※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

12・4黒い彗星★救援会1・23報告集会記念
4・24阪神教育闘争63周年記念

文献リスト

(漸次更新します。私の視野は狭いので皆さんからの捕捉を御願いします。by pippo)


【WEB】

●民団ニュース「阪神教育闘争の物証 米公文書館にあった」
http://www.mindan.org/sidemenu/sm_hundred_14.php
●民族教育ネットワーク
http://www.ne.jp/asahi/m-kyouiku/net/
●同上「阪神教育闘争50周年集会の記録」
http://www.ne.jp/asahi/m-kyouiku/net/50syuunen.htm
●同上「資料」
http://www.ne.jp/asahi/m-kyouiku/net/siryou.htm
●阪神教育闘争50周年記念神戸集会実行委員会
http://www.ksyc.jp/424.html
●「地域社会における在日朝鮮人とGHQ」
和光大学総合文化研究所年報『東西南北』別冊01
http://www.wako.ac.jp/souken/touzai_b01/tz_b01.html
●在特会デマビラ「朝鮮進駐軍」(川東大了くん作成)
(1)http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53127274&comment_count=975&comm_id=3323304
(2)http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53418175&comm_id=3323304
●『朝鮮進駐軍』の話(1)~(8)iza
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/1695973/
●Wikipedia「阪神教育事件」
……標題が「事件」とあるように、警察・公安文献にもとづくと思われる現象面だけの記述。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E6%95%99%E8%82%B2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

《付註》
戦後の在日による闘争を「凶悪事件」として描き出すために、Wikipediaには「xxxx事件」なる項目が氾濫している。全国都道府県の「県警史」を総覧できる立場の者による、と思われる。
カラー写真も豊富で当時としては超贅沢で、在特や主権のシュプレヒコールかと思う見出しが躍る月刊雑誌、
●『警察時報』警察時報社1946年発刊
これの最初10年間、とくに朝鮮戦争勃発以降のバックナンバーを見ると、戦後日本の警察がいかに政治結社化していったか実感できる。警察内昇進試験の受験対策誌といいながら、実質は反共イデオロギーのプロパガンダ雑誌であった。
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000006527/jpn
(現在もこの雑誌は続いているが地味な受験雑誌となっている。「平成」の今、心ならずも新宿ど真ん中デモの妨害に狩り出される若い機動隊員諸君は、一体どのような思想教育を受けているのだろうか?)



【映像】

●監督:荒井英郎、京極高英『朝鮮の子』1954/モノクロ/16mm/30分 
製作委員会:在日朝鮮人学校全国PTA連合会、在日朝鮮人教育者同盟、在日朝鮮映画人集団 
提供:朝鮮総聯映画製作所
山形国際ドキュメンタリー映画祭2005 
http://www.yidff.jp/2005/cat085/05c088.html
アムネスティ・フィルム・フェスティバル2011
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3287
朝鮮総聯映画製作所によるストリーミング配信
http://www.elufa.net/movie/chousenko.asf
●呉徳洙(オ・ドクス、監督)『戦後在日五〇年史 在日』1997/カラー/16mm/258分
企画:在日韓国青年商工人連合会、指紋カードをなくせ!1990年協議会、OH(オー)企画
http://www.cinematrix.jp/dds/2006/08/post_46.html
内容紹介:http://www.jlp.net/letter/980425e.html
上映問い合わせ先
映画「戦後在日五十年史」製作委員会
03―3485―2935


【出版物】

まず、この文献リストを参照してください

●阪神教育闘争50周年記念神戸集会実行委員会 「4・24教育闘争」に関する資料リスト(補遺)
http://www.ksyc.jp/424/list.html 


運動圏

●パンフレット『忘れまい 4・24 ―阪神教育闘争50周年記念誌― 』阪神教育闘争50周年記念神戸集会 実行委員会★★
……残部多少ありとのことTEL 078-851-2760 
http://www.ksyc.jp/424/pannhu.html
●民族教育と共生社会―阪神教育闘争50周年集会の記録 (東方ブックレット)
http://p.tl/Skrr
●「4・24を記録する会」編『4・24阪神教育闘争 : 民族教育を守った人々の記録』ブレ-ンセンタ-(1988.4)

