※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


EQ

 イコライザー。特定の周波数帯域を強調或いは減退するEffect。

Dynamics

 ダイナミクス。
 原音の音量の最大と最小の差(ダイナミクス)を圧縮するもの。
 過大な入力による機材へのダメージを防いだり、ほぼ一定の音量へ調整する。
 コンプレッサーやゲート、リミッターが含まれる。

Mastering

 マスタリング。

Spatial

 スペシャル。パンニング操作やステレオ調整等。

Envelope

 エンベロープ。フェードイン、フェードアウト等。

Gapper

 ギャッパーやスライサー、音を切り刻んでグルーヴ感を出すEffect。

Volume

 ボリューム。ゲイン等、音の大きさを調節するEffect。



chorus

 コーラス。原音のユニゾンにあたる音を人工的に作り出し、
 コーラス効果(複数の音源が同時に発振している様な効果)を得るEffect。

Delay

 原音に加え原音を遅延させた音を混ぜることで、
 山彦のような効果を得るEffect。

Distortion

 ディスティーション。オーバードライブやローファイ、デシメーター等。
 音を歪ませるEffect。

FFT Based

 記事求む。

Filter

 フィルター。特定の周波数や音域を削り、音作りを行なう。

Flanger

 リアルタイムの音と、遅れた音の2つの波形の干渉を利用して
 「シュワー」という音を人工的に作り出すEffect。

Modulation

 任意の周波数で変調を掛ける。

NR/Declick

 記事求む。

Phaser

 リアルタイムの音と、位相を変えた音の2つの波の干渉を利用して
 音色の連続的な変化を人工的に作り出すEffect。

Pitch Shifter

 ピッチシフター。原音を設定された任意の高さに変調して出力するEffect。

Resynthesis

 レシンセサイザ。原音をシンセサイザで再合成する。

Reverb

 リバーブ。原音を遅延させた音を無数に混ぜることにより、
 ホールや風呂場の残響などを模倣するEffect。

Scrub/Stutter

 音を切り刻み、断続的でグルーヴな音を作る。

Vocoder

 ヴォコーダー。
 入力された音に対し、シンセサイザーで解析を行い、機械的に合成し直す。
 本来は人の声に対して使い、ロボットボイスなどに変換する。

Hybrid/Other

 ハイブリッド、アザー。複合、その他。
 上記のいずれかを組み合わせた複合的なエフェクタ、もしくはその他。

Visual

 ヴィジュアル、視覚効果。スペクトラムアナライザやグラフィックイコライザ。