宝石乙女まとめwiki きみのせなか
 瑪瑙のことなんて放っておけばよかった。
 だってあの子は森に慣れているから、わたくしが心配……じゃない、わざわざ見に来てあげなくても、
もうすぐ屋敷に戻ってきたでしょうから。
 ともかく、森の見回りに行ったままなかなか帰らない瑪瑙が悪いのだ。
 「……不覚、ですわ」
 わたくしは痛む足をさすった。
 歩きづらい森の中で、つまづいてひねってしまったようだ。
 窪地でたった一人。
 涙がにじみそうになるのを、頭を振って振り切る。
 その時。
 「――何してるの?」
 猟銃を背負って、いぶかしげな表情で瑪瑙がのぞきこんでいた。
 ……いけない。本格的に涙が出てきた。
 「……ちょっと散歩に出ただけですわ」
 「もしかして怪我したの? ちょっと待って、今行く」
 「け、結構ですわよ!」
 ざざ、っと葉を揺らして、窪地に瑪瑙が降りてくる。
 「鶏冠石、痛いの? 涙が……」
 「こ、これは、貴女が乱暴に降りてくるから埃が目に入ったんですわ!」
 思わず口をついて出た悪態に、瑪瑙は微笑んで返す。
 「その元気があれば大丈夫だね」


 「……一人で歩けますわ」
 「何言ってるの、キミみたいなお嬢様が靴も履き替えずに。よく足をひねっただけで済んだね」
 「生意気なことを言わないで頂戴」
 「はいはい」
 わたくしは瑪瑙の背に揺られて、森を出る。
 背の丈も同じくらいなのに、しっかりとわたくしを背負って、瑪瑙は歩いてゆく。
 「帰ったら手当てしてあげるね」
 「……その前に、お茶が飲みたいですわ」
 「はいはい」
 顔を見られなくてよかった。
 わたくしの顔は涙で汚れているし、何より瑪瑙にこんなに甘えて安心しきった顔なんて、見られたら恥ずかしくて

死んでしまう。
 「……ありがとう……」
 思わずつぶやいた後で、恥ずかしくなって瑪瑙の背に掴まる手に力をこめた。
 瑪瑙の返事はなかった。
 聞こえなかったのか、それとも聞こえないふりをしてくれたのか。
 「……もうすぐ森を出るよ」
 屋敷に帰ったら、ちゃんと瑪瑙にお礼を言おう。
 恥ずかしくて言えないかもしれないけど。
 わたくしは暖かい背中でうとうととしながら、そんなことを考えた。