Hoid@Everquest2 【UI講座】ターゲットリング作成方法

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【UI講座】ターゲットリング作成方法

Bellさんのターゲットリング作成講座

ゲームアップデート35で導入されたTarget Ringのカスタマイズ機能。
他のUIと違い、xmlの知識は何も必要ありません。
絵を書くだけなので、簡単にオリジナルのTarget Ringを作ることができます。
ring_target.dds(メインとなる絵柄)、ring_target_con.dds(con色を表す画像)

準備編

市販のPhoto Shopなどが良いと思いますが、フリーソフトでも実用的なものを作成できます。
私の使用しているソフトを紹介します。他にも便利なツールはあると思いますので、自分の目的にあったソフトを探してみましょう。

1.お絵かきツール
フリーソフトでは、Windows付属のPaintがありますが、ツライのでお絵かきツールを手に入れましょう。
フリーソフトではGimpが有名です。
<Gimp>
Gimp2を使おう
※上記からプラグインなども追加ダウンロードしてインストール

2.DDS変換ツール(お絵かきツールにDDS保存機能がない場合)
EQ2の画像はDDSファイルにしておく必要がありますが、Gimpは標準ではDDSファイルで保存できません。
(プラグインでDDSファイル対応にできるらしい)
そこで、簡単に背景を透明化してDDS変換してくれるツールを使います。
アルファDDS

3.DDS表示ビューア(お絵かきツールにDDS表示機能がない場合)
DDSファイルを表示するビューアです。確認用にインストールしておくと便利です。
Irfanview日本語版
Irfanview DDS対応plugin Download

EQ2に入っているアイコンなども見れるようになります。



作成編

1.絵を書いてみよう。
Target Ringは2枚の画像の重ね合わせで作られています。サイズは512 x 512で作成して下さい。
作成後は、DDSで保存できない場合、一度BMPで保存してからDDSファイルへ変換しましょう。
最初は、ring_target.ddsだけを作成して、ring_target_con.ddsはEQ2デフォルトのものをコピーして使っても良いと思います。
私の作成したMagical Ringのconはデフォルトのものを、そのまま使用しています。

ring_target.dds(メインとなる絵柄)

ring_target_con.dds(con色を表す画像)
※白色で描きます。敵の強さによって自動で色が白橙黄赤青と変化します。

サイズは512 x 512を指定します。
アルファDDSで背景色を透明にするには、背景を黒色で描いておく必要があるので、Gimpの背景色を黒色に変更しておきましょう。

作成例1(時計風)
※掲載画像は1/2サイズ

作成例2(コンパクトディスク)

2枚の絵柄を上手く組み合わせましょう。


2.EQ2のフォントを使うには?
ウッドエルフ語とかはどうやって表示させて使っているの?
EQ2フォルダの「\UI\Fonts」にフォント(TTFファイル)が入っています。これを「\windows\fonts」フォルダに入れるとフォント指定で使えるようになります。
必要なフォントを入れてみましょう。以下はウッドエルフ語。WOODELF_.TTF


3.BMPファイルをDDSファイルへ変換しましょう。
ファイルを指定して変換ボタンを押すとDDSファイルが同じフォルダに作成されます。
ファイル名をring_target.dds、ring_target_con.ddsに変更してEQ2のカスタムUIフォルダに入れれば完了です。
例)
/EQ2/UI/CustomUI/images/ring_target.dds
/EQ2/UI/CustomUI/images/ring_target_con.dds



今日[ - 人目] 昨日[ - 人目] 総計[ - 人目]