宝石乙女まとめwiki
  ぽつり。湖畔の水面に波紋が広がる。
  雨か……。
  ぽつぽつと波紋は数を増やしていく。日中の空模様からすると、特に雨の気配はなかったのだが……秋の天気はうつろいやすい。
  本降りになるかもしれないな……人ごとのようにそう考える。別に本降りになろうとかまわない。雨は嫌いではない。むしろ好きだ。何の区別もなく、すべてを洗い流すさまが気に入っている。
  淀んだ沼の底から這い出ていた私は、土と血で汚れきっている。それを洗い流してくれるような気がするのだ。
  ぽつり。頬に雨粒があたる。手を出すと、それは手のひらに落ちて弾けた。わずかな刺激と冷たさが、私に存在の実感を与える。
  夜の静けさは自らが闇の一部になったように感じさせる。雨音がその闇を照らし、雨粒が闇の中の私を探し出す。雨はしだいに強さを増し、髪から雫がぽたぽたと落ちた。
  湖畔の水面がぐらぐらと波打っていた。空を見上げると、闇は空に残るのみで、どんよりとしたそれは雨を吐き出し続けていた。
  びしょびしょだ。濡れ鼠だな……自嘲気味に笑ったそのとき、
「アメジスト!!」
  聞き慣れた声にゆっくりと振り向く。そこには大きな傘を差したホープが立っていた。ドレスの裾が濡れて泥で汚れている。
「キミか……」
  次の言葉を紡ぐ前に、ホープの手が私の頬に触れる。
「こんなに濡れて……」
  彼女の手はひどく冷たかった。
「……風邪を、ひいてしまいます」
  頬を手が滑る。涙を拭うように頬の雨筋を拾ってくれた。私は……泣いていたのか?
「……帰りましょう」
  彼女がにこりと笑う。自分が泣いていたことに少なからず動揺していたのか、反応が少し遅れた。
「あぁ……すまない」
  ホープの傘にいれてもらう。彼女が体を寄せる。私は全身びしょ濡れなのだ、ドレスが濡れるだろうに。
  その視線に気づいたのか、彼女はこちらに顔をむける。そしてまた、にこりと笑った。
  敵わないな……私もつられて微笑む。

  雨。嫌いではない。むしろ好きだ。
  冷たい雨の中、感じる確かな暖かさが、私を包む。
  暖かいココアを飲もう、彼女と一緒に。

添付ファイル