宝石乙女まとめwiki 6月は美しい?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「マスタぁー、6月はお嫁さんになると幸せになれるんだよ」
 そんな話を始めたのは、梅雨時の午後のことだった。
 曇天の空は相変わらずの雨。窓に当たる水滴の音に眠気を誘われていた俺の意識は、
隣でお絵かきをしていた天の声で強制的に目覚めさせられた。
「ジューンブライダル……だっけか」
 枕にしていた座布団から頭を上げ、天と向かい合う。
「うんっ。天河石もね、お嫁さんになるの6月がいいなぁ」
 きっと、自分の花嫁姿でも想像している……そんな笑顔を浮かべる。
「でも、日本の6月なんて雨ばかりだぞ」
 現に今日も、こうして雨模様の空。
 6月に入ってから、青空なんて一度も拝んでいなかった。
 毎日外出しては靴が濡れるし、湿気も鬱陶しい。元々海外の風習ではあるが、
日本で6月の結婚なんて、あまり良いものとは思えない。
「ううん、天河石はそんなことないと思うよ」
 と、予想外の返事を返してくる天。その顔は大まじめだ。
「天河石ね、梅雨はいっぱい雨降るのはやだなーって思うけど、でもきれいなものいっぱいあるのは好きー」
「綺麗?」
 こんなじめじめした季節に何があるのか。
 純粋に気になってしまい、思わず言葉に疑問符が浮かぶ。
「色々あるんだよー。緑色のカエルさんとか、窓にいっぱい付いてる水滴」
 そう言われて、何となく窓の方へと視線を向ける。
 衝突しては流れ落ちるを繰り返す雨。それが綺麗だとは、あまり感じない。
 だがきっと、雨が止んで空から太陽が覗けば、窓に付いた水滴が輝いて綺麗に見える……かも知れない。
「マスタぁーが買ってくれたお花の傘も大好きだし、お庭のあじさいも綺麗だよー」
「そっか……お前は色々見てるんだなぁ」
「うんっ。それでね、こういうきれいな物がいーっぱいあるから、たくさんお嫁さんになる人がいるんだよ」
 そう言うと立ち上がり、俺と視線を合わせる。
「天河石ね、キラキラ光る真っ白なドレスのお嫁さんになって、あじさいのブーケをマスタぁーにあげたいな」
「ブーケって……そういうものなのか? というか、お前が結婚するときでも俺は独身かよ」
 俺の言葉に、困ったように眉をひそめながら分かんないと答える天。
 しかし、あじさいってブーケに出来るのか? どういうモンなのか全然知らないが。
「それに、結婚相手に当てはあるのか? 一人では出来ないぞ」
 天に色恋沙汰……俺には、到底そんなもの想像できない。
 この先天が彼氏作って、そいつと結婚して――人間なら当たり前のことだが、
宝石乙女にそういうものが存在するのか。
 ……ふと、その瞬間を想像してしまった。
「あうぅ……わ、笑っちゃめーっ。いつか見つかるモンっ」
 天が結婚する。そんな瞬間を思い浮かべ、複雑な心境に陥ってしまう俺。
 そんな瞬間が本当に訪れたら、それはめでたいことのはず。なのに、それを素直に喜ぶことが出来ない。
 これが、娘を見送る父親みたいなものなのか? まだ独身なのにそんな。
「絶対天河石、お嫁さんになるもんっ」
 妙にセンチメンタルな空気に襲われる俺をよそに、天は将来に対して強く意気込む。
 普段なら、その微笑ましい雰囲気で笑顔の一つでも見せられただろう。
 ……もう一度、窓の外を見る。
 空は相変わらずの曇天。そして雨粒が、留まることを知らずに地上へと落ち続ける。
 ――こんな悪天候では、気分も悪くなる。
 天はきれいな物がたくさんあると言うけれど、やはり俺は早く梅雨明けを迎えてしまいたい。
「お嫁さんになって、マスタぁーをびっくりさせちゃうよっ」
「……期待しないで待ってるぞ」
「むっ。ちゃんとお顔を見てお話ししなきゃめーっ」