※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そろそろ啓太が学校から帰ってくる時間だ。私は散歩を切り上げて、アパートに戻った。
啓太の学生鞄が、無造作に床に投げ捨てられている。もう戻ってきているらしい。
いたいた。ベッドの上で大の字になっていびきをかいてる。
私は啓太を起こそうとして、やっぱり止める。昨日仕事で遅かったからね。
起こさないように、小声でささやく。
「啓太、お帰り」
「ぐー」
いびきで返事をされた。くすくす。
人差し指で、啓太の頬をつつく。つんつん。
「うーん」
寝てる啓太は可愛い。
起きてるときは小言が多くて、怒ったりあきれたり落胆している。
そういう啓太も好きだ。というかそんな顔が見たくて、怒らせてあきれさせて落胆させているのだが。
啓太の寝顔は、まだまだ少年のそれで、純粋に可愛い。
彼の額にかかっている髪をかき上げて、おでこにキスする。
「うーん」
啓太は起きない。この子はいったん寝てしまうと、何をされてもまず起きない。
おねーさんの思いのままだ。
唇を重ねてみる。ほら起きない。やっぱりね。

啓太が起きてるときは、あんまりキスはしてあげない。エッチなこともさせてあげない。
だって、啓太をじらすのは楽しいから。
もちろん、啓太が私を抱きかかえ、
「愛してる、ようこ。もうおまえしか見えない」
とか、暮れゆく夕陽を眺めながら、
「ようこ、好きだ。いつまでも一緒にいよう」
とか言ってくれたら、いつだって彼の愛を受け入れる準備はできているのだが。

いかんせん、この鈍感君はわかってない。まだ他の女の子が視界に入るよう。
彼の首元を見る。犬の首輪。もう君は私のもので、逃げられやしないのに。
ねぇ啓太?啓太は自分では気づいてないようだけど、君はもう私にぞっこんなのよ?
そうじゃなければ、ぶつくさ言いながらもご飯作ってくれたり、
優しい目で、私のことを見てくれたりしないよね。

「ぐー」
彼の寝顔を見る。私の首から提げられている蛙の首飾りを、そっと手で包む。
うーん。啓太が啓太である限り、私は君のもので、私は君を追いかけるのだ。 

「しゅくち」
首輪と首飾りを残して、彼と私の身につけているものを全て脱がせる。
見慣れた啓太の裸。下半身の方に視線を向ける。
あらあら。啓太の小さなものが、とても小さくなっている。
いけないわ。下着まで脱がせちゃったから、冷えて小さくなってしまったのね。
これは大変。暖めてあげないと。

裸の私は、裸の啓太にそっと寄り添い、体温を分け合う。
彼の小さなおちんちんを、優しく包み、ぬくもりを与えていく。
うんうん。少しずつ大きくなってきた。
もみもみ。こしこし。
ゆすって、こすって、あらご立派。
すっかり大きくなった啓太のおちんちん。ぴくぴくしてるね。

啓太のおちんちんに顔を近づけ、直立したそれにキスをする。
舐めて、吸って、口に含んで、唾液で濡らして。
優しく、激しく、楽しく、いやらしく、啓太のものを弄ぶ。
ひときわ大きな音を立てて吸い上げると、おちんちんから白いものがあふれ出した。
そのまま飲み干す。うーん、味はおいしくはないよね。
でも、ごちそうさまでした。

ふぁ。私も眠くなってきた。ぱたんと啓太の横に寝そべる。
布団を引き上げ、私と啓太の上にかける。
おやすみ、啓太。ちゅ。

犬神とご主人様は夢の中。二人見る夢は幾万通りの出会いと別れ。
今日のこの日が夢かもしれず、ひととけものは夢の中。 


4|06/04/22