★★『写真集 朝鮮解放1年』新幹社1994年復刻★★
Amazon:http://p.tl/KF4q 
……1946年9月民衆新聞社発行の写真画報を復刻し解説を加えたもの。「在日本朝鮮人連盟」の草創期、朝鮮学校の建学期の写真あり。
●『画報現代史1945-1954』1~5 日本図書センター2000年、国際文化情報社昭和29年刊の複製
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000002864130/jpn
Amazon:http://p.tl/0cxS
……激動の時代戦後10年の一区切り、日本近代史研究会(代表・服部之総)の編纂。テレビ無き時代の「画報」ドキュメンタリー。
●金慶海著『在日朝鮮人民族教育の原点 4・24阪神教育闘争の記録』 田畑書店(1979.11)
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001436067/jpn
●金慶海・編『在日朝鮮人民族教育擁護闘争資料集 四・二四阪神教育闘争を中心に』(明石書店、1988年4月)
……新聞、闘争ビラ、手記、その他当時のリアルタイム資料、分厚い資料集。
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001915859/jpn
●内山一雄、趙 博・編『在日朝鮮人民族教育擁護闘争資料集 四・二四以降大阪を中心に』(明石書店、1989年2月)
……新聞、闘争ビラ、手記、その他当時のリアルタイム資料、分厚い資料集。
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001989602/jpn
★★朴慶植『解放後在日朝鮮人運動史』三一書房1989年3月★★
第3章「阪神教育闘争と国旗掲揚弾圧事件」
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001972759/jpn
東京大学総合図書館開架にもあり学外者可。
(学外者は閲覧したい資料をOPECで事前に確認し申告すること、事前に電話するが吉。)
Amazon:http://p.tl/h07-
……朴慶植氏は『朝鮮人強制連行の記録』(未来社1965年)で有名な歴史家。「朴慶植氏は1950年代から死の直前まで、朝鮮近現代史、在日朝鮮人史について数多くの研究を発表し、それらの研究は今日でもその分野における必読文献となっているほど影響を与えてきた。中でも在日朝鮮人史研究は朴慶植氏一人で切り開かれたと言っても過言ではない」(外村大1999)。
http://www.shc.usp.ac.jp/kawa/park/pks.htm
『解放後在日朝鮮人運動史』発刊の頃は朝鮮総連から距離を置いていた。
→同書「はしがき」参照
★★呉圭祥『ドキュメント在日本朝鮮人連盟』岩波書店 2009年3月第1刷★★
第2編第2章「民族教育の諸相」
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/7/0230240.html
……一昨年の出版。呉圭祥氏は朝鮮大学校学部長を務めた後、在日朝鮮人歴史研究所研究部長。
●在日韓人歴史資料館 (著) 『写真で見る在日コリアンの100年』明石書店 2008/12/17
アマゾン:http://p.tl/Hh6q
……この図録は、在日韓人歴史資料館http://www.j-koreans.org/に収蔵されている写真・資料・物品で構成されている。歴史的背景説明に必要な写真に一部外部の資料を使用した。

公安権力側

在日朝鮮人運動の歴史に関するWEB上での差別的記述では、鄭大均のものなどの引用が多いが、ひんぱんに孫引きされているのは以下4点、公安側の通史である。
★★坪井豊吉『法務研究第46集第3号 部外秘 在日朝鮮人運動の概要』
法務研修所 1959年3月★★ 
第1章第3節「在日本朝鮮人連盟の結成と活動」の四「阪神教育闘争事件と北鮮政府樹立慶祝運動」
東大東文研・図 C89:13 6470207892
……坪井豊吉は朝鮮総督府警察署長の経歴をもつ、当時公安調査庁法務事務官。
国会図書館には在日運動圏側の書物かと見まちがえる、
●坪江汕二『在日同胞の動き』自由生活社〔1977〕
という書物があるが、上記「坪井豊吉」書を偽名「坪江汕二」を用いて復刻した写植版であって、全く同一内容のものである。
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001334129/jpn
このなかの阪神教育闘争事件の記述が、ほぼ「wikipedia 阪神教育事件」の記述となっている。
★★森田芳夫『法務研究報告書 第43集第3号 在日朝鮮人処遇の推移と現状』
法務研修所1955年★★
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001208375/jpn
……森田芳夫は入国管理局事務官。
●篠崎平治『在日朝鮮人運動』 令文社1955年
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000934582/jpn
国会図書館では複写禁となっている。
……篠崎平治は富山県警警備課長・警視、『警察時報』の主要ライター。
★★エドワード・W・ワグナー『日本における朝鮮少数民族1904年-1950年』★★
1951年英文、1961年外務省アジア局北東アジア課翻訳、1975年湖北社同復刻
国会図書館:http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001202856/jpn
……朝鮮史の学者ワグナーは連合国総司令部(GHQ)の担当官として終戦直後の日本に駐留し、後にハーバード大学教授となった。米占領軍の立場・都合から見た戦後の在日問題として興味深い。鄭大均による引用部分だけがwebでは肥大化している。
●内田文夫「戦後の騒擾事件の概要」『警察学論集』(警察大学校・編集、立花書房・発行)14巻2号、1961年2月
●公安調査庁審理課「騒擾事件等一覧表」『警察学論集』(警察大学校・編集、立花書房・発行)14巻2号、1961年2月
東京大学社研図書室 書誌ID 30051552 請求記号 ZB:343


朴慶植氏が上記『解放後在日朝鮮人運動史』を書くまでは、おそらく、警察・公安調査庁・入国管理局・米進駐軍、これらの公安資料による通史のみが流布し、マスメディア・知識人もそれに従ってきたと思われる。日本人庶民は戦後65年間ずうっと、こうした治安史観に浸され続け、歪んだ在日観を持ち続けてきた。民族差別の根は深い。

