※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


R・マリー・シェーファー 2006 (1986)

『世界の調律 ―― サウンドスケープとはなにか』

鳥越けい子、小川博司、庄野泰子、田中直子、若尾裕訳、東京:平凡社。

R. Murray Schafer 1977 The Tuning of the World. Ontario: Arcana Editions.

Webcat Plus 図書情報1 / 2 | 所蔵図書館一覧1 / 2

目次

  • 序章
  • 第1部 最初のサウンドスケープ
    • 1. 自然のサウンドスケープ
    • 2. 生命の音
    • 3. 田舎のサウンドスケープ
    • 4. 町から都市へ
  • 第2部 産業革命後のサウンドスケープ
    • 5. 産業革命
    • 6. 電気革命
  • 間奏曲
    • 7. 音楽、サウンドスケープ、変容する知覚
  • 第3部 分析
    • 8. 表記
    • 9. 分類
    • 10. 知覚
    • 11. 形態学
    • 12. シンボリズム
    • 13. 騒音
  • 第4部 サウンドスケープ・デザインに向かって
    • 14. 聴く
    • 15. 音響共同体
    • 16. サウンドスケープのリズムとテンポ
    • 17. サウンドスケープ・デザイナー
    • 18. 響きの庭
    • 19. 沈黙
    • エピローグ 音楽をこえて