※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ForEachコマンド


書式3について

ForEach variable In パイロット一覧(mode)
  commands
Next

この書式でForEachコマンドを実行した場合、
  • 敵味方、ユニットに搭乗しているか否かを問わず、存在している全てのパイロットが参照される
  • グループIDが指定されている場合、"$(グループID):$(生成番号)"
    • 生成番号:同じグループIDを持つパイロットの中で、何番目に生成されたか。一番初めに生成されたパイロットについては":+番号"が付かない。(グループID名だけが割り振られる)
  • グループIDが指定されなかったザコパイロットの場合、"$(パイロット名)_$(ID番号)"
    • ID番号:全体を通してそのパイロットが生成された順番。

サンプル
Create 味方 ガン○ム 2 アム□=レイ 55 3 15
Create 敵 ガンガル 2 アフロ(ザコ) 25 3 15 モジャモジャ
Create 敵 ガンガル 2 アフロ(ザコ) 25 3 11 モジャモジャ
Create 敵 ガンガル 2 アフロ(ザコ) 25 5 11 モジャモジャ
Create 敵 ガンガル 2 アフロ(ザコ) 25 2 13 モジャモジャ
Create 敵 ガンガル 2 アフロ(ザコ) 25 6 13 モジャモジャ
Create 敵 ガンガル 2 アフロ(ザコ) 25 5 15 モジャモジャ
Create 中立 ガンガルMkII 2 アルバン(ザコ) 10 3 15

Local _pilot
ForEach _pilot In パイロット一覧(レベル)
  Confirm _pilot
Next

上記のようにして実行した場合、_pilotには順に
  • アム□=レイ
  • モジャモジャ
  • モジャモジャ:2
  • モジャモジャ:3
  • モジャモジャ:4
  • モジャモジャ:5
  • モジャモジャ:6
  • アルバン(ザコ)_8
と格納されることになる。