宝石乙女まとめwiki
「ご主人様、桃の節句です!」
 と、僕の隣で正座をした蛋白席が一言。
 確かに明日は桃の節句、雛祭りだ。だけど男の一人暮らしで雛人形もないし、
何か食べてそれで終わりということになりそうだ。
 ……最初は、その予定だった。だけど蛋白石のこの期待に満ちた顔を見てしまっては、
しっかりと祝ってみたいとも思ってしまう。
「うん、そうだね。もう3月かぁ」
「はい。きっと美味しい桃がたくさん食べられるんですよねぇ。今から楽しみです!」
 ……あれ?
「とっても甘くて瑞々しくてぇ……あっ、きっとジュースにしたら美味しいですよっ」
 両手を頬に当てる蛋白石。腕で胸が寄せられて、普段から気になる谷間が一層際立って……
いやいや、何を考えてるんだ僕は。
 でも、何だろう。
 僕と蛋白石の間に、ものすごい意識の違いがあるように感じられる。
「えへへぇ……私、桃大好きですよぉ」
「ねぇ、蛋白石。もしかしてものすごい勘違いしてない?」
「へ? 何がですかぁ? 桃の節句は桃を食べてお祝い……ん、何のお祝いでしょう?」

「えーっ!!」
 轟いた。
 蛋白石の驚きの声が、家中に轟いた。狭いアパートだけど。
「も、もも、桃の節句って、花が咲く季節だからそういうんですかーっ」
「うん、旧暦の話だけど。あと桃の実は基本的に夏だよ」
「そんなぁーっ。ややこしいですよぉ!!」
 と、珍しく床でじたばたと手足を振り回す蛋白石。
 そこまでショックだなんて、相当桃が好きなんだなぁ。
「うぅ……せっかくたくさん食べられると思ったのに……50個くらい」
「それ食べ過ぎ……桃って高いんだよ?」
「だから、お祭りだと安く食べられるのかなって」
 そんなお祭りがあるなら、僕も連れて行ってあげたいところだけど。あいにくその手のものを聞いた事はない。
「じゃあご主人様、桃の節句って何のためにあるんですか?」
 諦めたのか、体を起こして再び正座。
「ん? 雛祭りだよ。女の子のお祝い」
「女の子、ですか。知りませんでした……うぅ」
 すっかり意気消沈といったところか。なんだかまともにお祝いも出来ないともなると、
ものすごく申し訳ない気持ちになってしまう。
 さて、どうしたものか……。
「……ねぇ、どうしても桃食べたい?」
「へ? いえ、食べられる季節じゃないなら、その……食べたい、です」
 蛋白石の食欲は正直だ。思わず苦笑を浮かべてしまう。
「それじゃあ、明日桃缶買ってくるから、それで我慢してくれないかな?」
「モモカン……桃の缶詰ですか?」
「うん」
 僕の言葉を聞いて、蛋白石の顔が少しだけ明るくなる。
「……そ、それじゃあ、それでいろんな桃の料理とか……みんなで、作りたいなぁ」
「あ、それいいね。せっかくだからみんなでいろいろ作ってみようか」
 桃の料理なんて、作ったことないけど。
 だけど、蛋白石がにっこりと笑ってしまうと、そんなことはどうでもいいことになってしまう。
 せっかくの女の子のお祝いなんだ。男である僕が少し苦労してみるのも、いいのかもしれない。
「それじゃあご主人様、早速材料をっ。お荷物たくさん持ちますよ!」
「うん、そうだね。だけどまずは何を作るか決めてから、ね」
「はいっ」

          ◆

「で、こんなにも大量の桃缶を買ってきたわけ、ですか」
 テーブルを埋め尽くすように並べられた桃缶を見て、殺生石がつぶやく。
「うん……ちょっと、調子に乗りすぎた」
「え、えへへ……」
「これは4人で食べきれる量ではありませんね。明日の祝いは相当派手になりそうで」
「おまつり?」
 ため息をつく殺生石に、目を輝かせる電気石。
 そして僕は、この桃祭りがいつまで続くのだろうということを、危惧せずにはいられなかった。

「でも、缶詰なら日持ちしますよね?」
「あ……」