第七話「アナザーディケイド」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 第七話「アナザーディケイド」

修学旅行4日目、」3-Aの生徒達は自由行動をとっていた。
しかし、士はぐったりしていた。
「昨日はえらいめにあった。オルフェノクは出るわ、生徒は騒ぐわ、この世界は如何なっているんだ。」
「士先生、ちょっといいですか?」
「何だネギ先生。」
2人は少し人のいない場所に行った。

「士先生、士先生は仮面ライダーなのですか?」
「海東の野郎、なんか吹き込みやがったな。」
「本当なんですね。」
「ああ。だが記憶を失っていて、何も分からないがな。」
「だったら、世界の破壊者でもあるんですね。」
その時、生徒の悲鳴が聞こえた。
「キャーーーーーーー!」
「なんですか!?」
地上には、銀色のライダーがいる。
「見つけたぞ。ディケイド。」
「仮面ライダー!?」
「違う。シャードームーンか。」
士が変身しようとすると、どこからか音声が聞こえてきた。
「ファイナルアタックライドゥ・アアアアナザー!」
音声が終わると、シャドームーンに向かって扉ぐらい大きな光のカードが横向きで10枚並んだ。
ビルの上から何かが飛ぶと、光のカードを通り、シャドームーンとぶつかり爆発した。

爆煙の中から、ライダーが変身をとく。ライダー時の姿は、ディケイドと似ていた。
「シャドームーンも持っていなかったか。」
男は独り言を言う。
「お前は誰だ!なぜディケイドに変身できる!」
「俺の名は赤羽龍牙。ディケイドになってしまったおと・・・グハッ!」
龍牙は血を吐き、倒れる。
「大丈夫ですか!」
ネギが近寄る。
「俺は変身するごとに体を蝕まれていく・・・」
「という事は、まさか!」
「変身するたびに命を削るという事だ・・・そして、俺はディケイドじゃない。不完全な存在、アナザーディケイドだ。」
龍牙はそういうと、どこかへ行った。
突然海東だ出てきて、龍牙を追う。
「海東!テメエ、見てたのかよ!」
「今は君たちに構う暇が無いんでね!」
海東は龍牙を追い消えた。
「あいつなら大丈夫だろ。ネギ先生、俺らも帰るぞ。」

海東は龍牙と話している。
「キミは何を探しているんだい?お宝だったら僕が貰うけど。」
「宝じゃない。1つは「リョウメンスクナノカミ」という危険なものが封印された場所のありか。もう1つは・・・」
「もう1つは?」
「俺の、俺がこの力を手に入れる前の記憶だ。」
「!?」
海東も驚いた。
「質問は答えた。じゃあな。」
「まて!」
海東が止めようとするともうそこに龍牙はいなかった。

夜、士は龍牙の事を気になっていた。
「なんだったんだ。あいつは。」
「彼は士と同じく記憶をなくしているらしいよ。」
「海東!いつの間に!」
「彼は「リョウメンスクナノカミ」といった。士は知ってる?」
「いや。だが、龍牙と俺は同じ世界の人間かもしれないな。」
その事を小太郎が聞いていた。
「なんやと。俺以外に「リョウメンスクナノカミ」の事を知っているなんて。あやしいわ。」
そうすると、小太郎はどこかへ消えた。

謎の場所、小太郎はここに来た
「カブキのにーちゃん、龍牙って人、「リョウメンスクナノカミ」の事を知っていて、しかもライダーらしいで!」
「へえ。なら少し気をつけとくか。」

旅館
ネギと士がいる。
「今日で最後か、修学旅行は。残念だな~。」
「いいじゃねえか。別に。」
そうして4日目は終わった。

おまけ1 「イクサの生活」
イクサ「俺のが自由になった時何をしていたか教えよう。」
    観光→アルバイト→就寝→起床→観光→グッズを買う→ディエンドに消される
士「こんな感じだったようだな」

おまけ 3年A組!仮面ライダー先生! 三時限目!

士「今日はワームの生態についての勉強です。」
円「理科じゃねーか!!!」
士「ワームは人間に擬態する事ができます。グリラスワーム(幼虫)よろしく。」
グリラス「ジュクジュクジュク・・・」
のどか「私がまえにいる!」
wのどか「というように俺達ワームはこうして人間社会に溶け込んでいます。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。