中学生日記 第2部 ~Fとの出逢い~


142 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 13:34:54.25 ID:4HR65eU0
1年後

ウェイトレス「オーダー はいりまーす」

チーフ「あいよー」

わをん改めK「手伝います。」

チーフ「うおっ。 もう洗いもん 片付いたんか。」

K「はい。」

~~~~~~~~~~~~~~~~

チーフ「お前 ほんま仕事早いなぁ。ちょっと雑な時あるけどww」

K「すいませんww」

チーフ「いやいやバイトはじめての割に要領ええわ。15,6にしては」

K「(意外とバレんもんやな)ありがとうございます。」

チーフ「来週から 週5やなあ。 いけるか?」

K「ほんまですか! お願いします。」


143 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 13:47:50.36 ID:4HR65eU0
せんせい「あ そうや。 お父さん あたしの財布にお金いれた?」

えんちょう「いや いれてへんで。」

せんせい「んー…?」

K「おかーちゃん 今日も遅なるから。」

せんせい「またかいな。あんた 部活の助っ人でやるんならもう入ればええやないの。」

K「ええわ。 色んな部回りたいし。」

せんせい「勉強はちゃんとせなあかんで。」

K「やらへんでもできるからなぁ。ww」

せんせい「そんなんゆーてる子が高校に入った途端でけへんくなんねん。」

K「らしいなあ。」

K「……。(おかーちゃん ごめん)」


145 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 14:02:21.77 ID:4HR65eU0
K「おつかれさまでーす。」

バイト「なーなー。」

K「ん?」

バイト「夏休み 東京いかへん?」

K「なにしに?」

バイト「遊びににきまっとるやろww」

K「ええわ。 金ないし。」

バイト「なんでやねん!ww お前 シフト入りまくってるやんけ!」

K「そんなんいわれても ないもんはないねん。」

バイト「なんやそれー…。」

K「(たまには ええか…。) いや やっぱいこっかな。」

バイト「マジか! ほんじゃ バイト2 も いくから 26 27 あけとけよ!」

K「泊まりかい!! 店大丈夫かな…。」


147 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 14:17:10.76 ID:4HR65eU0
K「なあ 夏休み 東京いってきてかまへん?」

せんせい「なんやの急に。 小遣いそんなにあげられへんわ。」

K「いや えーと 友達の親の車でいくから 金いらんよ。」

せんせい「そんなんゆーてもなんかしらお金いるやろ? 2万 くらいなら

おかーちゃん なんとかするから。」

K「いらんて。 もらいだしてから小遣い全然使ってへんし。」

せんせい「なんやのあんたコツコツ1000円貯めててんかww 」

K「使わへんもん。 やからいらんよ。」

せんせい「気ーつけて行ってくんねんで。」

K「お土産 買ってくるからな。」


148 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 14:23:36.24 ID:4HR65eU0
給料日

K「(こんだけいれたらさすがにばれるな…。 これと…これが貯金で…

おお。3万も余った。)

26日

がやがや

K「人 おおすぎやろww」

バイト2「あほー 大阪のミナミとか アメ村 も こんなもんやで」

K「ほんまかいな。…すごいなあ。」 


149 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 14:36:13.08 ID:4HR65eU0
夜  ゲームセンター

バイト「お前 せえへんの?」

K「いや わからんし 下手くそやろしなあ。」

バイト2「暇やろー?」

K「あ、そーや。 クレーンゲームしてくる。」

~~~~~~~~~~~~~~~
30分後

K「?? (あいつら おらんぞ??)」

K「(外かな)」 すたすた うぃーん 「(おった!)」

K「(?? 誰とおんねやろ…?」

たたたた


153 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 14:50:00.88 ID:4HR65eU0
K「なにしてんのん?」

