※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イベントラベル呼び戻し


サブルーチンにイベントラベルの名前を渡すことによって、その処理の
一部をサブルーチンの利用者側から変化させることが出来ます。

  • サンプル
スタート:
  Call RangeCallback 5 "Output"
  Wait Click
Exit

// 単に引数を表示する
Output:
  PaintString Args(1)
Return

// 1~Args(1)の範囲の数値を引数にしてArgs(2)を呼び出す
RangeCallback:
  Local n = Args(1)
  Local func = Args(2)
  Local i
  For i = 1 to n
    Call "$(func)" i
  Next
Return

このように表示されます。
1
2
3
4
5