※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

part5嫌傑集


夢も希望も無い

78 名前: イラストに騙された名無しさん 02/06/24 05:59

ある日突然主人公のもとに美少女が押しかけてくる。
「とある事情」からやむを得ずひとつ屋根の下に泊まることになったのだが・・・

その美少女が本当に嫌そう。
必要以上のことを主人公と話さない。当然敬語。
ご飯を作ったりもしない。作っても自分の分だけ。
ハァ? なんで私があなたの分まで? という感じ。
やってきた主人公の友達に「できてんじゃないの?」と茶化されても、
顔を真っ赤にして「やめてください!」ではなく
疲れたような顔で「やめてください・・・」


79 名前: イラストに騙された名無しさん 02/06/24 06:21

>>78
それ違う。むしろ逆で主人公が徹底的に嫌う方が嫌だ。

二人称はあんた。当然距離を置くために敬語。
必要以上も何も元から口を利かない。ただ紙にメモを残すだけ。
飯を作ってもらっても目の前でごみ箱へシュート。泣き顔を見て酷薄な笑みを浮かべる。
やって来た主人公の友達に「できてじゃないの?」と茶化されると、感情を顔に出さないまま激怒。
拳の数発が飛ぶ。

……どっちもどっちか。

ピノキオ

119 名前: イラストに騙された名無しさん 02/06/30 00:31

「人間になりたい」と強く願う美少女アンドロイド。
最後に奇跡が起こり、彼女はめでたく人間になれるのでした。

ラストは場末のスナックのママをしている、デブで金髪で厚化粧のオバハンになりはてた
彼女の語りで締め括られる。

任侠

142 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/02 01:04

はぁ~い☆あたし、不死身組の鉄砲玉。名前は侠子、十六歳の侠客なのっ。
トカレフ長ドス博打のイカサマ、ちょちょいのちょい。背負った墨は、般若の面よ。
でもでも、こんなあたしも…恋をしちゃったの。
相手は…伝劇会の彼だから、組の派閥争いがもう大変!
義理と人情の板ばさみ、彼と飲みたい大杯。抜いた長ドス戻りませぇ~ん!
抗争抜け出し二人でデート。ヤダァ!組長と愛人が、どうして遊園地にいるのよっ!
でもでも、あたし負けませんっ。いつか素敵な彼と、桜吹雪の下でカチコミするわ。
そんな私の鉄砲玉ライフ、応援してねっ!
「きゃあーっ!サブさんのえっちぃーっ!」「撃つなぁーっ!」(←定番シーン)

今日も切ったり張ったり恋したり、大忙しの任侠ラブコメディー。
『長ドス少女 侠子ちゃん ~サラシを巻くのは、まだ早い~』
だんびら片手に、大絶賛「頼むからこういうのやめてください」不売中!
「ええーっ!暴走チームの亞巣屁苦徒に、あたしがブッこみするんですかぁーっ?」

神社で告白

159 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/04 01:56

神社への階段を上る途中、ヒロインが近道をしようと言い出して脇道に逸れる。
 ↓
遭難する。
 ↓
ヒロイン、意を決して告るが「気を確かに持て!」とか言われて相手にしてもらえない。


……などという馬鹿シチュをたった今考えた(w

魔法少*

164 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/04 02:21

変身ヒーローに憧れまくる男子小学生の元に異世界からの使者がやってきたツ!
使者「地球が悪に狙われています、貴方に変身の能力を与えますので戦って下さい」

大感激!!早速変身のポーズだ「マジカルポップンキラキラキューティエトワール」

ミニスカートの魔法少女に変身しちゃったよウワァァァァン
下着まで女の子のやつじゃないか!もうお婿さんに行けない!!!

しかもしかも、学校一番のハンサムキャー少年に惚れられちまったッス。
              正体は決してバラす事出来ないッス…。


165 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/04 02:23

格好だけですか?そりゃお婿さんに行けんわ。


166 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/04 02:43

>>164はショタ好きですか?
萌え要素を加えると、こうなるでしょう。

変身ヒーローに憧れまくる女子小学生の元に異世界からの使者がやってきたツ!
使者「地球が悪に狙われています、貴方に変身の能力を与えますので戦って下さい」

大感激!!早速変身のポーズだ「マジカルポップンキラキラキューティエトワール」

筋肉マッチョでパンツ一丁の宇宙レスラーに変身しちゃったよウワァァァァン
リングネームは「サンダータケシ」ですって!もうお嫁さんに行けない!!!

しかもしかも、学校一番のハンサムキャー少年に惚れられちまったッス。
              正体は決してバラす事出来ないッス…。

家電・ストーリー

188 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/06 00:34

いたって普通の一般家庭で使用される全自動洗濯機が
何の刺激も無い平凡な毎日を延々と独白するだけの物語。


189 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/06 01:16

>>188
こんな感じか?

