※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




Wikipedia 名古屋飛行場 http://ja.wikipedia.org/wiki/名古屋飛行場

中部国際空港が開港した2005年2月17日以降は、国内・国際線はほとんどが新空港に移転。
 設置管理を国土交通省(第二種空港)から愛知県(その他公共用飛行場)へ移管。
 飛行場管制業務及び着陸誘導管制業務を国土交通省航空局から航空自衛隊小牧管制隊に移管。
 中・小型機および自衛隊共用空港・その他飛行場「愛知県名古屋飛行場(通称:県営名古屋空港)」となり、ICAO 4レターコードも旧名古屋空港のRJNNからRJNAへ変更された(なお、中部国際空港がRJNNになったわけではなく、中部はRJGGである)。
 定期便や国内・海外飛来機等の旅客は全て従来の国内線旅客ターミナルビルにて取り扱い、税関・入国審査・検疫は1つの部屋にまとまった小規模なものを新設する。
 国際線旅客ターミナルビルは閉館し、周辺敷地と共に空港から切り離され、商業施設等に活用される予定。

県営名古屋空港の設置許可について http://www.pref.aichi.jp/kouku/nagoya/plan/160901_kyoka/kyoka.html
平成16年9月1日に許可

航空法施行令等の一部を改正する政令案について http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/12/120127_2_.html

改正の背景
 名古屋空港は、中部国際空港の開港(平成17年2月17日)に伴い国内・国際定期便が中部国際空港に一元化されることから、小型機、コミューター機、自衛隊機等が使用する飛行場となることとなっている。
 これに伴い、名古屋空港は、
国が設置・管理する空港整備法の第2種空港としての供用が廃止され、
航空法に基づく公共用飛行場として愛知県が設置・管理を行っていく予定である。

 そこで、中部国際空港の開港及び名古屋空港を取り巻く状況の変化に伴い、名古屋空港を第2種空港の指定から解除する等、関係政令の改正を行う必要がある。


平成18年度県営名古屋空港消火救難総合訓練の概要 http://www.pref.aichi.jp/kouku/webpress/181020/gaiyo.pdf

羽田 ICAO-ANNEX14に基づく救急体制の具体化を提案 http://www.aca.jp/Text/chikara45021.html

中華航空機事故のとき、救命救急活動はいかに行われたか http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/circle/960207.html