宝石乙女まとめwiki ピクニック

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  うん、台風もこっちにはこなかったようだ。多少風はあるけどしっかり晴れたな。
「おーい鶏冠石ー」
「なにかしら?」
「ピクニックいかない?」

「そんなわけで準備はできたな」
「言うのが遅すぎますわ! 前日に言ってもらえればしっかりと準備できましたのに……」
「いやまぁ、軽い散歩みたいな感じでよかったんだけどさ。鶏冠石こういうの好きなのか?」
「えぇ、嫌いじゃなくてよ」
  鶏冠石は意外と乙女チックだからな。これはもしかして珍しくはしゃいでる?
「それでどこに行きますの?」
「ん、この通りをずっと行ったところに小高い丘があるじゃん? そこ」
「わかりましたわ。では早速向かいましょう」

「結構歩いたな……」
「あらだらしない。たったこれだけでバテてしまったのかしら?」
(お前が異様に速足だったからなんだけどな……)
「ではあの木陰にでもシートを引きましょうか」
「うぃー頼むー」
  そよそよそよ
「もっと風があると思ったけど、なかなか……」
「えぇ、心地よい風ですわ」
  鶏冠石が優しく微笑む。
「? 私の顔に何かついてまして?」
  やば、見惚れてた。
「い、いや。楽しんでるかなーと思ってな」
  なんだそりゃ。ピクニックって楽しむもんだっけ?
「あなたにしてはなかなか気が利いていましてよ。こんなに静かな時間はなかなか味わえません」
「そか。ならいいんだ」
  ヤバい。今日の鶏冠石はなぜかスゴくドキドキする。ていうか俺が静かに過ごすなんて柄じゃない……間がもたん。
「そうだ! 昼飯にしようぜ!」
「あなたってホントに風情がありませんわね……」
  む、だってもうお昼じゃないか。
「楽しみにしてたんだよ、鶏冠石の料理」
「料理というか……サンドイッチと飲物だけですわよ?」
「いいのいいの。さぁ、くれ」
「まったく……はい、召し上がれ」

  5時くらいかな……太陽も優しくなってきた。鶏冠石は小さい娘みたいにチョロチョロ歩き回っている。疲れないんだろうか……でも、あれだけはしゃいでくれたなら連れてきた甲斐があった。
  鳥と話していた鶏冠石がこっちに歩いて来る。
「だいぶ暗くなりましたわね」
「あぁ、そろそろ帰るか?」
「少し休ませていただける?」
「ん。わかった」
  鶏冠石が俺の横に座る。フワッといい香りがした。夕暮れ時に鶏冠石が木陰で涼んでいると、まるで一枚の絵画になったようだ。その隣にいる俺も物語の一部になった気分になる。
  不意に、右肩に重さを感じた。
「おい、鶏冠石?」
「すー……すー……」
  ビックリした……寝ちゃったのか……。
「こうしてると年頃の女の子だな」
  いつものお嬢様な感じはない。一人の女の子に戻った鶏冠石。
「写真、写真撮っとこうかな」
  しまった、ピクニック鞄は手を伸ばしても届かないところにある。くそっ! やられた!

  ゆっくりと時間は流れた。いつまで寝てるんだろう。確かにずっとこうしてたいという気持ちはある。でももうだいぶ暗くなっちゃったぞ?
「鶏冠石……?」
  まるで眠り姫。王子のキスを待つ純潔の少女。
「キス、しちゃうぞ」
  反応はない。でもこんな寝顔を見せられたら、俺だって我慢はできなかった。

「まさかあんなところで寝てしまうなんて…… 不覚でしたわ……」
「まぁたまにはいいじゃん。鶏冠石も羽目外してはしゃいでたんだからさ。疲れたんだろ」
「別にはしゃいでなんか……」
  静かな夜道を歩く。楽しかったことの後はこうも物寂しいものなのか。
「ありがとうございます」
「うん?」
「今日は非常に充実した時間を過ごせましたわ」
「あー、イーンダヨー。役得役得」
「? グリーンですわ」
  ピクニックもたまにはいいな。今度は他の宝石乙女を誘っても面白いかもしれない。
  でも、また二人っきりで行きたい。それでまた二人であの飽和しそうな時間を楽しむんだ。
添付ファイル