※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次回:6月30日(土)1400から東京芸大で


聴覚文化研究会

  • 月に一回程度、都内で研究会を開催しています。東京芸大などでしてます。
  • 現在の主な活動
    • メンバーの研究構想や論文草稿の検討と聴覚文化研究関連の読書会
    • 興味のある人はどうぞ参加してください。
    • お問い合わせは中川まで。

  • 読書会について







聴覚文化研究関連の文献リスト←作成中



研究会の活動履歴


  • 2012年5月27日@東京芸大
    • 読書会:The Oxford Handbook of Sound Studies
    • 担当:金子智太郎:Julia Kursell, "Ch.7. A Grey Box: The Phonograph in Laboratory Experiments and Field Work, 1900-1920.""


  • 2012年4月29日@東京芸大
    • 読書会:The Oxford Handbook of Sound Studies
      • 担当:瀬野豪志:Mara Mills, "Ch. 13. Do Signals Have Politics? Inscribing Abilities in Cochlear Implants."


  • 2012年3月25日@東京芸大
    • 読書会:The Oxford Handbook of Sound Studies


  • 2012年2月19日@東京芸大
    • 読書会:The Oxford Handbook of Sound Studies
      • 担当:中川克志:序文を読んで今後の活動計画を検討


  • 2011年10月30日@東大本郷
    • 今井晋「ポピュラー音楽におけるミュージシャンシップ ロック・バンドのスタジオ・リハーサルの相互行為分析から」
      • エスノメソドロジー的相互行為分析に基づくアプローチ

  • 2011年9月25日@東京芸大
    • 論文構想検討:金子智太郎「デヴィッド・ダンの屋外パフォーマンス」
      • 野鳥三部作などについて
    • フィールドワーク報告:辻本香子「香港の龍舞にみる音楽/芸能/スポーツ」
      • 都市の芸能とサウンドスケープをどうつなげるか

  • 2011年8月24日@東京芸大
    • 中川克志「クリスチャン・マークレイと音響メディア論」
      • 音楽家で視覚芸術家(サウンド・アーティスト)としてのクリスチャン・マークレイ(マークレー)について
      • サウンド・アート研究と音響メディア論との接点の探索
    • 論文草稿検討:大嶌徹「日本のブートレッグ受容」

  • 2011年6月11日@東京芸大
    • 研究会メンバー有志で意見交換。

  • 2011年5月21日@東京芸大
    • 瀬野豪志「ベル電話研究所による音響技術デモンストレーションの歴史」
      • レオポルド・ストコフスキーとハーヴェイ・フレッチャーについて
      • 聴覚文化の歴史においてベル研のデモンストレーションはどのように位置づけられるか

  • 2011年4月19日@東大本郷
    • 原島大輔「コンピュータ音楽に媒介された相互作用とライヴ」


リンク

メーリングリスト、ブリーフケースなどがあります。

  • Audible Culture:中川克志のウェブサイト
  • 蘇音:瀬野豪志が参加する、「音」や「歴史」に関心がある人々が集まり、自分でコンテンツを制作し、アーカイブを構築する(?プロジェクト?)
  • 谷口文和:プロフィール
  • 金子智太郎:プロフィール