宝石乙女まとめwiki 彼女に似合う空
  今日も雨が降っていた。
「こうまで続くと鬱陶しいわね」
  最初は風情があって悪くないと言ってたくせに……。
「なんですの?その顔は」
「雨は風情があっていいんじゃなかったっけ?」
「な! こんなにグダグダと降り続けられては風情も何もありませんわ!」
「へぇ、そうだね」
「く……何か言いたそうですわね……」
  僕はニヤニヤして空を見る。曇った空も悪くはない。悪くはないけど、鶏冠石の機嫌がこれ以上悪くなるとそれはつらい。
「雨、早く止むといいね」
「急になんですの?」
「だって雨降ってると鶏冠石が不機嫌なんだもん」
「別に不機嫌なんかではありません!」
「それにさ、やっぱ鶏冠石には綺麗な空が似合ってるよ。憂鬱そうな鶏冠石も憂いがあっていいけどさ、もっと堂々とした鶏冠石の方が俺は好きだな」
「べ、別にあなたの好みなんて聞いていませんわ!!!」
「そだねー、じゃぁてるてる坊主でも作るかな」
「そんなことで晴れたらなんでも言うことを聞いてあげますわ」
  本当に明日は晴れて欲しい。そう願いながら赤い髪飾りつきのてるてる坊主をカーテンにぶら下げた。

添付ファイル