※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイルのインクルード


ファイルのインクルードに関する豆知識です。

まず、これを見てください。SRCヘルプからの引用です。

SRCヘルプより
「シナリオの作成→イベントデータ→ファイルの取り込み」
ファイルのインクルードを行うには次のように指定します。
書式	<ファイル名>
例	<Event\画像処理.eve>
SRCは上の行の場所に指定したファイルの中身がそのまま書かれているものとみなしてイベントの実行を行います。

つまり例を挙げてみると、以下のような2つのファイルがあったとします。
$ scenario.eve
スタート:
<include.eve>
Exit

$ include.eve
Talk
"include.eve"がインクルードされました。
End

これはつまり、ファイルに以下のように書かれているものとして処理されるということです。

スタート:
Talk
"include.eve"がインクルードされました。
End
Exit

これを利用することで、一つの関数がかなり長くなっちゃったなぁと思ったら、中身が見えなくてもかまわない単純な処理部分を別のファイルに分けておくことができます。

まあ、変数名の整合性などが色々大変ですが、可能性のある技法だと思います。