつww」

K「???? なんやこいつらww」


360 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/04(水) 00:35:56.59 ID:4b4/5w.0
ミド「もういいだろ。 何してんだお前ら。」 ぐいぐい 「お前ももう行けよ。」

K「なんか釈然とせえへんなあ…。」

そら夫「あ? なんか文句あんのか ああ?」 

レッシー「もーいいじゃんww 俺いいもん見れたよww」

ミド「早く行けって! そら夫も落ち着け」 ぐぐぐ

K「・・・ん。 なんかごめん。」

ミド「いいから行けよ!」

K「・・・・・うん。」 くる   スタスタ

たたたたたたたたたたたた

ミド「おい!!!」

K「!!!?」

そら夫「wwww」  飛び蹴り  

ぼごっ K「うごっ」  背中にモロ  ずでっ

そら夫「わははw」  

K「(このボケ~~~・・・・)」 ぐぐぐ


363 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/04(水) 01:07:35.82 ID:4b4/5w.0
たたたた ミド「なにやってんだよ。 やめろって言ってんだろうが。 おいコラ そら夫」

そら夫「ああ・・・・?」

K「??」

ミド「やめろっつったよなぁ。 俺。」

そら夫「・・・・なんだよ。」

ミド「ああ? 俺が行けっつってこいつ行かせたのに なに飛び蹴りかましてんだよ。」

そら夫「・・・・・・・。」

K「(なるほど こいつが一番偉いわけやな。 こいつは荒っぽいだけか。)」

K「いやいや いいよ。 俺も変なこと聞いて悪かったわ。」

ミド「ホント悪かったな。 気つけて行けよ。」

そら夫「田舎に帰れや バカが」

K「・・・・。」 くる 「ホンマいやなやつやなコイツ ごめん こいつだけはしばく 蹴られたし」

ミド「はあ?」

そら夫「マジ舐めやがって ぶっ[ピーーー]ぞ」

K「うっさいうっさい ホラ来いや ナッパ」

そら夫「だれがナッパだコラ」 


365 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/04/04(水) 01:12:53.40 ID:4b4/5w.0
3部 後編 ロート子供SOFT~ドラゴンケースに入れてね~

に つづく