「百人斬り競争」と南京事件

史実の解明から歴史対話へ

  笠原十九司 大月書店 2008年6月20日第1刷


内容(「BOOK」データベースより)
「百人斬り競争」を“賞賛”した時代があった。軍人はなぜ日本刀を携行したのか。「百人斬り」は可能か。「百人斬り競争」は創作記事か。文献史料を徹底的に検証し、歴史学の立場から「論争」に終止符を打つ。


内容目次

はじめに  7
  •  「百人斬り競争はあったとおもいますか」 7
  •  「百人斬り競争」を英雄視した時代があった 10
  •  注 14

第1章 「百人斬り競争」を生み出した戦争社会 15
  • 1 軍人はなぜ日本刀を携帯したのか 15
    •  軍特権クラスの権威誇示 15
    •  日本軍の前近代的な武器 18
    •  中国戦場で日本刀が使われた理由 22
    •  日本刀と白兵戦 26
    •  日本刀はどのように使われたのか 30
    •  「日本刀はヤワイ、人は斬れない」か 33
  • 2 中国戦場でおこなわれた無数の「百人斬り」 35
    •  『京都日出新聞』 35
    •  『新愛知新聞 三河版』 39
    •  『松陽新報』 41
    •  『東京日日新聞』 44
  •  注 48

第2章 「百人斬り競争」の傍証 ― 日本刀と軍国美談と国民 51
  •  「軍職務上、百人斬りはできなかった」か 51
  •  若松第六五連隊の「○○斬り」 57
  •  歩兵砲小隊長も可能だった「百人斬り」 68
  •  大隊副官にも可能だった「百人斬り」 75
  •  南京攻略戦で破損した日本刀の修理 80
  •  『戦ふ日本刀』に見る日本刀の使われ方 82
  •  注 85

第3章 「百人斬り競争」の証明(1) 87
    •  「百人斬り競争」は「創作記事」か 87
    •  向井・野田両少尉の部隊 88
    •  歩兵砲小隊長の任務 92
  • 第1報 「競争」の開始 無錫―常州 96
    •  【百人斬り競争! 両少尉、早くも八十人】 96
    •  【南京めざし 快絶・百人斬り競争 「関の孫六」五十六人を屠り 伝家の宝刀廿五名を仆す 片桐部隊の二少尉】 97
    •  常州駅広場での会見 99
    •  浅見記者の回想 100
    •  無錫で会合したという両少尉 105
    •  無錫では会合できなかった 109
    •  横林鎮での戦闘と捕虜 112
    •  投降兵・捕虜の殺害 117
    •  常州付近の戦闘と部落掃蕩 121
    •  常州虐殺 123
    •  「百人斬り競争」の始まり 127
    •  「百人斬り」の実相 130
    •  浅海記者が報道しなかったこと 136
  •  注 138

第4章 「百人斬り競争」の証明(2) 145
    •  両少尉のアリバイの主張 145
  • 第2報 「競争」急ピッチ 常州―丹陽 148
    •  【急ピッチに躍進 百人斬り競争の経過】 148
    •  向井少尉のアリバイ崩れる 150
  • 第3報 「競争」大接戦 丹陽―句容 152
    •  【“百人斬り”大接戦 89-78 勇壮!向井、野田両少尉】 152
    •  片桐部隊・冨山部隊の迂回戦術 156
    •  迂回戦術による農民の犠牲 159
  • 第4報 「競争」“超記録” 句容―紫金山山麓 165
    •  【百人斬り“超記録”向井106=105野田 両少尉さらに延長戦】165
    •  紫金山の片桐部隊 166
    •  紫金山麓の「敗残兵狩り」 169
    •  記者たちが目撃した南京城内の掃蕩戦 176
    •  片桐連隊の南京城内外の掃蕩 182
    •  中国軍砲兵学校(湯山・句容)に駐屯 190
  • 「百人斬り競争」延長戦の報道 191
  • 最高裁判決における判断 200
  •  注 204

補論 「百人斬り競争」はなぜ南京軍事裁判で裁かれたのか 211
  • 1 中国ではどのように認識されたか 211
    •  『ジャパン・アドバタイザー』に掲載 211
    •  『チャイナ・ウィークリー・レビュー』の最初の報道 213
    •  国民政府軍事委員会政治部『日寇暴行目撃記』 217
    •  『外人目睹中之日軍暴行』の翻訳発行 223
    •  『文芸陣地』の漫画 224
  • 2 南京軍事裁判に向けた日本軍の犯罪調査 226
  • 3 裁かれた南京大虐殺と「百人斬り競争」 227
    •  松井石根の移送要請 227
    •  先行した谷寿夫裁判 232
    •  継続裁判で裁かれることになった「百人斬り競争」「三百人斬り」236
  • 4 「百人斬り競争」公開裁判 240
  • 5 判決の波紋 246
    •  東京裁判国際検察局の尋問は何だったか 246
    •  判決文に見られる「殺人競争」のイメージ 251
    •  象徴としての「三○万人虐殺」 255
  • 6 放棄させられた対日賠償要求 257
  •  注 259

おわりに 269
    •  「百人斬り競争」を生み出した「異常な戦争社会」 269
    •  「異常な戦争社会」から日本人は目覚めたか 273
  •  注 277

あとがき 279