宝石乙女まとめwiki 鶏冠石に捧ぐ花
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おーす鶏冠石! これやる!」
「なんですの、この花」
「それはケイトウという花だ」
「それはよくてよ。これを私にどうしろと?」
「よく似合ってる」
「……どこから盗ってきましたの?」
「いや、近所のお庭にたくさん自生してたからもらった」
「あなた……まったく呆れますわ……」
「だって似合うと思って――」
「犯罪です」
「う……」
「それに折られたこの子はどうなさいますの?」
「それは……」
「後先考えないのはあなたの悪い癖です! よくって?」
「わかったよぉ……」
「ですが、この花を私に捧げたのだけは評価してさしあげますわ」
「へ?」
「褒めているのです。光栄に思いなさい」
「まじ!? やった!! 今度は自分で育ててみるからさ!」
「その時はもう一度私にくださる? この花は気に入りました」
「OK! 花咲いたら速攻渡す! じゃ! 種買ってくるから!」
「今の時期に咲いてたのなら種蒔きは春くらいじゃないのかしら……まったく……単純なんですから」