『嵐』その⑥


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ―――もし、自分の住む街に、人知を超えた秘密結社が存在して、
 何人もの住人が行方不明になっているという事実(こと)を、
 何かで知ってしまったら、あなた方ならどうするか?


  『逃げる』か?

 ……それは正解ではない。でも、間違いではない。
 自分の命を大事にする精神は大切だ。


  『怯える』か?

  ……これだって正解ではない。しかし、間違いともいえない。
 絶対的な恐怖を前にしたとき、誰だって人間はブルっちまうだろう。


 あるいは……

 『知らんぷり』をするか?

 ……これもやはり正解ではない。だが、やはり間違いのはずもない。
 自分の勝手知ったる日常生活にしずまるというのも大切だろう。

―――しかし、彼らは違った。

 人知を超えた秘密結社、それとは違う。だが同じく、人知の及ばない『悪』に――
 彼らは『黄金の精神』を持って――

 ―――『立ち向かって』いったのだ。


 ――そして、ここでもまたひとり―――


 彼は『ジョースターの血統』でも、ともに戦った訳でもない。
 ほんの十数時間、道であって会話しただけだ。 しかし、だが彼にも『黄金の精神』は宿っていた。

 ――あるいは生まれもった勇敢さか、生きる上でこびりついた『対応』か

 どれにしても彼はそれに『立ち向かう』ために、『嵐』に身を晒した。


       ジョジョの奇妙なネギま!
                   『嵐』その⑥

       ――――――――――――――――――

 吹きつける強い風と雨の中に僕は身を出した。
 もう恐れはない。  ……いや、やっぱり少し恐いな。
 でも、『立ち向かう』って決めたんだ。

 目の前の奴は、これまでの人たちより、恐くて、気味が悪くて、つかめない。
 でも―――戦う。

 僕はエヴァンジェリンさん達に助けてもらった。
 ――あれは、僕を守るために起きたこと。

 でも、茶々丸さんが目の前で殺された。
エヴァンジェリンさんだって痛めつけられた。

 僕を守ることなんかのために、2人にはこうなってほしくなかった。

 明日菜さんが、僕を守らせてって言った。

 でも、ごめんなさい。
 その代わり後できちんと話します。

 だから、僕1人で―――



「……師匠、大丈夫、ですか……」
「すまんな……ぼーや。……この様だ。
 さっさと逃げるがいい、なに、直ぐに追いつく」
「……師匠、2分我慢して下さい。……そうしたら木乃香さん達を呼びます」

 言い切り、ローブを体にかけると、目の前の敵へと拳を向ける。
 傷の具合が良くない。あれじゃあ2分も待たせられない。速めにカタをつけなくては―――



「――ラス・テル・マ・スキル・マギステル」
             「来たれ雷精、風の精!!」
    「雷を纏いて、吹きすさべ南洋の風」

 ――唱えるは始動キー、そして手にある最強の呪文
 それは標的を薙払う雷を纏った破壊の風の暴力。

 「雷の暴風!!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。