FM音源パラメータ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

mxdrvが使われていたX68000に搭載されていたFM音源YM2151(OPM)音源のパラメータについて

OPMのオペレータ用パラメータ
略称 別名 名前 範囲 備考
AR アタックレート 0-31
DR D1R ディケイレート 0-31
SR D2R サスティンレート 0-31
RR リリースレート 0-15
SL D1L サスティンレベル 0-15
OL TL アウトプットレベル 0-127 0が最大、127で最小(無音)
KS RS キースケール 0-3
ML MUL マルチプル 0-15
DT1 DT デチューン 0-7
DT2 IF デチューン2 0-3 OPMのみ。OPNの設定値を移植する時は0でOK
AME AMON アンプリチュードモジュレーションイネーブル 0-1

CH用パラメータ
略称 別名 名前 範囲 備考
CON ALG コネクション 0-7
FL FB フィードバックレベル 0-7
OP OM オペレータマスク 0-15 OPMのみ。OPNの設定値を移植するときは15でOK

MML記述時の書式
@N = {
    AR, DR, SR, RR, SL, OL, KS, ML,DT1,DT2,AME, ;オペレータ1用
    AR, DR, SR, RR, SL, OL, KS, ML,DT1,DT2,AME, ;オペレータ2用
    AR, DR, SR, RR, SL, OL, KS, ML,DT1,DT2,AME, ;オペレータ3用
    AR, DR, SR, RR, SL, OL, KS, ML,DT1,DT2,AME, ;オペレータ4用
   CON, FL, OP
}
N…音色番号

小技など
  • VAL-SOUNDさんのFM-Sound Libraryで公開されているOPN用音色データをOPMで流用する時は、以下の通りに編集する。
  1. ALをCONに、FBをFLの箇所に移動
  2. OPに15を設定
  3. DT2の箇所にすべて0を挿入


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。