ちーまら「?  友達?」

バイト「あ はい。」

ちーまら「お前 いくらもってんの?」

K「???2万くらい。」

ちーまら「全部くれよ。」

K「あ、かつあげ か。(東京でも あんねやなあ)」

ちーまら「かつあげか!ってwwwwまーいいや くれよ」

K「こいつらから もう取ったんかいな。」

くわっ ちーまら「んなこと 関係ねーだろ! はやくしろや!」

K「うおっ びっくりした~…。 金返したりいや かわいそーに」

ちーまら「マジ なめてんのか ちょっと向こう来いや」 ぐいっ

K「え え 」


155 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 15:07:18.50 ID:4HR65eU0
K「(あいつら にげたんかな…。 薄情もんめ。)」

ちーまら2「どした?」

K「(も 一人 おんのかい!ww 行ってないやろけど 高校生くらいやんなあ…。 大丈夫かな)」

ちーまら「いや こいつ 金ださねーよ」

ちーまら2「ちょっと みるだけだし 財布みしてよ。」

K「アホww 誰がみせるか!ww」

くわっ ちーまら2「なんだコラ!ケンカすんのかコラ!」

K「(パターン一緒やなあ。) えー。 ケンカも いややあ。」

ちーまら2「金だすか 俺とタイマンはるか どっちか選べや」

K「!? え 1対1 で ええの?」

ちーまら2「えっ」 


156 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 15:17:11.35 ID:4HR65eU0
K「なんやぁ。 東京のヤンキー意外と男らしいやん!」

ちーまら2「マジでやんのか コラ」

K「そりゃ やるやろ。」

ちーまら2「道具あり だからな。」
K「なんじゃそら! んまぁ ええわ。」

ちーまら2「どっちか 死ぬまで やっからな」

K「あーあー そんなんゆうても びびらんから。

タクシーのおっさん ごっつみてるけど ここでかまんの?」

ちーまら「あははww こいつ強いわww」

ちーまら2「…………。」 


157 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 15:25:07.94 ID:4HR65eU0
K「……………え?」

ちーまら2「か 肩……。肩が!」

K「肩が! じゃないわww よっわぁぁ~……。」

ちーまら「………。」 オロオロ

K「自分もやんの?」

ちーまら「え いや……」

K「ジュース飲む?」

ちーまら「えっ」

K「ジュースくらいなら おごったるわ。 待っといてなっ。」 たたたた


159 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 15:41:06.85 ID:4HR65eU0
K「肩 大丈夫か?」

ちーまら2「ああ。 うん。 まあもともと 怪我してたし…。」

K「言い訳すんなww」

ちーまら2「……。」

ぴろろろろろ

ちーまら「もしもし」

K「(うおお。 携帯電話や!)」

ちーまら「うん うん 今○○の駐車場。 わかった。」 ぴ

K「ちょっ。 なんやお前ら金持ちやんけ! 見して。電話みして。」

ちーまら「いや いまから 連れ くんだけど…。」

K「あ ごめん 邪魔かな」

ちーまら「いや いいけど 結構おっかねー奴だし…。」

K「えーよ。 どーせ俺のツレどっかいったし。 なあ電話みしてよ。」


160 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 16:01:02.77 ID:4HR65eU0
おとこまえ「おう。」

ちーまら「おつかれ。」

おとこまえ「?? 誰 こいつ?」

ちーまら「いや なんつーか…」

K「ごめん 自分の友達なぐってもーたww」

おとこまえ「はあ? どーゆーことよ?」

K「いや かつあげ されそうになってさあ。」

おとこまえ「………。」

K「つーか 自分でかいなあって… え?」

ぼごおっ!! ちーまら「ぶごっ!!」

おとこまえ「おらああああああああ!!」

ぼがっ ばきっ おとこまえ「なにしてんだこら!!

なにしてんだこらあああああああああ!!!」

ちーまら1 2「えっ…ちょ… ごめん! ごめん!」

K「ちょっ……! やめてやれって! やめろて!

(え~……? なんやこの状況:: さすがデンジャラスタウントーキョー
おそろしや )」 


161 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/03/19(月) 16:02:58.66 ID:4HR65eU0
つづく