※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛する二人のささやかな休日?


「啓太さま~」
後ろから啓太に抱きつくふわふわな黄色の髪の女の子、フラノ。
「ははは。フラノは甘えんぼだな」
「だってぇ」
そう。今日はようこはなでしこと健康ランドに。ともはねは薫と所用に。いぐさは同人誌作成。せんだんは仕事。
ごきょうやはてんそうと研究。いまりとさよかはたゆねの付き合いでスポーツクラブ。
密かに付き合ってる二人にとって貴重な一日。
今日はデートだ。フラノはいつもの巫女服じゃなくてちょっぴりおしゃれ。

「じゃあどこに行く?」
「はい。啓太様とならどこでも」
「そうだな。公園でも行くか」
「はい」

手を握って公園に。
二人だけののんびりした時間。
そしてベンチに座る。
二人の距離はほとんどゼロ。ベタベタのバカップル状態。
二人っきりになると積極的なフラノ。
いきなり啓太の唇にキス。

「えへへ。しちゃいました」
「じゃあ次は俺から」

次は啓太からフラノにキス。
まだお昼なので舌を絡めたりはしない。
青春の恋物語を現すようなキス。
「啓太様~。大好き」
「俺も好きだよ」

啓太はそっとフラノの肩を抱く。二人の間の空気はとても甘い。
二人の半径十メートルは糖度50度を越えている。うっかり入ると甘い物が嫌いな人は気を失うだろう。

「あの。啓太様。今日はフラノお弁当作ってきたんです。食べてくださいますか」
「ああ。もちろんだよ」
フラノはお弁当を取り出す。時間はちょうどお昼ご飯の時間だ。

「はい。啓太様お口空けて」
「あーん」

もう誰も入り込めない甘すぎる空気だ。まさにバカップルすぎるだろう。
でもそれも長くは続かなかった。

「はっ。待てフラノ」
「えっ?」
「ようことなでしこだ。あっちにいる」
「えっ!?。どうして」
「きっと健康ランドが今日は休業だったんだろ。やばい」
「私向こうで隠れてますね」
「ああ。頼む」

フラノは手早く片付けると場を離れる。啓太も落ち着いて甘々空気を消し飛ばす。
するとすぐにようこが啓太に気づく。

「あっ。啓太ー」
「おう。ようこか」

[06/09/03-金髪好き-無印-845~846]