宝石乙女まとめwiki 猫に鈴
あるところに、三匹のねずみと、一匹の猫がいました。
猫は毎日毎日、ねずみを追いかけ回します。
そこでねずみの一匹がとある提案をしました。
瑪「これをつければ、猫が来た時にすぐにわかるぞ」
ねずみの手には、黄色い鈴が握られていました。
瑪「さぁ誰か、この鈴を猫につけてきてくれ」
そこで、別の一匹が言いました。
真「?あなたがつけてくればいいんじゃないのかしら」
一匹目のねずみは、困り顔です。
瑪「う!いや、えっとその……お腹!お腹が痛い痛い痛い、これでは鈴をつけにいけない!」
すごくわざとらしい声をあげました。
それを見て、二匹目のねずみが言いました
真「……ハァ、自分で出来ないことを人に頼むもんじゃ」
ないよ、まで言おうとしたところで、三匹目のねずみが口を開きました。
雲「雲母がやる」
真・瑪「……へ?」
一匹目のねずみと二匹目のねずみは驚きました。
もしも、鈴をつけるところを見つかったら、食べ殺されてしまうかもしれません。
それなのに、三匹目のねずみが、自分が猫に鈴をつけてくる、というのですから当たり前です。
瑪「やめておきなよ、食べられてしまうかもしれないよ?」
真「そうそう、命は一つだけなんだよ?」
二匹は、一生懸命説得しました。
雲「雲母がやらねば、誰がやる」
しかし、三匹目のねずみは一向に聞きません。
真「……分かったわ。でも気をつけなさい、猫は狡賢いから」
瑪「決して気を抜いちゃいけないよ、気を抜いたらすぐにお腹の中に入れられちゃうんだから」
二匹のねずみは、精一杯のアドバイスをしました。
雲「では、行ってくる」
そろりそろり、そろりそろり。
抜き足、差し足、忍び足。
ゆっくりゆっくり、寝ている猫に近づきます。
りん。
鈴の音がなってしまいました。
月「に゛ゃ゛~……何の音かにゃぁ?」
猫は寝惚けているようです。
雲「風の音、風の音」
月「にゃぁんだ、風の音かぁ……」
猫は再び眠り始めました。
そろり、そろり、そろり、そろり。
抜き足、差し足、忍び足。
ゆっくりゆっくり、寝ている猫に近づきます。
ちりん。
鈴の音がなってしまいました。
月「に゛ゃ゛~……何の音かにゃぁ?」
猫はまだ寝惚けているようです。
雲「雨の音、雨の音」
月「にゃぁんだ、雨の音かぁ……」
猫は三度眠り始めました。
そろぉりそろぉり、そろぉりそろぉり。
抜き足、差し足、忍び足。
ゆっくり、ゆっくり、寝ている猫に近づきます。
ちりりん。
鈴の音がなってしまいました。
月「に゛ゃ゛~……何の音かにゃぁ?」
猫はやっぱり寝惚けているようです。
雲「戸の音、戸の音」
月「にゃぁんだ、戸の音かぁ……」
猫はやっぱり眠り始めました。
そろぉり、そろぉり。そろぉり、そろぉり。
抜き足、差し足、忍び足。
ゆぅっくり、ゆぅっくり、ゆぅっくり、ゆぅっくり、寝ている猫に近づきました。
しゅるしゅるしゅる、きゅっ。
三匹目のねずみは無事、猫に鈴をつけることが出来たのでした。
心なしか、グッジョブ!と言いたそうな表情です。



三匹のねずみは物陰から、そぉっと猫の様子を見ていました。
月「ん゛に゛ゃ゛~……」
ちりちりん。
月「んにゃ?これは……にゃんだこれ」
三匹目のねずみが苦労してつけた鈴は、猫の手によって簡単に外されてしまいました。
月「旦那さんがつけのかにゃ?でもぉ……いらにゃぁい」
ぽいっ。
ちりちりちりん。
猫は鈴を放り投げてしまいました。
月「ん~!……外でもう一眠りするかにゃ」
猫はやっぱり、眠たそうに声をあげるのでした
めでたし、めでたし。



瑪「おのれ、猫め……!」
真「まぁ、ねずみが紐結べるんだから、猫が紐解けてもなんら不思議はないわね」
雲「……」
これでほんとに、めでたし、めでたし。