※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

ヴェネツィア市民のオススメ造船

 


 取得条件   :修理R3 戦闘Lv7 (イスタンブール・チュニス・カリカット海事ギルド)

 優遇職     :船大工(専門職につき+1)・武器商人・戦術家

 造船持ち副官 :イゴール(船大工/ヴェネツィア雇用)

           ヴァレリー(武器商人/リスボン・マルセイユ雇用)

           ヴィクトル(戦術家/セビリア雇用)

           ナザリオ(戦術家/リオデジャネイロ雇用)

 オススメ装備  :船大工ののこぎり(探索) 造船・工芸+1

 


 造船に国籍はあまり関係ありません。ヴェネツィア特有の利点は効率的な造船法である「ダウオンライン」が早々に開始できることくらいです。

 投資することにより造船可能になる船があるため、ヴェネツィア国籍のPCのみが造れる船も存在します。逆に他国本拠地・領地でのみ生産可能な投資専用船はヴェネツィア人には造船出来ないことになります。(亡命後投資し、再びヴェネツィア国籍に戻った場合などは別。いわゆる「造船亡命」)

 

 ・親方からの購入額の6割の値段で新造可能になる。

 ・Rが上がるごとに新造可能な船種が増え、船の材質も変更可能になる。

 ・造船に必要な日数分洋上で過ごすと船が完成し、どこの街の親方からでも受け取れ      る。

 ・造船スキルがR5になると、新造時に船の容量を(現在のR)%まで増減出来る。

 ・造船スキルがR5になると、自分が乗船可能な船の船室数、砲門数を変更出来る。

 ・船を買ったときと売ったときに貰える造船ロットが副収入になる。

 

 ・熟練度計算式 

8.5×(操船条件LV合計+造船日数)/(造船R+1)=獲得熟練度

 

 

□特殊造船□

 ・JB(ジョイントビルド)船と呼ばれる船を造る事が出来る。

 ・JB船の造船にはその船を造るのに必要な部品を集めなければならない。

 ・JB船は新造と強化があり、強化で☆が2つ以上になった船にはオプションスキルが付く。どのオプションスキルが付くかは船固定で決められており、プレイヤーは変更できない。

 ・どの船が強化できるか、どこの街で強化できるかは決められている。造船Rや街の発展度、投資状況によっては造船可能な街でも、条件を満たすまで船は見えない。

 ・JB船の部品の製作は縫製や工芸など他の生産スキルが必要なので、スキルを鍛えるか、バザーなどで入手する必要がある。

 

 

□専用艦建造□

 ・各国首都で可能な造船法。オリジナルシップビルド。

 ・勅命や納品などで手に入れた「国家貢献勲記」を200枚ため、元首官邸にいる「書記官」に手渡すと「専用艦建造許可証」を1枚もらえます。これが無いと専用艦造船は出来ません。オプションスキルによっては2~3枚必要です。

 ・自分の船に付けたいオプションスキルを一つ選べます。

 ・付けられるスキルは帆船かガレーか、投資しているか、どの街かなどで多少違います。

 ・オプションスキルを付けるには専用艦建造許可証、部品を集める必要があります。

 ・オプションスキルによって必要な造船スキルRは異なります。

 ・専用艦でオプションスキルが付いた船は☆が一つ増えた扱いになります(航行技術などの熟練がはいる)。

 

 


■R1~2

 ・R1ではベルガンティンがコストパフォーマンス的に、キャラベル級が熟練的に優れています。

 ・R2ではキャラック、ガレー系が良いでしょう。

 

■R3~9

 ・R3からダウが造船可能になります。ダウは非常に効率が良く、値段も安いためR9までこれで上げるのも良いです。「ダウオンライン」などとも呼ばれたりします。

 ・R4以降は商用キャラックやバスなどを造ってR9まで耐えます。

 ・R8でフリゲートが造船可能になります。これも効率が良いのでオススメ。

 

■R9~15

 ・R9からは東アフリカ以東に移動しサムブークの造船を開始します。R15までこのサムブークを造り続けます。

 ・R10以降造船可能船種はいくつかあるがコストパフォーマンスは良くない。ただ、高い船=ロットが多く貰えるのでダメという訳では無い。

 ・R15達成すれば大きな見返りが期待できます。それまでの長い長い(本当に長い)修行期間はきっと報われるはず・・・