 我輩は洗濯機である。
 名前はまだ、つけられていない。
「ククク…新入りかぁ」
 そう言ったのは冷蔵庫だ。
「キサマが何日目でネを上げるか、楽しみだぜぇ…」
 危険な、まさに冷蔵庫という、冷たい視線が我輩を射抜いた。
「負けないで。洗濯機さん」
 カウンターの熱い視線を注ぐのは、可憐で小柄なトースター。
 我輩はその声援に応えるため、脱水槽を激しく稼働させた。
 すると人間が。
「とうちゃん!この洗濯機、勝手に動いたよ!」
「ナニ言ってんだよ、カカア。寝ぼけてんじゃあねえのか、オイ?」
 これはいけない。
 我輩は動きを止めた。おたがいの暮らしのために、人間との無用なトラブルは避けたい。
 目立たず、騒がず―それが家電の世界で生きる、我らのルールだ。

こんなので三百五十枚も書いたら、火星に行くより楽しそうですな。

武術ヒロイン

203 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/07 01:43

では、新しくて「イヤ」な格闘技を開発してみました!

剣だ?銃だ?―武器とか使っちゃ、ダメダメっ!
そんな規制の世の中に、幅を利かせる新格闘技誕生!
それが・・・『空き瓶術』というものだッ!

【空き瓶術―とは?】
読んで字のごとく、『空き瓶を用いて敵をぶちのめす』新格闘技術である。
ヒロインの荒瓶敏子(=あらかめとしこ)は、その空き瓶術を父より伝授された。
「あたし・・・ビンで人を殴るなんてできないっ!」
「立ちなさいっ!ビンを片手にコートに入れば、それは戦士であるということよ!」
敏子の先輩、『ビール瓶の蝶』と呼ばれる空き瓶界の女王が吠える!
「あたしのラムネ瓶を砕いたっ!?」
「ネーポン舐めたら、あかんでぇ・・・。空き瓶術に受けはなし、や」
強敵、『暗黒ネーポン』の襲来! 瓶を握ったライバル出現!
「そ、それ!てっ、て、鉄!金属なんて反則だよっ!」
「土瓶はビンでないと申しますのんか。綺麗な人生、送っとりますのね」
古流空き瓶術の使い手『鉄瓶の紫苑』、殺しも厭わぬ恐怖の技だ!

酒場で乱闘、中身を飲めば即戦闘!チェリオだペプシだ一升瓶だ、エビス青島ハイネケン!
砕けるガラスに散る命。唸れ空き瓶、必殺の技。血しぶく熱風、瓶に注いで敵を打つ!
四次元感覚の格闘アクションノベル、ついに登場!ええい、おかわりもう一本でいっ!

「ふははっ。中身を残す、これが勝てる技というものだぁっ!」
「そんな卑怯な技・・・あたしは絶対に認めないっ!」
「ラムネのビンが、光った!?」
ビーダマ鳴らして悪を討て!戦え、敏子!規制の魔の手が来る日までッ!

嫉妬

255 名前: 244 02/07/12 21:43

休み時間、教室に戻ろうとしたその途中に誰かとぶつかった。
見ると、ぶつかった相手は学校のヒロインとして有名な△×さんだ。
△×さんは、僕に謝ると、廊下に散らばった紙を拾い始めた。
「よかったら、手伝おうか?」
このまま放っておくほど僕も冷たくはない。僕は彼女が書類を拾うのを手伝い始めた。
書類を拾おうとすると、偶然にも彼女と手が触れ合った。
「あ・・・」
彼女の動きが止まったと思った次の瞬間、彼女の頭が弾け飛んだ。
もちろん、大騒ぎになる。
彼女の返り血を浴びて、僕はただ呆然としていた。

その少女は、その光景を遠くから見つめていた。
黒髪の美しい少女だ。
彼女の手には、一丁のライフル。
彼女は、大騒ぎの中にいる一人の少年を見ながら、ポツリと呟いた。
「○○は・・・誰にも・・・渡さないから・・・」

259 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/13 09:25

ヒロインの行動に気がついた主人公。照れ屋のヒロインは、
彼を自分のモノにする究極の手段として、愛をこめた暗殺を計画。
対抗するために神保町の武器屋で銃を仕入れる主人公。
ラストは、学校で壮絶な銃撃戦。
ヒロイン「でも、誰よりも好きだったの……」ドガガガガガガガガガ
主人公 「だったら普通に告白しろ!」バババババババババ
ヒロイン「あの時優しくしてくれてありがとう……」ずぎゅーん
主人公 「だから普通に告白しろって!」ばぎゅーん

 ~ も う 僕 達 は 戻 れ な い ~


260 名前: 259 02/07/13 09:55

続きだ!

