※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Optionコマンド


まず、SRCヘルプより説明を引用。
書式
Option option [解除]

解説
指定したオプションoption を有効にします。この設定はそれ以降のステージでも有効になり、セーブデータにも保存されます。サポートしているオプションは下記の通りです。

以上のように書いてあるが、サポートされている以外のオプションもオプションとして設定することができる。

サンプル:
Option "サンプルオプション"
test1 = Option(サンプルオプション)
Option "サンプルオプション" "解除"
test2 = Option(サンプルオプション)

talk
$(test1);$(test2)
end


おまけでOption関数

引数はIsVarDefined関数と同様に式と解釈されずに使用されるので注意。
例えば、文字列リテラルを示すためにダブルクォーテーションで文字列を囲っても、ダブルクォーテーションまで含めてそういう名前のオプションと認識される。

また、GSCのSRC裏技大辞典に載っている説明には
指定したオプションが設定されていれば1を、されていなければ空文字列""が返ります。
とあるが、設定されていないオプションを指定した場合には式として解釈されず、文字列とされる。(上記のサンプルを実行してみるとわかる。)