宝石乙女まとめwiki お姉さんに憧れて
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 年末年始で買い置きの食材が少なくなった頃。
「ごめんなさい、こんなに荷物持ってもらって」
「いいのいいの。でも、黒曜石ちゃんも無理し過ぎだよー」
 目一杯膨らんだビニール袋が8つ。
 夢中になって買いすぎたと後悔していたところで、偶然蛋白石さんと出会った。
「【黒曜石のマスター】さんはお仕事なの?」
「はい。他の子も用事があるみたいですから、今日のお買い物は私一人です」
 両手に3つずつビニール袋をぶら下げた蛋白石さん。
 持って行く方法に困っていた荷物。それを軽々と持つ姿は、とても頼もしい。
 大きくて頼もしい体に、すごく綺麗な顔。やっぱり、私よりずっとお姉さんなんだ。
「そうなんだぁ。偉いね」
 笑顔を浮かべて、私の顔を見つめる。少し照れくさい……。
「ご飯とか、家事も全部やってるの?」
「はい」
「すごいなぁ。私家事苦手だから、いつもご主人様困らせちゃう」
 そんなことはない。きっと【蛋白石のマスター】さんだって、蛋白石さんの事を頼もしいと思っているはず。
「そういえば、今日の晩ご飯は何作るのかな?」
「うちですか? 今日はカレーに……ひゃうっ!」
 右足で、何か丸い物を踏んでしまった感触。
 バランスを失う右足。同時に、体が前方に大きく傾く。
 両手には重たいビニール袋が一つずつ。とてもじゃないけど、バランスを取る事なんて出来ない。
 ビニール袋が手から離れ、体がゆっくりと倒れる……。
「っと。大丈夫?」
 顔から地面に倒れることはなかった。
 代わりに、大きくて暖かくて柔らかいものに、顔を埋めている。
 これって、た、蛋白石さんの。
「荷物も受け止めたからから平気だよ。それにしても、道に空き缶なんて捨てちゃダメなのにー」
 こ、こんな大きいなんて……じゃなくて、早く離れないとっ。
「ああありがとうございひゃあっ」
 勢い余って、尻餅を付いてしまう。
「どうしたの、そんなに慌てて?」
「いえいえっ、何でもないです……はうぅ」
 両手に、私が手放したビニール袋を持った蛋白石さん。私の様子が気がかりなのだろう、首をかしげながら見下ろしてくる。
 ……さっきまでの柔らかい感触が、顔に残っている。
 どうしてだろう。同じ女の子の体なのに、こんなにドキドキしてしまう。頬が真っ赤になっているのか、とても熱い。
「それより、ドレス少し汚れちゃったね。怪我はない?」
 蛋白石さんの綺麗な手が、差し伸べられる。
 こんなに綺麗なのに、すごい力持ちなんだ……。
「は、はい……」
 差し伸べられた手を借りて、立ち上がる。
 スカートに付いたわずかな砂を、手で払う。
 ――ふと目に付く、私の胸元。
 私の、胸元……。
「もぉー、ポイ捨てはダメだよってみんな言ってるのに……黒曜石ちゃん、どうしたの?」
「……平坦」
「へ? 平坦って、何が?」
「それは、その……はっ! あ、いや、何でもないですっ」
 慌てて首を振り、平坦の二文字を頭から払い去る。
 と、そこで目に入る、蛋白石さんの姿。
 ……平坦じゃない……ううんっ、ダメダメ。そんなこと考えちゃ……。
「んー?」

          ◆

「あ、今日はカレーだね。手伝うよ……黒曜石?」
「……へ? あ、瑪瑙ちゃん。どうしました?」
 エプロンを手に取った瑪瑙ちゃんへ、顔を向ける。
「ご飯作るの手伝おうと思って。それより考え事?」
「え、いえ。たいしたことでは……」
 瑪瑙ちゃんから目をそらし、鍋へと顔を向ける。
 昼間の蛋白石さんの姿。あの柔らかい感触。
 なぜか、その姿がずっと忘れられない。
 優しくて、頼もしくて、いつも素敵な笑顔のお姉さん。
 ……ぐつぐつと、カレーから気泡が上がる。
 丸くて、大きくて……ぐつぐつと。
「……たくさん食べれば、大きくなりますか?」
「えっ?」
 私達のお姉さんは、素敵な人ばかり。
 いつか私も、あんな風に……。