宝石乙女まとめwiki もったいないこと
月「そういやアメジストってさ、人にはドレス勧めるのに自分は着ないよね」
ア「なんだ突然」
月「だってなんかもったいないじゃん」
ホ「私もアメジストのドレス姿見てみたいです。きっと綺麗なんでしょうね…」
ア「…まあ色々あってな、こればかりはホープのお願いでも聞けないな」
ホ「そうですか…よければ理由を教えてもらいますか?」
ア「教えるほどのことでもないさ。ただの自分勝手な理由さ」
月「むー。あ、でも真珠姉なら知ってるかも」
ホ「だ、駄目ですよ。本人が話したくないって言ってるんですから」
ア「あー、その、なんだ、話したくはないんだが…聞かれて困るという話でもない…わけでもないんだが、その…」
月「うわー、こんなうろたえてるアメジスト初めて見た」
ホ「あ、あの、本当にいいんですよ?」
ア「…姉さんに聞いてくることは止めないよ。というよりあの人なら嬉々として話しそうだからな…」

真「それで私のところに来たのね」
月「そそ」
ホ「よ、よろしくお願いします」
真「ホーちゃんカタいわねぇ、もっと気楽にしてもらってもいいのよ?」
ホ「すすすすみません。なんだかお話に聞いていた以上の方でつい…」
真「あら嬉しい」
月「もーそれより早く早く」
真「せっかちねえ。まあいいわ。アメちゃんがドレス着ないのわね…魅せる相手がもういないからよ」
月「へ?」
ホ「見せる相手…ですか?」
真「そう。まあ私が昔あの子に吹き込んだんだけどね、ドレスっていうのは一番見てもらいたい殿方の前以外ではそうそう着るものじゃないってね」
月「なんで?」
真「自分の綺麗な姿を見せるんですから相手もそれ相応のヒトでないと…ね?」
ホ「はあ…」
真「ホーちゃんはちょっと特殊ねえ。むしろ普通の服のほうが勝負服になるのかしら?」
月「あー、それはそうかも」
真「また今度ウチに遊びにいらっしゃい。爆ちゃんと一緒に見立ててあげるから」
ホ「は、はい」
真「懐かしいわねえ、昔はよくアメちゃんを着せ替え人形にして…」
ホ「ひっ!?」
月「真珠姉、ホープ怯えてるから」
真「あら、ごめんなさい。大丈夫よ、優しくしてあげるから」
月「わー、なんかエッチい」
ホ「おおおお手柔らかにお願いします…」
月「そっかー。アメジストがそういうことするのは真珠姉の影響なのね」