学校中をぶち壊し、大量の空薬莢をまき散らし、二人の痴話喧嘩(?)は続いた。
とうとう二人は、校庭で相見える。暮れていく空に照らされる二人の間に、
二日後の文化祭のために作られたキャンプファイヤーの枠組みが無骨にその姿をさらす。
二人は傷だらけ。下駄箱での戦闘で弾丸も尽きた。
ヒロイン(ライフルに着剣しながら)
 「終わりだね……。明日の夜、ここであなたと踊りたかった……」
主人公(サブマシンガンを投げ捨て、ナイフを抜く)
 「だから普通に告(以下略)」
ヒロイン(焼夷手榴弾でキャンプファイヤーに点火。ライフルを捧げ)
 「終わりにしましょう……。さようなら、私の恋……」
主人公(ナイフ逆手に、左手て片手合掌)
 「だから普(以下略)」

そして二人は炎に照らされながら、刃片手に死のダンスを踊るわけだが、
そのへんはどーでも良くて。
翌朝用務員が、校庭に残った燃えかすと、大量の血の跡を発見するわけだが、
そのへんもどーでも良くて。
朝のホームルームで、担任は一人の生徒が原因不明の欠席であることに気がついて、
包帯だらけのもう一人にお前知らないかと尋ねるが返事はかえってこなくて、
まあどーでも良いかと担任は気にも留めなくて。
でもその一人は、ロッカーに大きな花束と、果物の詰め合わせを隠していることは、
それなりにどーでも良くて。

屋内に雲を作るほどの執念

281 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/14 00:43

なんらかの原因で社会制度が崩壊した世界。
車一台通らない国道。路肩には炎上してこげた市営バス。
剪定する者のいない街路樹は、アスファルトの上に枝葉を伸ばして
国道を緑のトンネルへと変えている。

早朝、サビの浮いた自転車で国道を行く主人公。
木々の間から射す幾本もの細い朝日。都市部に戻ってきた鳥や虫の声。
自販機の傍らの空き缶の山から顔をのぞかせる小動物。

主人公「ギニャーッ! 始発電車に間に合わない! 初めてのコミケなのにーっ」

まあそういう話。

無駄にバイオレンス

282 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/14 01:26

「ごめん、ずっと答えをはぐらかしてたけど、キチンと言うよ。オレ、お前とは付き合えな」
「いや、それ以上言わないで!(バチソッ)」
叫びつつ業務用ホチキスで主人公の両頬を挟んで止めるヒロイン。
「オアアアアアアッッ!」
ムンク状態となった主人公は憤激のあまり隠し持っていたナイフでヒロインの両頬を裂く。
「ヒハァッッッ!」
口裂け垣原状態でなおもホチキスを振るうヒロイン。
負けじと主人公もナイフで切り、刺し、抉る。

かくして体育館裏には顔面針だらけのまま窒息した男と全身を切り刻まれて出血多量の女が・・・


馬鹿一的導入

285 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/14 20:57

俺、高校のとき自転車通学してたんだけど、入学初日に自転車
こいでたら、曲がり角のところで女の子の自転車とぶつかちゃっ
たわけさ。ちょうどエバの最終回みたいな感じかな。パンツもちょ
っと見えたりしてラッキーって。女の子の自転車のチェーン外れた
らしくて、なかなか直せない。で、その子の制服が同じ高校ので、
新入生だってのがわかったから俺言ってみたのよ。
「遅れそうだから、僕の自転車のうしろに乗っていかない?
君の自転車はそこの駐輪場においていけばいいよ」って
そしたら、「うん。そうする」って。
それまで女の子なんか乗せたことないし、どきどきわくわく
しながら、二人乗りして学校に急いだわけ。お前らもこういう
気持ちはわかるよな。
んで、結構狭い道に入っていったんだ。その道は狭くて脇か
ら木の枝がはみ出してた。んで目の前にはみ出した枝を俺
はひょいってかがんでよけたのさ。そしたら次の瞬間
「ぎゃひいっ」って声がした。「ぎゃひい」だよ。その次に
ズザーーーって音がしたと思ったら突然自転車が軽くなった。
いやあな予感がして後ろ振り向いたら、女の子がアスファルトに
転がってた。俺気が動転しちゃって、自転車降りて急いで駆け
寄ったら、女の子の顔は血まみれだしスカートめくれて太もも
見えてたけど。血まみれの顔見たらとても「あ、もうけた」なんて
考える暇は無い。
俺は「ごめんなさい。ごめんなさい。」を連発たあと、近所の家に
駆け込んで救急車呼びました。女の子が救急車に担ぎ込まれる
の見届けた後、普通に入学式に出た。
その後女の子に会った時
「大丈夫だった?」と聞く俺に
「別に・・・大丈夫」とそっけない答え。もう完璧に嫌われますた。
クラスがおんなじとかだったらなにかあるかも知れないけど、
3年間男クラスだったしもうそれ以上ひたすら何も進展なし。
卒業する頃には名前も忘れました。
以上


286 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/14 21:10

>>285
( ゚д゚)<……

287 名前: ◆fdc5CMIQ 02/07/14 21:26

>>285
俺の時は、出会い頭に衝突→自転車大破(俺のだけ)、こけた拍子に手首&足首捻挫(勿論俺だけ)→相手の女子高生は即とんずら。

えらい違いだな畜生…いや、羨ましくなんかないですよ?

