ネオ

名前 ネオ
性別 不明
所属
初出 335話
声優
年齢 不明
血液型 不明
誕生日 不明
身長 不明
体重 不明
視力 不明
足のサイズ 不明


概要

アカシアの中に潜む「」のグルメ細胞の悪魔
無尽蔵の食欲を持つ究極の捕食生物であり、無表情の不気味な顔とぶつぶつが連なったような体が特徴。

生物の旨味が最も吹き出すのは「死ぬ時」であると認識しており、獲物に死の絶望を与えてから喰うことを好む。
ネオに食われた細胞はエネルギー保存の法則を無視して完全にこの世から消滅するため、何度でも復活できるグルメ細胞の悪魔でさえ二度と復活できなくなる。

通常のグルメ細胞の悪魔はフルコースの食材によって蘇る部位が決まっているが、
彼の場合は強力で複雑な食欲を持つため復活する部位は予測不可能で、完全復活にも通常より大量のフルコースが必要となる。

戦闘力

すべてを飲み込む漆黒の食欲を持ち、猛烈な天変地異や食運などのエネルギーでも何でも食べてしまう。
GODを食べて復活を果たした後は地球の王者たる八王をまるで寄せ付けないほどの完全無欠の実力を誇り、トリコが推定した捕獲レベルは22000。

また、肉片の一部を分身体として分離させることができる。
分身体は小柄ながらも捕獲レベル4000台の猛獣を何百匹も倒せるほどの驚異的な戦闘力と、相手に応じて瞬時に形態を変える高い知能を持つ。

恐怖や絶望と対極の位置にある「怒り」が唯一の苦手な味で、怒りのみの攻撃を弱点とする。

来歴

50億年前は青い宇宙ブルーニトロが管理する益獣の中に紛れ込んでいた。
小柄でノロマでろくに搾取できなかったため「使えない魔物」とあざ笑われていたが、ニトロに置いて行かれ監視の目から外れたことでタガが外れ、
直径14万キロの惑星を一ヶ月で食い尽くし、数百万もの肥沃な星を次々と死に追いやる悪魔へと変貌する。

その後、作中の舞台である赤い宇宙に現れ数々の星を滅亡に追いやるも、
超新星爆発に巻き込まれたり、ドン・スライムなどの優秀な戦闘種族に敗れるなど、数億年に一度は死亡して姿を消している。

本編開始の500年ほど前、地球でアカシアの中に潜んでいるのをブルーニトロたちが発見。
最果ての厨房でブルーニトロたちに復活の調理を施されており、アカシアと一体化した異形の姿になっている。

その後、エリア2での最終決戦でトリコから怒りのフルコースを食らって敗北し、今まで食べた食材を全て吐き出した。

最終決戦後はすっかり大人しくなり、正装でトリコの結婚式に参列していた。

分身体

各大陸に散らばるアカシアのフルコースを確保するため、ネオが放った8体の分身体。
八王次郎の前にあっけなく敗れ去る。



関連項目