「アーカード」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある晴れた夏の日の麻帆良学園、学園長室。

いつもと全く同じに見えるこの場所に、しかし明らかに異質な"それ"は居た。

「よく来てくれたのう。」
学園長が机の前に立つ"それ"に言う。
「元はと言えばこちらの不始末だ……………
それに、以前標的の足止めをしてくれた時の借りもある。まとめて返すのには丁度良い。」

"それ"は長髪の青年の姿をしていた。
しかし、この真夏の晴れた日に血のような真紅のロングコート、同色の帽子にサングラスという異様な服装。
極めつけはこの傍若無人な態度。
ここに他の人間が居ればこの態度を先ずたしなめたであろう。

「あれは偶然じゃったんじゃがのう。
まぁともかく、依頼を請けてくれた事に礼を言わせて貰おうかの。」
「状況を確認しよう。依頼内容はこの学園内に侵入した"標的"の殲滅、及び"標的"からの生徒防衛。」
「うむ。」
「"標的"の数は6、侵入してから約二日経過、今の所学園内での被害はなし。」
「そうじゃ。」
「しかし学園周辺では行方不明者が続出、また、付近の病院は輸血用血液パックの盗難にあっている。これで全てだな。」
「いかにも。貴方についての最低限の事は教師たちに教えてあります。
では、お願いしますぞ伯爵。それと、学園内での案内をする者を呼んで置いたので、その者と行動を共にしてもらいたい。」
「アーカードでいい。案内?」

『コンコン』

学園長室のドアをノックする音が響く。
「来たのう。入りなさい。」
「失礼します。」
『ガチャ』
そこに居たのは………少年。

赤みがかった髪に、メガネを掛け、スーツを着ている。
「はじめまして、ネギ・スプリングフィールドと申します。」
「このネギ先生に、学園内の案内及び任務の補佐を任せてある。先程も言ったが、基本的にはこのネギ先生と行動を共にして欲しい。」
「アーカードさん、よろしくお願いします!」
ペコッ、と頭を下げるネギを見てアーカードは
「成程。かのサウザンドマスターの息子か。確かにいい物を持っている。」
「父さんを知っているんですか!?」
ネギが驚いた様子で問う。
「風の噂で、な。面識は無いが。」
「そうですか………」
アーカードの返答を聞くや、先程とは一転してしゅんとしてしまった。

「…………では、ネギ先生。アーカード殿の補佐をお願いしますぞ。」
「! は、はい!」


学園長室を出て数分。アーカードがネギに問いかける。
「ここには『闇の福音』が居るそうだなネギ先生?」
「?……あぁ、師匠のことですね。」
「彼女に師事しているのか?」
「はい、魔法について教えて貰っています。

「それは運が良いな。彼女は私を何度か殺せる程の使い手だ。さぞかし上達も早いだろう。」
「はい!それはもう…………え゙!?こ、殺……!?」
「手始めに彼女の所に行こうか。情報が手にはいるかも知れん。」
「は、はい………」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。