288 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/14 21:40

>>287
現実ではよくある事だ…

フィクションでのありがちパターンとはえらい違いだな…

合掌

うっかり

290 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/14 23:06

出会い頭にぶつかりそうになり、とっさに相手を投げ飛ばし、
地面に叩きつけながら殴りつけ、関節を極めながら眼球を殴
り潰そうとしたところで正気に返る主人公(めっちゃ気弱)。

カニバル

327 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/19 01:22

…真面目に肉の下処理とか考えると、人を殺す→それをそのまま食う、ってのは結構難易度の高い行動なんだろうなぁ。
というかよく臭気に耐えられると思うよ、こないだの内蔵食ってた奴とか。

329 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/19 14:34

>>327
強烈に気持ち悪い話で恐縮だが、昔読んだ本にこう言うのがあった。

某時代の中国で、皇帝(?)お客をもてなすための宴で、まず美女が
お客に酒をつぐ。その後、「しばしお待ちを」と言って美女はいなくなって、
しばらくするとその美女が、あぐらをかいた姿で蒸し焼きになって出てくる……。

ちょっと想像しちゃうと、裸の美女が座っていて、ほんわかと湯気が。
包丁やらで「どれどれ」と体を切り分けて、「うん美味い」と食しつつ、
「この胸のライン」がどーのこーの。「顎の形が」どーのこーの。
目はやっぱり刳り抜いて食べるのかなとか、顔を食べる前にキスの一つもするのが
礼儀かなとか……。

おえ。食事中の方ごめん。でも美女が……(ヤメイ!)。

ヴァンパイアスレイヤー

333 名前: イラストに騙された名無しさん 02/07/19 21:28

革命直後のソヴィエト・ロシア。
第一次世界大戦と赤色革命の混乱はロシア全土に大量の吸血鬼(ヴァンパイア)を
発生させた。

悪鬼どもに汚されつつある祖国を救え。
人民の血をすする吸血鬼と反動資本家を焼き尽くせ。
母なる大地のために、一人のグルジア人が立ち上がる。
彼の目的は吸血鬼の絶滅。そのための手段は党における権力奪取。
粛清。拷問。略奪。放火。いつしか手段と目的は入れ替わる。

次回、『吸血殲鬼スターリン』ご期待ください。


恐怖の噂

346 名前:イラストに騙された名無しさん :02/07/22 00:39
「そいつに触れることは死を意味するっ!」




……感染症で。


347 名前:イラストに騙された名無しさん :02/07/22 14:13
「そいつは死を撒き散らすっ!」



  ……空気感染します。

衝突事故

358 名前:イラストに騙された名無しさん :02/07/23 00:46
美形マッチョな主人公が、冒頭で朝角っこで転校生(スタイル良好、でも不細工)と衝突し、
肉体が融合してしまう(キカイダーみたいな感じ)。
……そこからどうやって話を膨らませよう。


360 名前:イラストに騙された名無しさん :02/07/23 00:49
>358
それはキカイダーというよりアシュラ男爵だと思うぞ(w


団栗の背比べ

361 名前:イラストに騙された名無しさん :02/07/23 02:15
生け花が趣味の195センチ、130キロのファイターが主人公。
本人がでかすぎるために恋人のサイズと、おばさんの子供のサイズの
差異を認識できず、おばさんの子供のつもりで恋人を振り回して、そ
のあと脂汗を流しながら土下座して謝る。


馬鹿一応用編

363 名前:イラストに騙された名無しさん :02/07/23 07:33
大家族の傭兵

家族一人ひとりの写真をロケットに入れて首からジャラジャラ下げている

機関銃で撃たれる

全ての弾をロケットが受け止め、無事

というか、お約束を量的に拡大したギャグもお約束だな。


365 名前:イラストに騙された名無しさん :02/07/23 11:22
>363
プロローグのあたりから、銃撃戦の中でロケットをぶら下げ悠然と歩くとか。
徹底してセガール級の無敵っぷりだと、それはかなりイヤかもしれない。
最終的には核とかレーザーを止めるのだ。夏の暑さも止めてくれると助かる。