宝石乙女まとめwiki 珊瑚が往く
  俺ンちの居候、珊瑚。家事はそこそこで武術に長けた、なかなかいい子だ。スタイルも……いや、その話は止めておくか。
珊「主、用心棒は必要ないか?」
主「ないっつーに。バイト行くだけだよ……」
  まぁ、これは俺の悩みの一つ。出かける支度をしてるとき、必ずこれを聞いてくる。
珊「しかし主、ここ最近は物騒な事件が多い。飲酒運転に通り魔、そして痴漢」
主「前者二つは同感だが後者はなんだっ、男に来るのは痴漢じゃなくて痴女だろ!!」
珊「まぁ、似たようなものだ。そういう輩から身を守る術を、主は持っているのか? それにマンホールには主の大嫌いな昆虫が群生しているではないか。殺虫剤を撒いたら湧いて出てくるぞ」
主「やらねぇよ!」
  なんか今日はずいぶん食い下がってくるな。つーかゴキブリの話をするな! でもわざわざバイト先まで連れていくわけにもいかないしなぁ、斧持ってくるだろうし。
珊「外は危険が潜んでる、それは今も昔も変わらない。だから某も主と共に……」
主「あーはいはい。でもお前を連れて行くわけにはいかないんだよ。仕事なんだから」
珊「それはそうだが……」

天「いってらっしゃーいっ、おみやげはプリンがいいなぁ~♪」
主「ねーよ。それじゃあ行ってくる」
珊「ああ、気をつけるのだぞ」
  一悶着の後、俺は自転車にまたがってバイト先へと向かう。しかし珊瑚の奴……怖い話ばかりするから不安になってしまっただろうが。
  目の前には交差点。止まれの標識は直進の道にはないが、いるんだよなぁ……止まれを無視するアホドライバー……ってぇ、早速出たぁー! 標識無視するアホ!!
珊「主っ!」
主「え……」
  俺の自転車を交差点寸前の所で強引に止める珊瑚。ってーかなんでいるんだ……助かったけど。
珊「やはり駆けつけて正解だった」
主「まぁそうだけど……って、お前のドレス汚れちまったじゃねーか。無理するから……」
  スカートにでかでかとついてしまった、俺の自転車のタイヤの泥。だが、スカートをチラ見しただけですぐにこちらへ顔を向ける珊瑚。いかにも気にしていませんって感じだな。
珊「このくらい気にすることもない。主の安否の方が重要だ」
  真っ向からそういうこと言われると、恥ずかしいんだが。

  自転車を押して、二人並んでバイト先への道を歩く。ここまで来てしまったのなら仕方ない。目的地まで珊瑚を連れて行くことにする。
珊「主の言いつけを破ったことは謝る。すまなかった」
主「いいって。運が悪かったら大怪我してたとこだし」
  そうは言うものの、どうも気まずい。何でもないといっておきながら、いきなり事故に巻き込まれそうになった俺もそうだが、珊瑚は珊瑚でこちらの言いつけを破ったという負い目からか、どうも表情が暗い。真面目すぎるんだよなぁ……。
珊「……現代は某の知らないことが増えた。自動車という鉄の塊が信じられないような速度で走り、道行く人も増えた」
  いつもより沈んだ調子の声。そして浮かない表情。こんな珊瑚を見たのは初めてかもしれない。だから俺は、黙ってその言葉に耳を傾けた。
珊「情報伝達は発達し、テレビという箱も生まれた。有益な情報を手早く入手できるというのは素晴らしいことだ……だが」
主「だが?」
珊「……あれは、某を怖がらせすぎるのだ。何故あそこまで恐怖を煽るような情報伝達をせねばならぬのだ?」
  恐怖を煽る……俺にはそれがどういう意味なのか、よく分からなかった。テレビは起きたことをただ報道している……それだけじゃないのか?
主「俺には、よくわかんねぇなぁ……馬鹿だからか?」
珊「そんなことはない、主はこの時代を生きていく上で賢い情報の受け止め方をしているだけだろう。だが……某にはいつ自分の身に降りかかるか、そのような物言いが、怖いのだ」
  ……珊瑚の言いたいことが、少しだけ分かった気がする。アメリカのニュースなんかは、珊瑚が言っていることをもっと大げさにしてやっているなんて話を聞いたことがある。つまりそういうことなのだろうか。そう言われてみればそうかもしれないな……。
主「……物騒になったよなぁ」
珊「そんなことはないだろう。昔はあのような情報伝達方法がなかった。見えないところで何が起きていたか、分からなかった」
主「だから用心棒、ってわけか」
  それを言ってしまえば、今も昔もあまり変わっていないだろうな。見えないところで何が起っているか、人間には分からないんだからな。
珊「……迷惑か?」
  珊瑚の目は、明らかな不安をこちらに向けてきていた。表情よりも強い、思いという奴なのか。
主「……そんな顔されたら、男として負けを認めるしかねぇだろ」
珊「負け?」
主「分かってねぇのか。まぁ、その方が都合いいか……」
  そう、簡単に男の弱みをマスターされても困る。珊瑚の場合すでに会得しているような気もするが……無意識のうちに。
  とにかく、今回は俺の負けだ。珊瑚にあんな不安を抱かせるのは、さすがに気が引ける。だから俺は、珊瑚に手を差し出す。自転車を押すのが面倒だが、片方の手を差し出す。
主「ほら行くぞ、用心棒」
  あんなこと言われたら、認めるしかねぇだろ。
珊「……あぁ。主の身は、某が必ず守ろう」
  そう言ったときの珊瑚の顔は、頼もしさと少し笑顔が浮かんでいた。

天「うぅ、一人でおるすばん……退屈だよぉ」