※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フレームを作ろう by Lucied


ステータス表示系インクルードでまず悩む点は、ステータスを表示するフレームを作ること。ウインドウ、と言ってもいいかもしれない。
SRC描画領域の中にフレームを作り、その中にステータス関連を色々と表示していくのがステータス表示系インクルの基本です。
基本なんですが、しかしこれが中々難しい。
僕も今使っている技法を確立するまではかなり悩みました


(5,5)から(105,105)にかけてフレームを作ってみようと思います。
まず思いつく方法は、Lineコマンドを使って四角い枠を作ること。
せっかくなので、フレームには背景色も付けましょう。例えばこんな感じ。
Line 5 5 105 105 BF #000032
Line 5 5 105 105 B #7878ff
しかしこれを実行してみても、

枠はなんとか見えてる状態で、ちょっと心許ない。


なら枠を太くしてみよう!
Line 5 5 105 105 BF #000032
Line 5 5 105 105 B #7878ff
Line 6 6 104 104 B #7878ff
これで枠の太さは2ピクセルになりました。
これを実行してみるとどうでしょう。

ちょっとだけ良くなりました。
でも枠の色が同じせいか、なんだかのっぺりした感じです。


なら色を変えてみよう!
しかし、全く突拍子のない色に変えてしまっては、文字通り変になるだけです。
少し適当なフォルダを開いて、ウインドウズのエクスプローラーを見てみましょう。見慣れている、というのもありますが、自然に見えるのは微妙に影がついているからではないでしょうか?
そこでフレームの内側に影をつけてみましょう。
適度にフレームの色を落として暗くすれば、それだけで影に見えます。
こんな感じになりました。
Line 5 5 105 105 BF #000032
Line 5 5 105 105 B #7878ff
Line 6 6 104 104 B #5050ff
これでどうでしょうか。

先程のものより深みが出たと思いませんか?
思わない人はもっと研究して独自の技法を編み出しましょう。
確かに画像が少々小さくて差がわかりにくいですが、少なくとも僕はこれで十分だと思っています。
現に、僕はこの技法を見つけて以来、全てのインクルードでこの技法を使っています。
もしこれからインクルード作りにチャレンジしようと思っているならば、参考にしてみてはいかがでしょうか。


最後に、あらゆる場面でこの三行を書くのは無駄ですし、汎用テクニックということで、通常ラベルとしてまとめましょう。
(通常ラベルは一般的に「関数」や「サブルーチン」と呼ばれます。僕はサブルーチンという呼び方をよく使います。)
# 書式:makeFrame 始点X 始点Y 終点X 終点Y
makeFrame:
Line Args(1) Args(2) Args(3) Args(4) BF #000032
Line Args(1) Args(2) Args(3) Args(4) B #7878ff
Line (Args(1) + 1) (Args(2) + 1) (Args(3) - 1) (Args(4) - 1) B #5050ff
Return
こんなもんでしょう。

ちなみに「#000032」「#7878ff」「#5050ff」というRGB値も僕が普段から愛用している数値です。
この三つは特に味方ウインドウの色として使ってます。

ついでなので普段僕が使っているRGB値セットも書いておきます。
味方会話ウィンドウ
背景色    :(0,0,50)      #000032
画像枠・明:(120,120,255) #7878ff
画像枠・暗:(80,80,255)   #5050ff
メイン枠  :(80,80,255)

敵会話ウィンドウ
背景色    :(50,0,0)      #320000
画像枠・明:(255,120,120) #ff7878
画像枠・暗:(220,40,40)   #dc2828
メイン枠  :(220,40,40)

中立会話ウィンドウ
背景色    :(50,50,0)     #323200
画像枠・明:(255,255,120) #ffff78
画像枠・暗:(200,200,0)   #C8C800
メイン枠  :(200,200,0)

システム会話ウィンドウ
背景色    :(50,50,50))   #323232
画像枠・明:(220,220,220) #dcdcdc
画像枠・暗:(180,180,180) #b4b4b4
メイン枠  :(180,180,180)


最後に、以上の文章は筆者の独断と偏見によるものが大きいです。