在特会ルーツ

後年、治安問題として公安資料をたんねんに通観した論文としては、
●加藤晴子『在日朝鮮人の処遇政策確定過程にみられる若干の問題について』
日本女子大紀要33文学部 1983年★★がある。
……様々な事件も30年以上の年を隔てて、日本女子大助手加藤にとってのリアリティーは全くなく、GHQ・警察・公安記述の表層をなで著者がそこに「正当性」を見出したいがための推論がばかりが目につく皮相な論文。結論は27年後の在特会川東大了や中曾千鶴子と同じ骨格である。「在日朝鮮人自身によって、本稿が扱った時期(引用者注:1945~54年)における自己の言動や生活態度を省察しようとする作業が為されるまま、日本及び日本人の植民地支配の責任のみが追及される状態は、健全なものとはいえないであろう。」
●佐藤勝巳『「三国人」は本当に差別語か』現代コリア2000年5月号★★
……1960年代70年代と、かつては在日と共に運動を歩んでいた佐藤勝巳が、加藤論文を剽窃しながら、石原慎太郎の「三国人」発言を出汁として書いた文章。加藤の皮相の上に佐藤が沢山の悪意を盛り込んで、活き活きとした排外主義・民族差別の文章となっている。阪神教育闘争に関しても民族教育問題として論ずることは一切無く、逮捕者の多さだけをあげつらっている。石原=佐藤による「在日=犯罪者」というドグマは、その後ネット上ヘイトクライムの雛型となった。
ドグマは、
●別冊宝島『北朝鮮利権の真相』2003年★★
●同『嫌韓流の真実!ザ・在日特権』2006年★★
これらを経て、桜井(偽名)誠による2007年1月在特会結成に到る。
「阪神教育闘争はひどい武装闘争であったが故に、米占領軍によって鎮圧された」(川東大了講義「朝鮮占領軍」)というデマが界隈ネットで定着する。阪神教育闘争には武装闘争はないにも拘わらず。

なお、佐藤勝巳の「転向」を分析したものに、
●柏崎正憲『反差別から差別への同軸反転:現代コリア研究所の捩れと日本の歴史修正主義』★★
があり、webでも読める。
http://jairo.nii.ac.jp/0041/00002106

ホットな論考としては、

京都朝鮮初級学校事件と併合100周年を特集した法律家の寄稿誌、
★★『人権と生活』vol.31 2010年秋号 在日本朝鮮人人権協会 \800★★
がある。http://www.k-jinken.ne.jp/
◆金舜植『民族教育を受ける権利の制度的保障をめざして』
◆康仙華『在日朝鮮人への差別感情を剥き出しにした朝鮮学校いやがらせ事件』
◆白漢基さんインタビュー『かつての「外国人学校法案」反対運動を語る』
などが載っていて必読。

●In-duck Kim, SungKyunKwan University Korea 金仁徳, 成均館大学校
"The association between education and society: The educational struggle for Korean identity in Japan 1945-1948"
(「教育と社会の関係:1945-1948日本でおきた韓(朝鮮)identityを求める教育闘争」)
Asia Pacific Education Review: 2008 Volume 9, Number 3, 335-343, DOI: 10.1007/BF03026721
http://www.eric.ed.gov/PDFS/EJ835205.pdf
試訳用ページ


●京都朝鮮第一初級学校、民事訴訟準備書面の概要 2010年秋
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/2956.html

以上


配付資料集

======================================
12・4黒い彗星★救援会1・23報告集会記念
4・24阪神教育闘争63周年記念 資料集
======================================
計73sh 実費700円 送料100円

contents
1、朴慶植『解放後在日朝鮮人運動史』「はしがき」1988……3sh
2、『写真集 朝鮮解放1年』1946 1994年復刻から……9sh
3、朴慶植『解放後在日朝鮮人運動史』第3章「阪神教育闘争と国旗掲揚弾圧事件」……17sh
4、呉圭祥『ドキュメント在日本朝鮮人連盟』2009年3月 第2編第2章「民族教育の諸相」……20sh 
5、坪井豊吉『法務研究第46集第3号 部外秘 在日朝鮮人運動の概要』1959年
第1章第3節「在日本朝鮮人連盟の結成と活動」の四「阪神教育闘争事件と北鮮政府樹立慶祝運動」から……2sh
6、エドワード・W・ワグナー『日本における朝鮮少数民族1904年-1950年』1951年から……4sh
7、加藤晴子『在日朝鮮人の処遇政策確定過程にみられる若干の問題について』日本女子大紀要33文学部 1983年から……3sh
8、佐藤勝巳『「三国人」は本当に差別語か』現代コリア2000年5月号……4sh
9、金舜植『民族教育を受ける権利の制度的保障をめざして』「人権と生活」vol.31 2010年……3sh
10、康仙華『在日朝鮮人への差別感情を剥き出しにした朝鮮学校いやがらせ事件』「人権と生活」vol.31 2010年……3sh
11、白漢基さんインタビュー『かつての「外国人学校法案」反対運動を語る』「人権と生活」vol.31 2010年……2sh

(別展示)
●パンフレット『忘れまい 4・24 ―阪神教育闘争50周年記念誌― 』阪神教育闘争50周年記念神戸集会 実行委員会 

御意見・御質問

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る