宝石乙女まとめwiki 名は体を表す
  虎目石がノートに何か書いている……なーんか今までのパターンからしてロクなことじゃない気がするわぁ。
  ここは華麗にスルーして……。
虎「置石」
  いやーん、捕まっちゃったー。
置「何?」
虎「ムカデは漢字で百足と書く」
置「それがどうかした?」
虎「タコはなぜ八足と書かない?」
  ……いや、そんな事言われても……第一ムカデ100本も足あるのかな。
置「そ、それはほら、8本足があるといったらクモとかカニとか、色々いるからでしょ?」
  お、我ながらいいこと言った。これなら虎目石の訳分からない会話からも逃げられ……。
虎「そうか、そういえばそうだ……じゃあイカはなぜ」
置「十足って書かないかって? 知らないわよそんなこと……」
虎「先に言われてしまったか」
  言うと思った……。
虎「……あ、短足」
置「唐突にあんた何言うかー! 人を指差すなぁーっ!!」
  それだったら虎目石だってそうじゃん。というかドールなんだから仕方ないでしょうが!
置「大体短足っていうのは雲母みたいなのを言うのよ! なんであたしが……」
雲「……」
  ……あー、やば。一番怒らせたらまずいのが殺気出してる。
置「……虎目石、後は任せた」
虎「私は何も言っていない」
  虎目石の言葉など聞いている余裕はない。あたしは一目散に逃げる。
  しかし背後からは雲母がっ、雲母がぁーっ!!
虎「南無三」